« 王ジャパン、WBC決勝進出 | トップページ | 王ジャパン、WBC優勝! »

2006年3月20日 (月)

ブログのすごさ、こわさ 梅田望夫著『ウェブ進化論』から

昨日、王ジャパンの快勝に感激して、そのことをブログに書いた。おそらく、昨日のTV中継を見て、そのことをブログに書き込んだ人はたくさんいたのだろうと、私の入会したココログで、、スポーツにカテゴリー分けしてある新着記事に目を通すと、その90%とは、私のように日本チームの快勝をよろこぶ記事だった。

いくつか、内容まで読んでみると、勝利をよろこぶ内容はもちろん、ぜひ優勝してほしいというもの、福留やイチローなど活躍した選手を讃えるもの、なかにはWBCの運営にコメントするもの様々だった。それが、試合終了から数時間で、ココログだけで100以上あるいはもっと多く ブログに書き込まれただろう。ココログ以外のブログサービスもあわせれば、その数は千の単位、あるいは万の単位にもなるかもしれない。

今月になって、梅田望夫という人が書いた『ウェブ進化論』という本を読んだ。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

今後のインターネット社会を予言する本だが、その中で、日本のブログ人口は500万人を超えたと書かれている(ちなみに米国は2000万人)。
私と同じ1960年生まれの梅田氏は、米国のシリコンバレーを生活の拠点にしているが、昨秋の総選挙の時、日本のブログでの総選挙に関する書き込みで、自民党小泉首相支持が圧倒的に多いのを読んで、小泉圧勝を確信したという。
ブログは個人にとって、手軽な自己主張の場であるが、それが、500万人ともなれば、玉石混交とはいえ、そこに、一つの方向性のようなものは見えて来るのだろう。

昨日の王ジャパンの書き込みを見ながら、梅田氏の主張を何となくではあるが、実感した気がした。世論調査をせずとも、大衆に総意が浮かび上がってくるブログというのは、すごい仕組みだと思う一方、その浮かび上がる大衆の総意を読み取り、利用する人が出てきた時には、どう悪用されるか想像もつかない、こわさも秘めている。

|

« 王ジャパン、WBC決勝進出 | トップページ | 王ジャパン、WBC優勝! »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログのすごさ、こわさ 梅田望夫著『ウェブ進化論』から:

« 王ジャパン、WBC決勝進出 | トップページ | 王ジャパン、WBC優勝! »