« 次女の一念発起 | トップページ | ココログ不調は、ブログブームの反映? »

2006年7月 5日 (水)

ゲド戦記第4巻『帰還』

ゲド戦記4巻『帰還』を昨晩、読み終わる。

ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版)
ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版)

話は、第3巻の『さいはての島へ』の直後から始まるが、主に語られるのは、第2巻の『こわれた腕輪』でゲドの墓所の大巫女から救出されたテナーのその後である。テナーは、ケドとともにゲドの故郷のゴント島に戻り、ケドの師である魔法使いのオジオンのもとに預けられるが、結局、テナーはオジオンから離れ、一人の女としての生きる道を選ぶ。農園主と結婚し、二人の子の母となる。夫はすでになくなり、子ども達も成人して巣立って、1人でくらしていた彼女は、虐待されやけどを負ったテナーという少女を預かって育て始めている。
そこに、かつて自分の世話をしてくれたオジオンが危篤だという知らせが入り、自分の農園を離れ、テナーをつれてオジオンを訪ねるために旅立つところから、話は始まる。

主人公はテナーであろう。途中から、『さいはての島へ』で、乱れた世の中を正すために、全ての力を使い果たし、ぼろぼろになって故郷に帰ってきたゲドが登場するが、常にテナーの目から語られる。亡くなったオジオンの家で、テナーはゲドを看病するが、ゲドは再びテナーのもとを離れていく。

中年となったテナーが、自分とは何かを模索する話で、女性の中年の危機を扱っている話のように思える。途中までは、まさしく中年テナーの物語であるが、最後に物語はファンタジーとして急展開する。(そこは読んでのお楽しみ)

おそらく、第5巻の『アースシーの風』で、これまでの物語を集大成する展開になりそうである。

*関係する記事
6月20日:ゲド戦記6冊セットと第1巻『影との戦い』
6月22日:『影との戦い』

6月26日:ゲド戦記第2巻『こわれた腕環』
6月30日:ゲド戦記第3巻『さいはての島へ』

7月5日:ゲド戦記第4巻『帰還』(本編)
7月9日:ゲド戦記第5巻『アースシーの風』
7月16日:ゲド戦記『ゲド戦記外伝』
8月5日:『ゲド戦記』宮崎吾朗監督のメッセージ

|

« 次女の一念発起 | トップページ | ココログ不調は、ブログブームの反映? »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

人生」カテゴリの記事

ゲド戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記第4巻『帰還』:

» 『帰還』〈ゲド戦記4〉 [手当たり次第の本棚]
これは、大いなる喪失の物語だ。 なぜならば、第3巻、『さいはての島へ』のラストと、この物語の冒頭はほとんど直結しているからだ。 死の国を通り抜け、真昼の岸に到達したのは、実際にはゲドではなく、アレンであり、ゲドは死んだも同然の身だった。 それを、竜の長た... [続きを読む]

受信: 2006年7月17日 (月) 23時04分

» 「ゲド戦記?−帰還」 [じっと手を見る]
ゲド戦記 4 帰還 アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子 ようやくテルーが出てきた。 よかった、彼女が吾郎監督の創作だったらどうしようかと思った。 今までと異なり、前作からの時間はそう経っていない。「さいはての島へ」で全ての力を使い切ってしまったゲドが、還って来る話である。 二作目で登場したテナーが、二十五年経って、結婚し、子供を育て、夫と死別した姿で登場する。テルーはそんな折、映画で紹介されたように火の中に放り込まれ、ひどい火傷を負った後、引き取られる。しかも彼女は、男... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 23時42分

« 次女の一念発起 | トップページ | ココログ不調は、ブログブームの反映? »