« 心星(しんぼし) | トップページ | サマータイム実験に思う »

2006年7月21日 (金)

夏休みなのに集中豪雨

今日から、小6の長男と中3の次女は夏休み。しかし、日本各地で降り続く梅雨末期の集中豪雨で、各地に被害が続出しているし、東京も長雨が続き、夏休み気分にもなれない。

先週の猛暑の時には、半袖ノーネクタイで出勤していたが、気温が下がり雨ということもあって、今週は久しぶりに長袖のワイシャツを着て上着も着ての出勤だった。

「集中豪雨」という言葉を『NHK気象・災害ハンドブック』(NHK放送文化研究所編、NHK出版)で調べて見ると、その由来について書いてあった。

集中豪雨ということばが初めて使われたのは、1953年8月15日の朝日新聞夕刊(大阪本社版)とされている。「集中豪雨 木津川上流に」という見出しで、本文にも「(前略)激しい雷と豪雨を伴って木津川上流に集中豪雨を降らせ」とある。集中豪雨という表現が現象を的確に表現していたため、マスコミ用語からしだいに気象用語としても定着するようになった。(『NHK気象・災害ハンドブック』39ページ)

新聞で、天竜川の堤防が決壊し、アスファルト道路を押し流し、送電線の鉄塔の土台のすぐ近くまで迫っている写真などを見ると、自然の猛威の恐ろしさを感じずにはいられない。

|

« 心星(しんぼし) | トップページ | サマータイム実験に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

コメント

拓庵さんのブログを閲覧させていただくと、勉強になります。今日はどんな事柄が分析してあるのだろうと胸をときめかせて、訪問させていただいています。ブログの上のほうを飾っている山のお写真も素敵ですね。

投稿: マダムN | 2006年7月21日 (金) 23時54分

マダムNさん、過分なコメントありがとうございます。
山は、以前ブログにも書きましたが、北海道の支笏湖半の風不死(ふっぷし)岳です。

投稿: 拓庵 | 2006年7月22日 (土) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みなのに集中豪雨:

« 心星(しんぼし) | トップページ | サマータイム実験に思う »