« アクセスカウンター設置 | トップページ | 米長邦雄将棋連盟会長の『不運のすすめ』 »

2006年8月24日 (木)

気がかりな河合隼雄文化庁長官の容態

先週、8月17日(木)に河合隼雄文化庁長官が、奈良の自宅で脳梗塞で倒れたとのニュースが流れた。肺炎を併発し、重体。翌日には、小康状態との報道が続いたが、その後は、何も伝えられず、気がかりだ。

私は高校生の頃から心理学に興味があり、ずいぶん本も読んだが、一番多かったのは、河合長官の著作である。軽妙な語り口で、読むものを惹きつけてやまない。
河合氏は最初から心理学者を志していたわけではなく、京大の数学科を出て一時は高校の数学の教師をしている。その後、京大大学院で心理学を学び、米国留学の後、スイスのユング研究所で学んでいる。日本に戻り、京大で教鞭をとるかたわら、心理療法家として臨床治療も行い、その経験が著作の中にも反映されている。

私が、好きな本は何冊かあるが、特に、印象に残っているものに、『大人になることのむずかしさ』(河合隼雄著、岩波書店、1983年、1996年に新装版として再版)という著書がある。

大人になることのむずかしさ―青年期の問題 (子どもと教育)
大人になることのむずかしさ―青年期の問題 (子どもと教育)

これは、岩波の”子どもと教育を考える”というシリーズの1冊として出版された。教育書として出されたせいもあり、その後も、文庫化されたこともない地味な本であるが、私にはいつも読み返す一節がある。「職業の選択」という見出しの付いた一節である。

職業の選択や配偶者の選択においては、思いがけない偶然性が伴う時がある。職業や配偶者は、その人にとっての人生の一大事であるのに、偶然によって決めるなど、まったく馬鹿げているように思われるが、実際はその結果が上々であることも少なくないのである。(中略)
このことは、人生の不思議さといってしまえばそれまでだが、職業や配偶者の選択のような、あまりに重大なことになると、人間の意志や思考のみに頼っていては、あまりよい結果をもたらさないことを示しているのかも知れない。(中略)
深い必然性をもったものほど、人間の目には一見偶然に見えるといってもよく、そのような偶然を生かしてゆく心の余裕をもつことが、職業選択の場合にも必要であろう。もっとも、偶然を生かすことと、偶然に振り回されることは似て非なるものであることは、いうまでもないことである。一所懸命に行為してゆくにしろ、どこかに偶然がはいりこんでくるゆとりを残しておくことは、大人であるための条件のひとつといっていいだろう。
(河合隼雄著『大人になることのむずかしさ』岩波書店、168~169ページ)

「深い必然性をもったものほど、一見偶然に見える」との考えは、いつも、私の頭のどこかにある。いつも、「ただいま現在、こうしてあることの偶然を、どうやって次に生かしていけるだろうか?」と考えてきたように思う。
サラリーマンの仕事は、異動という自分の意志では、どうにもならないものによって左右される。新たな職場で、どんな仕事をし、社内外で誰と巡りあうかも、偶然の産物であろう。しかし、これまで、偶然に振り回されずに、なんとかやってこられたのは、この一節のおかげである。

河合長官には、なんとか回復してもらい、再び、現代の日本人に語りかけてほしい。 

*河合隼雄関連の記事
3月7日:『中年クライシス』
8月24日:気がかりな河合隼雄文化庁長官の容態
9月1日:『明恵 夢を生きる』を読み始める
9月5日:気がかりな河合隼雄文化庁長官の容態・その2
9月7日:『明恵 夢を生きる』を読み終わる
9月8日:90年代後半の世相を語る『縦糸横糸』を読む

11月1日:河合隼雄文化庁長官、休職

|

« アクセスカウンター設置 | トップページ | 米長邦雄将棋連盟会長の『不運のすすめ』 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

人生」カテゴリの記事

河合隼雄」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。とてもすてきな記事なので、ぜひ転載させていただきたいと思いますが如何でしょうか。。

投稿: ぱーぷるふぃんがー | 2006年10月 9日 (月) 12時31分

ぱーぷるふぃんがー様
トラックバックにコメントいただきありがとうございます。
私の記事でよければ、お使い下さい。転載元として明記していただけるとありがたいです。
それにしても、その後の河合隼雄さんは、どうなってしまったのでしょうか。本当に気がかりです。

投稿: 拓庵 | 2006年10月 9日 (月) 16時43分

8月18日の記事 【河合隼雄氏 意識不明に・脳梗塞】
http://blog.goo.ne.jp/hayasi211/e/250eb0d72e336015394e402207052d35
にTBありがとうございました。
その後がとても気がかりです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログですが カテゴリーの多さに驚きました。また 名言集、news 、ブログペット、天気予報、本の紹介など
gooブログではあまり目にしないところがあって
楽しませていただきました。

投稿: 【風の備忘録】の林 | 2006年10月11日 (水) 12時04分

拓庵さん、こんにちは!
先日はトラバいただき、ありがとうございました。
確かに河合隼雄さんのご容態が気になりますね。
この夏に緊急入院されてから報道が全く無いようなので、
非常に心配です。
1日も早く回復されますように、私も願っております。

投稿: 文化財建造物ニュースのブログ 日本版 | 2006年11月22日 (水) 00時45分

河合隼雄さんの”心の処方箋”は私の宝物です。
私にとって心の一部であります。

投稿: 山口信二 | 2006年12月30日 (土) 19時51分

ご冥福をお祈り致します。
ほんと残念。泣

投稿: ドラぽん | 2007年7月19日 (木) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気がかりな河合隼雄文化庁長官の容態:

» 河合隼雄氏(文化庁長官・臨床心理士)続報 [しゅう兄さんの臨床心理士的生活]
河合隼雄氏の病状について、今朝、「危険期を脱した」という報道をお伝えしたところですが、少し違ったニュアンスの報道も出ています。 文化庁次長を代理に、河合長官の緊急入院で文科相(NIKKEI NET)  小坂憲次文... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 13時43分

» 大人になることのむずかしさ、を読んだ [ピンクのバラ3]
 『大人になることのむずかしさ―青年期の問題』(河合隼雄著 岩波書店)を読んだ。  現代において、青年期を生きることは、本当にむずかしいことだと感じる。 あの生きづらさは、いったい何だったのかと思う。 今も解決できなかった課題を引きずっているような、このいやなものの正体はなんだんだろう。 それらの漠然としたわからなさが、この本を読んですっきりとした。 発達心理学、特に青年期に焦点を当てたものでさえ、教えてくれなかったことがここにはあった。 青年期のお子さんを持つお母さんに特にすすめたい。... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 14時44分

» お見舞い [南雲研究室]
昨日、脳こうそくで奈良県天理市の病院に緊急入院した河合隼雄文化庁長官の容体が重篤なまま小康状態を保っているとの発表があった。 日本における文化行政を底上げした氏の功績を思うと言葉にならないが、一日も早い回復を願いお見舞い申し上げます。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 06時33分

» 河合ユングが危ない! [成り行きアラカルト日記]
河合・文化庁長官が意識不明、脳こうそくで緊急入院 (読売新聞) - goo ニュース  「高松塚古墳(奈良県明日香村)を発掘調査し、極彩色壁画を発見した関西大名誉教授の網干善教(あぼし・よしのり)氏が29日午後9時20分、胆管がんのため奈良県生駒市の近畿大奈良病院で死去した。78歳。奈良県出身。自宅は奈良市朱雀2の1の23。葬儀・告別式は8月1日午後1時半から奈良市佐保台1の3574の4、ならや... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 17時21分

» 河合隼雄氏 意識不明に・脳梗塞 [ 風の備忘録~ ~ ~]
今朝 8月18日の朝日新聞の朝刊を見ていた夫が 「河合隼雄さんが 意識不明・脳梗塞だって」と言う。 新聞を見たら31面に「河合隼雄氏意識不明 脳梗塞」とあった。 「17日 奈良県内の自宅から病院に運ばれ、手術を受けたと文化庁が発表した。 脳梗塞で意識はなく、肺炎を併発。容体は重い」と書いてある。 私は10年ほど前に何冊か河合隼雄さんの本を買って読んだ。 最近 その本をまた取り出して読んでいたところだ... [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 11時52分

« アクセスカウンター設置 | トップページ | 米長邦雄将棋連盟会長の『不運のすすめ』 »