« セルフ・エフィカシー(自己効力感) | トップページ | 公認内部監査人(CIA)試験初日終わる »

2006年11月11日 (土)

毎晩眠ることの意味、『「普通がいい」という病』から

先週、『「普通がいい」という病』(泉谷閑示著、講談社現代新書)を読んだ。講談社現代新書の10月の新刊書のうちの1冊である。著者は、1962年、秋田県生まれの精神科医の先生。本に書かれた経歴を読む限り、雑誌などの記事は書いているようだが、本格的な著作はこれが初めてのようだ。

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

書かれていることの底流にある著者の思いを私なりに要約すれば、
『私たちは、人と違うことをおそれ、普通であること=多数派であろうとして、多数派の価値観に知らず知らずに洗脳され、「自分で感じ、自分で考える」ということをいつしかやめてしまい、自分らしさを失っている。これまで、疑うことなく信じていた常識を疑い、もう一度、「自分で感じ、自分で考える」生き方を取り戻そう』
といったことになると思う。

このブログを書き始めた頃に取り上げた『生きる意味』(上田紀行著、岩波新書)とも通じる部分とも通じる部分がある。

この中で、著者が不眠を題材に「眠り」について語った部分が印象に残ったので、少し詳しく書いておきたい。

不眠とは、どの病態においても起こりうるとてもポピュラーな症状です。しかし、「眠らない」と「眠れない」の違いは何か、また不眠とはいったいどんなメッセージを運んできているのかといったことについては、あまり考えられてきていません。(中略)この不眠が告げるメッセージは何でしょうか。
これは、長い間私には謎でしたが、ふと、「毎晩眠るということは、毎晩死ぬことである」と思い至って、やっと解読の糸口がつかめてきたのです。そう考えてみると、「不眠とは死ぬに死ねない状態である」ということになる。「死ぬに死ねない」というのは、幕を下ろす気になれないということであり、「今日という日を生きたという手応えがない」という未練があることを示しているのです。
このように考えるようになってから、クライアントにも自分自身にも、一日の最後に眠れない場合には、「ほんの少しでもよいから、自分らしい時間を過ごすように」と勧めるようになりました。
(『「普通がいい」という病』223~224ページ)

「毎晩眠るということは、毎晩死ぬことである」という一文に「なるほど」と納得してしまった。自分らしい一日を過ごしたからこそ、心地よい疲れを感じ、心おきなく眠れるのかも知れない。食事の時、この話を家族にしたら、妻と長女も妙に納得していた。これからも、毎晩、自然と眠たくなるように、一日一日を自分らしく過ごすことを心がけよう。

|

« セルフ・エフィカシー(自己効力感) | トップページ | 公認内部監査人(CIA)試験初日終わる »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

人生」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
トラックバックありがとうございました。

不眠に関する記述のところは、
私も「ほおおお!」と思い、食事のとき、
主人とあれこれ話しました。二人とも
とても納得しました。

記事の最後の「自然に眠たくなるように過ごす」
の「自然に」の言葉にも、なるほどと思いました。
私もそんな風に過ごしたいです。

投稿: Toko | 2006年11月23日 (木) 02時15分

「眠る」事について
ここまではっきりと書かれているものに出会うことができて
あらためて生活を振り返ろうと感じました。
差し支えなければ
自ブログにて紹介させていただければと思いコメントしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: さわ | 2007年6月 5日 (火) 17時06分

さわさん、こんばんは。

半年以上前の記事を見つけて読んでいただき、恐縮です。
サワブログで紹介していただけるのは光栄です。書かれた記事をトラックバックしていただけるとうれしいです。

お時間があれば、ぜひ、泉谷さんの原著もお読みいただければと思います。

投稿: 拓庵 | 2007年6月 5日 (火) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎晩眠ることの意味、『「普通がいい」という病』から:

» 新書『「普通がいい」という病』(お薦め度★★★★★) [erabu]
著者、泉谷閑示(いずみや=かんじ)。南青山泉谷クリニック院長。 2006/10 [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 22時22分

» 「普通がいい」という病 (泉谷 閑示) [雑食]
「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 泉谷 閑示 昨日たまたま本屋で手にして中身を少し読んだら「ん?」と思って、珍しく即購入。普段は、一度家に帰ってから、それでも気になったら買うんだけど、何かに急かされるように買ってしまった。 購入の決め手は、「詩人」についての考え方、取り上げている詩や引用文への興味、見出しにある「太陽」や「マイノリティ」などの言葉。 今読むべき本だと思った。 NZで得た自由は1年程度の日本での生活ですでに弱まり、今ここにきて、以前と... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 23時40分

» 深い井戸を掘ることにより到達する、普遍的な境地 [「想感」ブログ]
4月に入って、テレビなどで入社式の話題が採り上げられている。たまたま今朝のテレビ [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 21時11分

» 夜眠れないときに、思いだすと効果のある名言 [「想感」ブログ]
目を閉じて横になってさえいれば肉体的には90%は眠っている。 レース前日に眠れな [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 21時47分

» 敏感で太い歳のとり方 [うさんくさいblog]
泉谷閑示「「普通がいい」という病」(講談社現代新書) 携帯のカメラが壊れちゃいました。 本の感想をアップするトリガーに必要なんですが。 出遅れる主義の私は、 スマートフォンには飛びつけなくて ...... [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 14時36分

« セルフ・エフィカシー(自己効力感) | トップページ | 公認内部監査人(CIA)試験初日終わる »