« ウオーキング減量作戦、10月経過報告 | トップページ | ウオーキング減量作戦経過報告、67kg台へ »

2006年11月 1日 (水)

河合隼雄文化庁長官、休職

昨日(10月31日)の朝日新聞の夕刊で

政府は、31日、病気療養中の河合隼雄文化庁長官の後任に近藤信司文部科学審議官をあてる人事を閣議決定した、11月1日付けで発令し、河合長官は同日付けで休職(中略)。
河合長官は(中略)、今年8月、奈良県の自宅で脳梗塞で倒れ、入院を続けている。

とニュースが伝えられていた。改めて、インターネットで他社のニュースも検索してみると、

日経(NIKKEI NET)では
「病気休職中の河合隼雄文化庁長官は定員外となるが、長官職にはとどまる。」とあり、

読売(YOMIURI ONLINE)では
「当面は休職扱いとすることにした。河合氏の任期は来年1月17日まで。」と伝えている。

さらに読売では

伊吹文部科学相は31日の記者会見で、交代の理由を、「長官の健康がなかなか回復せず、11月に文化庁で多くの行事もあるためだ」と説明した。

との文部科学大臣のコメントも伝えている。

本人に意識があって、当面、職務復帰不可能ということであれば、その時点で自発的に辞職ということになるのだろうが、倒れた途端意識不明なので、文部科学省としても、一方的に職を解くというわけにもいかず、任期満了までは、定員外という形で長官職に留まるということになったのだろう。

いずれにしても、容態に変化はなく、病状は回復していないということだろう。ただただ、健康を回復されることを祈るばかりである。

*河合隼雄関連の記事
3月7日:『中年クライシス』
8月24日:気がかりな河合隼雄文化庁長官の容態
9月1日:『明恵 夢を生きる』を読み始める
9月5日:気がかりな河合隼雄文化庁長官の容態・その2
9月7日:『明恵 夢を生きる』を読み終わる
9月8日:90年代後半の世相を語る『縦糸横糸』を読む

11月1日:河合隼雄文化庁長官、休職  

|

« ウオーキング減量作戦、10月経過報告 | トップページ | ウオーキング減量作戦経過報告、67kg台へ »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

河合隼雄」カテゴリの記事

コメント

尊敬する河合 隼雄さん、その後がとても気がかりです。
ユングについて研究してみたく、先生のご指導ご鞭撻を仰ぎたいと思っておりました。
何か分かりましたら、お知らせ下さいませ。

投稿: 朝笛  | 2007年2月25日 (日) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/12522438

この記事へのトラックバック一覧です: 河合隼雄文化庁長官、休職:

» 河合隼雄氏(文化庁長官・臨床心理士)続報 061031 [しゅう兄さんの臨床心理士的生活]
河合隼雄文化庁長官の後任に近藤文科審議官(asahi.com)  政府は31日、病気療養中の河合隼雄文化庁長官の後任に、近藤信司文部科学審議官をあてる人事を閣議決定した。11月1日付で発令し、河合長官は同日付で休職、加茂川幸夫・... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 07時17分

« ウオーキング減量作戦、10月経過報告 | トップページ | ウオーキング減量作戦経過報告、67kg台へ »