« 陸上部の青春を描く『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)の(1)イチニツク | トップページ | 第7回現代短歌新人賞受賞作『鳥女』(松村由利子著)を読み終わる »

2007年1月26日 (金)

公認内部監査人(CIA)の試験結果届く、よろこびも中くらい

去年の11月15日、16日の2日間にわたって、受験した内部監査の国際資格「公認内部監査人(CIA)」試験の結果が、今日、書留で日本内部監査協会から届いた。

PartⅠからPartⅣ までの4科目を受験し、全科目合格すれば、文句なしに資格取得。PartⅣについては、免除資格を得たので、PartⅠからPartⅢの3科目合格であれば、今後、新たに試験を受けなくても、PartⅣ試験の免除申請をすれば資格取得だったが、結果はPartⅠ(合格)、PartⅡ(不合格)、PartⅢ(合格)、PartⅣ(不合格)という内容だった。やはり、結果がでるまでは、ひょっとしたら…という期待もしていたので、さすがにちょっと残念だ。

昨年はたて続けにいくつかの資格試験を受けたし、このCIA試験の前は仕事も結構忙しく、準備が万全とは言えない中で、臨んだ試験だった。

PartⅠが監査理論、PartⅡが監査実務、PartⅢが会計・ITシステム、PartⅣがマネジメント理論という出題分野という中で、最も手こずりそうだったPartⅢの勉強に時間を割き、PartⅠ・PartⅡは日常の実務の中でカバーし、免除資格取得済のPartⅣは簡単な復習程度という形でメリハリをつけ最後の1ヵ月の時間をを使った。試験後の自分の感じも、PartⅢは手ごたえがあり、多分大丈夫だろうと思う一方、残りの科目は合否どちらとも言えないという感じだった。受講料30万円の専門講座を受けて合格を目指す人もいるので、PartⅡを落としたのは悔しいが、独学でPartⅢに加えPartⅠも合格したのはむしろラッキーだったと考えるべきなのかも知れない。
「いくつか試験に続けて合格したからといって調子に乗るな。一番大事なところは、まだ勉強不足だ」という天の声なのだろう。

次の試験は、今年の5月16日・17日の2日間。資格取得に必要なPartⅡの試験は16日(水)午後である。前回の受験で試験の雰囲気は分かったし、次回は1科目なので、事前の準備も集中できる。次回こそは、取りこぼしがないよう、準備万端、必勝態勢で臨もう。

|

« 陸上部の青春を描く『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)の(1)イチニツク | トップページ | 第7回現代短歌新人賞受賞作『鳥女』(松村由利子著)を読み終わる »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

どんなテキストを使って勉強しましたか??

投稿: hiro | 2007年2月 5日 (月) 21時22分

hiroさん、私の記事を読んでいただきありがとうございます。

私が一番利用したのは、日本内部監査協会から発行されている「CIA参考問題集2004」です。
http://www.iiajapan.com/data/list/CIAMODELEXAM.htm
本番では、PartⅠからPartⅣまで、各125問の4択マークシートですが、この問題集が参考例題が各Part100問ずつ収録されています。

これを、バイブルサイズのシステムノートのリーフに表にパソコンとスキャナを使って問題文を一題ずつ印刷し、裏に解答を手書きし、通勤の行き帰りで繰り返し読みました。
問題も、解答も英文和訳調でわかりにくいですが、解答の中での知らない用語などは、インターネットの検索で全て調べて、自分なりに理解した上で、その用語もあわせて書き写すようにしました。

PartⅢの財務、会計、IT分野では知識の広がりが出て、本番でも役にたちました。PartⅣでも有効だと思います。

PartⅡは、時間が限られていた中、実務の延長だからと手を抜かざるを得ず、解答に記載されている理解不十分な用語の確認ができなかったのが、敗因でした。PartⅡでは、監査人協会の『専門職的実施のフレームワーク』が必須でしょう。内部監査人の拠って立つ基準が示されています。
http://www.iiajapan.com/data/list/PPF04.htm
いまは、残ったPartⅡをこの『専門職的実施のフレームワーク』を手元において、問題集2004の答えと参照しながら、勉強しています。

多少なりとも、お役に立てば幸いです。

投稿: 拓庵 | 2007年2月 5日 (月) 21時49分

CIA2科目おめでとうございます。
私も、6月に1,2を受けるのですが、ずばり合格のための肝は何でしょうか?
お教えください。

投稿: ryu | 2009年5月 7日 (木) 21時25分

ryuさん、コメントをいただきながら、お返事が遅くなり失礼しました。

私の勉強法は、上記のhiroさんからの質問への回答の通りです。


「CIA参考問題集2004」を解答欄の記載も含めて、何度も繰り返し、自分なりに理解を含めるということだと思います。

最近ではm、アビタスという資格取得の専門学校で、CIA対策講座も開設されています。ただ、相当授業料が高いです。
http://www.abitus.co.jp/learning/index.php

投稿: 拓庵 | 2009年5月12日 (火) 04時50分

アドバイス、ありがとうございます!

投稿: ryu | 2009年5月12日 (火) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公認内部監査人(CIA)の試験結果届く、よろこびも中くらい:

« 陸上部の青春を描く『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)の(1)イチニツク | トップページ | 第7回現代短歌新人賞受賞作『鳥女』(松村由利子著)を読み終わる »