« 松村由利子さんの歌集『薄荷色の朝に』、『鳥女』届く | トップページ | 公認内部監査人(CIA)の試験結果届く、よろこびも中くらい »

2007年1月25日 (木)

陸上部の青春を描く『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)の(1)イチニツク

先週、ある朝の通勤電車の中で、私はある本の広告をじっと眺めていた。

「王様のブランチ」2006年No.1、
「本の雑誌」2006年ベスト10第1位

『一瞬の風になれ』佐藤多佳子
春野台高校陸上部。特に強豪でもないこの部に入部したスプリンター、新二と連。天才がいれば、凡人もいる。努力家も、努力の嫌いな人も。その先にあるのは、「勝ち負け」だけじゃない、もっと大きななにかなのだ。(講談社)

このキャッチコピーを見ただけで、この本は読まなくてはならないと思った。これまで、高校の陸上部が青春小説の舞台になったことなどあっただろうか。中学から大学まで、陸上部で過ごした私にとって、これは、必ず読まなければならない本である。

昨日の大阪出張の帰り、新大阪駅の書店で、とりあえず、1巻である(イチニツイテ)を買う。(ちなみに2巻は(ヨウイ)、3巻は(ドン))
帯には、次のように書いてある。

春野台高校陸上部。特に強豪でもないこの部に入部した二人のスプリンター。ひたすら走る、そのことが次第に二人を変え、そして部を変える-。

「おまえらがマジで競うようになったら、ウチはすげえチームになるよ」

思わず胸が熱くなるとびきりの陸上青春小説誕生。

昨日の帰りの新幹線で、(イチニツイテ)のほとんどを読み、今朝の通勤電車で残りを読み終わった。

一瞬の風になれ 第一部  --イチニツイテ--
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-

あらすじは、キャッチコピーの通りだが、新二と連という2人の1年生スプリンターが走るのは、400mリレー。100mずつを4人で走り、400mトラックを1周する種目である。
主人公の新二は、兄がJリーグからスカウトされるような超高校級のサッカー選手、弟も兄に憧れ中学時代はサッカー選手だが、兄には及ぶべくもない。一方の、連は、中学2年の陸上全国大会で、100m7位入賞の経歴を持つスター選手だったが、3年の時には中学の陸上部をやめてしまう。
そんな2人が、回りの熱心な勧めもあり、春野台高校陸上部に入部するところから話は始まる。
先輩や他の同級生と400mリレーでインターハイの全国大会出場を目指すのだが、その間に巻き起こる高校生ならではの、家族との関係、恋愛等を織り交ぜながら、話は進んでいく。
陸上の試合の描写は、実によく描かれており、作者の佐藤さん自身が陸上の経験者ではないかと思う。

(イチニツイテ)の最後は、2人が1年生の秋の新人戦の県大会の場面。地区大会を最高の走りで勝ち上がり、南関東大会出場をかけた400mリレー決勝。1走新二と2走の連は、隣のレーンの県内強豪校に負けじと、これまでにない走りをする。決して負けていない、南関東大会は目の前と誰もが思ったとき、同じ1年生の3走根岸と2年生のアンカー守屋がバトンパスのタイミングが合わず、バトンゾーンをオーバーし、失格。根岸と守屋は、新二と連の2人前で、それぞれが自分のミスとうなだれる。

電車の中で、このシーンを読みながら、思わずグッとくるものがあり、目頭が熱くなった。
4継(ヨンケイ)とも呼ばれる400mリレー、バトンパスで4人の息があい、トップスピードだバトンを渡すことができれば、4人の実力を合算した以上のタイムを出すことが出来る。それがリレーの魅力であり、醍醐味なのだが、一歩間違えれば、バトンを落として置いてきぼりをくう、バトンゾーンをオーバーして失格するという地獄が口を開けている。どんな実力校であっても、逃れられないアクシデントである。

私のいた高校は、当時、まさに春野台と同じく、400mリーレーでインターハイ出場を目指し、実際に私が2年と3年の時にはインターハイに出場している。ただ、私自身は新二と連のようなスプリンターではなく、凡人の部類で、3年生の時、リレーメンバーの補欠として、同級生と後輩にインターハイに連れて行ってもらった。それでも、ここに描かれている気分は、私たちが高校の頃と一つも変わらない。それは、作者の佐藤多佳子さんが1962年生まれで、ほぼ同世代ということによるかも知れないが、まさしく陸上青春小説である。

残る2巻の(ヨウイ)と、3巻の(ドン)を今日の昼休み、三省堂の神田本店に行き買ってきた。

一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ-
一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ-

一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-

しばらくは、この『一瞬の風になれと』と昨日届いた松村さんの『鳥女』を鞄に入れて出勤である。

p>*関連記事
1月25日:陸上部の青春を描く『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)(1)イチニツク
1月28日:『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)(2)ヨウイ
1月31日:『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)(3)ドン
4月7日:2007年本屋大賞、『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)に決定
4月8日:佐藤多佳子さんが語る『一瞬の風になれ』執筆の舞台裏

|

« 松村由利子さんの歌集『薄荷色の朝に』、『鳥女』届く | トップページ | 公認内部監査人(CIA)の試験結果届く、よろこびも中くらい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸上部の青春を描く『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)の(1)イチニツク:

» 『一瞬の風になれ 第一部 イチニツイテ』佐藤多佳子 [ひなたでゆるり]
一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--佐藤 多佳子講談社2006-08-26by G-Tools 「速くなる」ただそれだけを目指して走る。 白い広い何もない、虚空に向かって…………。 春野台高校陸上部。とくに強豪でもないこの部に入部した2人のスプリンター。ひたすらに走る、そのことが次第に2人を変え、そして、部を変える。「おまえらがマジで競うようになったら、ウチはすげえチームになるよ」思わず胸が熱くなる、とびきりの陸上青春小説、誕生。 毎月1巻ずつ刊行されていた本書。全3巻。刊行されて... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 22時07分

» 一瞬の風になれ第一部イチニツイテ 佐藤多佳子 [粋な提案]
カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。 1989年「サマータイム」で月刊MOE童話大賞を受賞しデビュー。「イグアナくんのおじゃまな毎日」で98年産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞、99... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 00時57分

» 一瞬の風になれ*佐藤多佳子 [+++ こんな一冊 +++]
☆☆☆☆・ 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--佐藤 多佳子 (2006/08/26)講談社 この商品の詳細を見る 第一部――イチニツイテ―― 青春小説の旗手、4年ぶり待望の書き下ろし長編小説 「速くなる」 ただそれだけを目... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 07時44分

» 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--  佐藤多佳子 [かみさまの贈りもの~読書日記~]
春野台高校陸上部を舞台に繰り広げられた、スプリンターたちの熱い青春物語。三部作完結の第一部。 中学生時代に天才サッカー少年である兄と常に比較され、伸び悩んでいた新二と、走る事に関しては天性の才能を持つ連。 二人は同じ陸上部に所属、リレー走者としてのスタ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 09時04分

» 「一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--」佐藤多佳子 [ナナメモ]
一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ-- 佐藤 多佳子 天才サッカー少年の兄を持ったがゆえに、中学生にして挫折を知った新二。その幼なじみで、やはり天性の素質に恵まれたスプリンター・連。同じ高校に入学し、陸上部に入部した。1年生秋までの物語。 試合の前になるとプレッシャーでトイレットマンとなる信二。兄は天才サッカー選手、親友は親友の天才スプリンター。周りの視線はいつも隣にいる人の方を向いている。そんな環境で育っているのに、新二ってばけなげなんです。兄ばかり褒める両親にちょっ... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 10時41分

» 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- 佐藤多佳子 講談社 [おいしい本箱Diary]
「走る」ことが速い人は、かっこいい。 運動会、体育祭でもヒーローだし。私はまったくダメで、息子たち も息子たちもまったく体育会系ではなく育ってしまったので そういうかっこ良さを味わうことなしにきてしまったけれども。 「走る」というのは、特に短距離は天性の世界のような気がします。 走ることで、自分が一瞬の風になる。そんな瞬間を味わえることが できるのが、うらやましい。... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 22時26分

» 一瞬の風になれ 第一部 イチニツイテ 〔佐藤多佳子〕 [まったり読書日記]
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-佐藤 多佳子 講談社 2006-08-26売り上げランキング : 684おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「速くなる」 ・・ただそれだけを目指して走る。 白い広い何もない、虚空に向かって…………。 春野台高校陸上部....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 21時06分

» [佐藤多佳子] 一瞬の風になれ 第一部 イチニツイテ [booklines.net]
兄のようにはなれない。いじけているわけではなく、サッカーでプロからも誘いが来るほどの兄と比べる方がおかしいのだ。中学の三年間は頑張ったが、自分はこれ以上伸びないだろうと、新二は高校に入ったとき、サッカ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土) 23時23分

« 松村由利子さんの歌集『薄荷色の朝に』、『鳥女』届く | トップページ | 公認内部監査人(CIA)の試験結果届く、よろこびも中くらい »