« ブログは自分の分身、検索サイトの横暴からどうやって分身を守るのか(『ウェブ人間論』(梅田望夫・平野啓一郎)を読んで) | トップページ | 歌集『薄荷色の朝に』(松村由利子著)を読み終わる »

2007年1月29日 (月)

ご挨拶

「栄枯盛衰・前途洋洋」をお訪ねいただきありがとうございます。

このブログは、2006年2月26日から書き始めました。当時、私は45歳。社会人となって20年余、なんともいえない行き詰まり感を抱えていました。40代半ばで多くの人が遭遇すると言われる「中年期の危機(中年クライシス)」をどう乗り越えていくかを、自分自身の問題としてとらえ、その日々の試行錯誤の足跡を記すことで、同じような悩みを抱える同世代の読者の参考になればと始めました。

個人としての心の問題、これからの生き方、働く場としての職場のこと、ともに暮らす家族と家庭のことなど中年クライシスを取り巻くいろいろなテーマに加え、ネット社会のおける技術進歩が個人の生活にどう影響するかなども関心事です。ご関心のあるテーマがある場合は、左下のカテゴリーから該当するものをクリックしてみて下さい。

タイトルの「栄枯盛衰・前途洋洋」の由来については、2006年2月26日の「四字熟語」の記事をご参照下さい。私の書いたもののどこかひと言でも、ご来訪された方の、役に立てばと思っています。

|

« ブログは自分の分身、検索サイトの横暴からどうやって分身を守るのか(『ウェブ人間論』(梅田望夫・平野啓一郎)を読んで) | トップページ | 歌集『薄荷色の朝に』(松村由利子著)を読み終わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/13708152

この記事へのトラックバック一覧です: ご挨拶:

« ブログは自分の分身、検索サイトの横暴からどうやって分身を守るのか(『ウェブ人間論』(梅田望夫・平野啓一郎)を読んで) | トップページ | 歌集『薄荷色の朝に』(松村由利子著)を読み終わる »