« 朝の筑波山 | トップページ | 食事をするとき人を待てるか、外食の功罪 »

2007年1月14日 (日)

ブログ開始1周年に向けて

このブログを書き始めてもうすぐ11ヵ月になるが、先週うれしいことが一つあった。3連休明けの1月9日(火)に、1日のアクセス件数が307件と初めて300件を超えた。

それまでの最高は、7月14日(金)の268件で、ココログのメンテナンスの不満を書いた記事をニフティの古河社長のブログにトラックバックしたら、その記事だけで172件のアクセスがあったもので、その反応の大きさに驚いたものだ。ただ、記事の内容としては、ニフティに対する不満・批判のコメントが中心だったので、いまや不満や非難といったネガティブな記事は極力書かないことにしている自分としては、前向きな記事でアクセスしてもらい、記録を更新できればと、ずっと思っていた。

1月9日(火)に記事は、将棋の佐藤康光棋聖がタイトル戦で5回連続挑戦者になったことを書いた記事を、共同通信社の棋王戦のブログにトラックバックしたところ、その日は、その記事に92件アクセスがあり、それによって全体も引っ張られ300の大台が達成できた。

このブログへのアクセスにも、波があり、その一方でブレイクスルーもある。最初のブレイクスルーは、ココログのメンテナンスへの不満を書いた7月の中旬の頃で、数日間、200件を超えるアクセスがあり、それがきっかけとなってそれまで50件前後だった1日のアクセス数が100件近くまで増えた。
次のブレイクスルーは、8月28日(月)の232件で、この日は、数日前に書いた河合隼雄文化庁長官が脳梗塞で倒れたことに関する記事に122件アクセスがあり、その後もその記事にアクセスが続き、1日100件以上の日が多くなり、翌月9月の1日平均のアクセス数は156件に達した。

その後、しばらく、監査関連の勉強のため、記事の更新頻度が落ちたこともあって、1日平均のアクセス数は10月123件、11月103件、12月91件と減ってしまった。記事を書くからには、なるべくたくさんの人にアクセスしてほしいが、こればかりは自分ではどうしようもない。
たくさんの人に注目されているブログにトラックバックすれば、一時的にアクセスが増えることはあるが、内容が伴っていないと続かない。

今回のブレイクスルーが一過性で終わるか、次のステージへのステップアップに繋がるかは、今後次第だだろう。幸い、今日は、200アクセスを超えた。なんとか、近いうちに1日200アクセスが定着するよう、ブログ1周年に向けて、書き続けたい。

|

« 朝の筑波山 | トップページ | 食事をするとき人を待てるか、外食の功罪 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ開始1周年に向けて:

« 朝の筑波山 | トップページ | 食事をするとき人を待てるか、外食の功罪 »