« 訃報:百ます計算の考案者岸本裕史さん死去 | トップページ | 「ブログ河原の落書き」のご紹介 »

2007年1月 6日 (土)

「小寒」、「寒の入り」、「寒の内」と「節分」の話

今日は、二十四節気の「小寒(しょうかん)」。小寒から大寒(1月20日)を経て節分(2月3日)までが「寒の内」とされることから、小寒は「寒の入り」でもある。(参考:『美しい暦のことば』(山下景子著、インデックスコミュニケーションズ))いよいよ寒さも、本番というところだ。

ちなみに、今回、この小寒の記事を書くために調べてわかったことがもう一つ。上にも記した「節分」だが、その意味は「節をける」ということで、本来は立春、立夏、立秋、立冬のという新しい季節の始まりの日の前日を指すとのことらしい。中でも、2月の立春の前日がいわゆる年中行事の「節分」として、現在も残っているのは、グーグルで「節分」を検索して、上位に表示されるサイトやブログで確認すると、立春をもって1年の始まりと考えたことによるとの解説がされている。

数年前、高校の同級生と厄年の話をしていた時に、暦通りに1年が終わったところで、厄年が終わりと思っていた私に対し、彼は「厄年の区切りは節分」と教えてくれた。その時は、「へえー、そうなの」という程度で、その由来を確かめることもしなかったが、1年の始まりを立春と考えれば、その前日の節分は、いわば大晦日と同じであり、厄年がそこで終わるというのも納得できる。

何歳(いくつ)になっても、知らないことはあるものである。

ちなみに、今日の東京の気温を見ると、13時現在で、最低気温は3.0℃、新年の6日間で見ると、元旦の2.0℃に次ぐ冷え込みだ。気圧も下がっていて、新年はじめて冷たい雨の降る1日だ。

|

« 訃報:百ます計算の考案者岸本裕史さん死去 | トップページ | 「ブログ河原の落書き」のご紹介 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小寒」、「寒の入り」、「寒の内」と「節分」の話:

« 訃報:百ます計算の考案者岸本裕史さん死去 | トップページ | 「ブログ河原の落書き」のご紹介 »