« 『血涙 新楊家将(上)』(北方謙三著)を読み終わる | トップページ | 東京都心の雪なし記録更新 »

2007年2月10日 (土)

将棋第65期順位戦B級1組第12回戦の結果分析とB級2組での渡辺竜王の昇級確定

昨日(2007年2月9日)、将棋の順位戦のB級1組の12回戦、B級2組の10回戦の計17局が東京の将棋会館と、大阪の関西将棋会館でいっせいに行われた。いずれも、3月の最終局を残すものの、ほぼ、昇級・降級の大勢がほぼ固まる。

名人挑戦者を決めるA級の一つ下のクラスであるB級1組は、定員13名。総当たりリーグ戦で1人12局を戦い、上位2名がA級に昇級、下位2名がB級2組に陥落する。A級復帰を狙うA級経験者とこれからA級昇級を狙う若手がせめぎ合い、熾烈な争いが繰り広げられ「鬼のすみか」と呼ばれたこともある。

将棋連盟のホームページによれば、昨日のB級1組6局の結果と12局までの通算成績は次の通り。

勝ち 成績 負け 成績
木村一基七段 8勝3敗 島 朗八段 6勝5敗
行方尚史七段 8勝3敗 北浜健介七段 6勝6敗
鈴木大介八段 7勝4敗 畠山 鎮七段 6勝5敗
堀口一史座七段 6勝5敗 井上慶太八段 6勝5敗
中川大輔七段 5勝6敗 森けい二九段 0勝10敗
森下 卓九段 4勝7敗 野月浩貴七段 3勝8敗

この結果、12回戦を終わった時点での成績と最終戦第13局の対戦相手は以下の通り。

順位 棋士名 成績 最終戦
1 木村一基七段(4) 8勝3敗 野月七段
2 行方尚史七段(7) 8勝3敗 森下九段
3 鈴木大介八段(1) 7勝4敗 高橋九段
4 高橋道雄九段(11) 7勝4敗 鈴木八段
5 井上慶太八段(6) 6勝5敗 森九段
6 堀口一史座七段(8) 6勝5敗 畠山七段
7 島 朗八段(9) 6勝5敗 中川九段
8 畠山 鎮七段(12) 6勝5敗 堀口七段
9 北浜健介七段(10) 6勝6敗 日程終了
10 中川大輔七段(3) 5勝6敗 島八段
11 森下 卓九段(2) 4勝7敗 行方七段
12 野月浩貴七段(5) 3勝8敗 木村七段
13 森けい二九段(13) 0勝10敗 井上八段

(注)棋士名の後ろの数字は、前期の成績の基づく65期順位戦リーグ戦の順位(序列)

この結果、昇級候補は3人に絞られた。8勝3敗の2人は、最終戦に勝てば文句なしのA級昇級。自分たちが負けても、鈴木八段が負ければ、ともに昇級となる。現在、7勝4敗で、リーグ戦順位が2人より上位の鈴木八段は、自分が最終戦に勝ち、8勝4敗とした場合に、2人のどちらかあるいは2人とも負けた場合に昇級の目が出てくる。
最終戦で鈴木八段と戦う7勝4敗の高橋九段は、最終戦に勝って8勝4敗としても、3敗者2人よりリーグ戦順位が下のため、昇級には届かない。

一方、降級は、今期久々にB級1組に復帰したものの依然白星のない森けい二九段に加え、今回、7敗者どうしの戦い(森下九段×野月七段戦)に敗れた、野月七段に決まった。自分が最終戦に勝ち、森下九段が最終戦に敗れても、相星となり、順位が下位の野月七段は上回れない。

B級1組の最終局第13局は、3月16日。木村、行方の新A級棋士(八段)2人が誕生するのか、前期A級陥落の苦杯をなめた鈴木大介八段が1期でA級復帰を果たすのか、見逃せないところだ。

一方、B級2組では、8勝0敗でトップを走っていた渡辺明竜王が先崎学八段に勝ち9勝0敗として、最終戦を待たずにB級1組への昇級を決めた。2期連続の昇級である。
7勝1敗で2番手にいた杉本昌隆七段が敗れて7勝2敗となったため、杉本七段より順位がリーグ戦順位が下位で10回戦に勝ち7勝2敗とした名人経験者加藤一二三九段と、杉本七段より順位が上位で6勝3敗の佐藤秀司六段に昇級の可能性が出てきた。不思議な縁だが、最終戦でその加藤九段と佐藤六段が対戦する。
最終戦で、杉本七段が桐山清澄九段に勝って8勝2敗とすればB級1組昇級だが、負けて7勝3敗となった場合は昇級は消える。加藤九段×佐藤六段戦の勝者(加藤九段が勝てば8勝2敗となるし、佐藤六段が勝てば7勝3敗だが、杉本七段より上位)が渡辺竜王に次ぐ2人目の昇級者となる。
なお、前期(第64期)のC級1組では10戦全勝で、渡辺竜王に先んじてB級2組への昇級を決めた山崎隆之七段は、10回戦で敗れて6勝3敗となり、今期昇級の目がなくなった。
B級2組の最終戦は、3月9日。こちらも気になるところである。

*お詫び:中川大輔七段と北浜健介七段の段位を誤って、八段と記載していました。お詫びして訂正します。(2月26日追記)

*将棋に関する記事(2007年)
1月8日:
佐藤康光棋聖、5連続タイトル戦挑戦者
1月17日:佳境を迎える将棋A級順位戦、郷田真隆九段へのエール
2月2日:祝・郷田真隆九段、A級最終戦を残し、第65期将棋名人戦での森内俊之名人への挑戦権獲得
2月3日:第65期将棋A級順位戦8回戦の詳細
2月3日:郷田真隆九段、父の死を知らず
2月3日:将棋永世名人位の重み
2月10日:将棋第65期順位戦B級1組第12回戦の結果分析とB級2組での渡辺竜王の昇級確定
2月12日:「名人は選ばれたものがなる」-郷田真隆名人待望論
3月3日:将棋界の一番長い日、将棋第65期A級順位戦の最終局の結末

|

« 『血涙 新楊家将(上)』(北方謙三著)を読み終わる | トップページ | 東京都心の雪なし記録更新 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/13855443

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋第65期順位戦B級1組第12回戦の結果分析とB級2組での渡辺竜王の昇級確定:

« 『血涙 新楊家将(上)』(北方謙三著)を読み終わる | トップページ | 東京都心の雪なし記録更新 »