« 『物語のはじまり』(松村由利子著)、週刊新潮に取り上げられる | トップページ | 大人と子供を区別するもの、人の事を考えられるか »

2007年3月 4日 (日)

1日500アクセス突破と累計4万アクセス到達

昨日、今日と、このブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」にとって記念すべきことが2つあった。

まず、昨日、1日の総アクセス数が初めて500アクセスを超え、528アクセスになった。これまでの最高が2月10日の395アクセスだったので、400台を突破して、一気に500の大台に乗せたことになる。

最大の要因は、昨日書いた「将棋界の一番長い日、将棋第65期A級順位戦の最終局の結末」の記事。3月2日の将棋のA級順位戦の結果について、毎日インタラクティブに結果が報道されてすぐに、結果をまとめて、投稿したところ、この記事だけで100近いアクセスがあった。やはり、A級順位戦の最終局の結果については、関心が高い。将棋に関心のある訪問者の方は、私が書いた他の将棋の記事も読んでくれることが多いので、昨日は将棋関連の記事へのアクセスが一気に増えた。

もう一つの要因は、池田晶子さんの訃報の記事である。このことを話題にしている他のブログを見ても、朝の新聞を見て知って驚いたという記事がほとんどで、私のブログにも50件近いアクセスがあった。池田さんの死を、それぞれのブロガーがどう受け止めたのか、お互いに関心があると言うことなのだろう。

2つの記事は、昨日ほどではないにせよ、今日もアクセスが多い。個人のブログでも、世の中の関心を反映する小さな覗き窓なのだと改めて思う。

次に、タイトルにも書いた通りで、先ほど、アクセス数の累計が4万アクセスを超えた。先週、ブログ開設1周年を迎えたところ。3万アクセスを記録したのが、今年の1月20日だから約1ヵ月半で4万アクセスに達したことになる。
開設して最初の1万アクセスに約半年、次の1万アクセスは2ヵ月半足らず、2万から3万への1万アクセスにはほぼ3ヵ月かかっているので、直近の1万アクセスが一気にスピードアップした。
営々と書き続けていれば、いつかは到達するものとは思っていても、たくさんの読み手に訪問してもらい、思いもよらず、早く大台に達すると、書いている方としては、うれしい。いつもながら、読んでくださる方に感謝。ありがとうございます。

では、例えば1日のアクセス数がどこまでけば、満足するのか?始めた頃は、なんとか1日100アクセスと思っていたが、それがクリアできるようになると200アクセス、それもクリアすると300アクセスと望みは果てしない。今回、500アクセスは一時的で、まだ毎日コンスタントに500アクセスになることはないと思うが、一度超えた壁は、いつかは常態化するのも経験から言えることである。
次の目標は大きく持って、1日1000アクセス。1000アクセス目指して、引き続き書き続けたい。

|

« 『物語のはじまり』(松村由利子著)、週刊新潮に取り上げられる | トップページ | 大人と子供を区別するもの、人の事を考えられるか »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1日500アクセス突破と累計4万アクセス到達:

« 『物語のはじまり』(松村由利子著)、週刊新潮に取り上げられる | トップページ | 大人と子供を区別するもの、人の事を考えられるか »