« 芥川賞作家の宮本輝さん、還暦を迎える | トップページ | Windows Vistaようやく届く »

2007年3月 7日 (水)

「啓蟄」に思う3人の子の進学

昨日、3月6日は二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」だった。加えて、我が家の結婚記念日でもあって、それに長年敬愛する宮本輝さんの誕生日で還暦を迎えるとあって、昨日は何を書こうか考えたあげく、これまでブログであまり書いていない宮本輝さんのことを書くことにした。

とはいえ、ブログの中には、折々の季節感も盛り込んでいきたいので、二十四節気は、都度、取り上げたいと思っている。

いつも使わせてっもらう山下景子さんの『美しい暦のことば』(インデックスコミュニケーションズ刊)では、

暗い土の中でじっとうずくまっていた虫たちが、春の気配を感じてもぞもぞと活動を開始するころです。
(同書、33ページ)

とある。
二十四節気は、旧暦がベースになっているので、平年であれば、実際の気候としてはもう少しあとになると思うが、今年は、東京都心では雪が降らないまま3月を迎えていて、春の訪れも早く暖かいので、あまり違和感がない感じだ。

啓蟄を過ぎれば、いよいよ、春の本格的な春の到来。
我が家にとっては、子供3人がいっせいに、今まで通っていた学校を卒業し上級の学校に進学するので、どことなく「啓蟄」のイメージとだぶる気もする。これまでの学校から抜けだして、また新しい舞台で、成長することを願っている。

|

« 芥川賞作家の宮本輝さん、還暦を迎える | トップページ | Windows Vistaようやく届く »

家族」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「啓蟄」に思う3人の子の進学:

» 啓蟄(けいちつ) [とんみんくん]
暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日めの3月6日頃に当たるそうです。 “啓”は『ひらく』、“蟄”は『土中で冬ごもりしている虫』の意味だそうです。字のごとく地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、草木が芽吹く と同時に地上へ這い出してくるという意味です。この時期、北国では 福寿草が咲き、東京では紋白蝶が見られます。... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 00時54分

« 芥川賞作家の宮本輝さん、還暦を迎える | トップページ | Windows Vistaようやく届く »