« 第65期将棋名人戦を終え、改めて将棋プロ棋士の勝率と順位戦のクラスの関係を見る | トップページ | 書店の風景 »

2007年7月 1日 (日)

郷田九段の名人戦挑戦に支えられ、ブログ更新連続6ヵ月更新と「blogranKing.net」での新記録達成

昨日(2007年6月30日)で、元旦から続けているこのブログの連続更新が6ヵ月になった。まずは、1年365日更新に向けた折り返し点通過というところだろうか。

この半年を振り返って一番多く題材にしたのは、将棋の郷田真隆九段の名人挑戦だったと思う。今年の1月に第65期A級順位戦の7回戦で佐藤康光棋聖を破り6勝1敗として、挑戦者争いの最有力候補になってから、一昨日の名人戦第7局に敗れるまで、20以上の記事を書いてきたと思う。
名人戦という将棋界の最大のイベントが終わり、ちょっと寂しい気分である。郷田九段にしてみれば、第7局の最中には、もう少しで名人のタイトルが手に届くと思った時もあったのではないだろうか。森内18世名人誕生が華々しく報道される中、敗者についてはほとんど語られない。おそらく、胸中は悔しさでいっぱいだろう。
この悔しさをこれからの棋士人生にどう活かしていくのか、そこにもファンとして関心があるので、今後も「郷田ウォッチャー」を続けていくつもりだ。
今日(2007年7月1日)の夜には、さっそく、今年から開始されたインターネットを通じた対局による棋戦「大和証券杯ネット将棋・最強戦」の準決勝で三浦弘行八段と対戦する。今日の勝者が、すでに決勝進出を決めている丸山忠久九段と7月8日に決勝戦で戦う。ぜひ、決勝進出を決めてほしい。

名人戦第7局を前にして、このブログにこれまで書いた第65期名人戦に関する記事や、郷田九段に関する記事にアクセスが増えたこともあって、連続更新の励みにと登録した「blogranKing.net」で、6月29日までの過去1週間の集計(6月30日朝の時点)で久しぶりに「日記:40代~」のサブカテゴリで2位に復帰し、今朝の時点でも2位を維持していた。
今回、うれしかったには、全体ランキング、日記カテゴリでのランキングが、従来の2位の時よりランクアップしこれまでの記録を更新できたことである。

更新日 総合 日記カテゴリ 日記:40代~
2007年6月30日 620位 21位 2位
2007年7月1日 597位
(29819)
20位
(2551)
2位
(68)

(注)7月1日の下段の数字は、各集計対象の参加ブログの総数

総合ランキング、各カテゴリ、サブカテゴリ別の各ランキングでは、まず最初に「ベスト20」と題して上位20位までが表示される。7月1日の更新で初めて日記カテゴリの「ベスト20」に掲載された。また、総合ランキングでも500番台を記録したのは初めてである。ちなみに、597÷29819=2.002%。あと1つ順位が上がれば、全体の上位2%以内というところまで来ている。。

名人戦が終わったので、将棋関係の記事へのアクセスが減ると思うが、なんとか他のテーマでも、質の良い記事を書くことを心がけ、1日でも長くこの順位が維持できればと思う。

|

« 第65期将棋名人戦を終え、改めて将棋プロ棋士の勝率と順位戦のクラスの関係を見る | トップページ | 書店の風景 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郷田九段の名人戦挑戦に支えられ、ブログ更新連続6ヵ月更新と「blogranKing.net」での新記録達成:

« 第65期将棋名人戦を終え、改めて将棋プロ棋士の勝率と順位戦のクラスの関係を見る | トップページ | 書店の風景 »