« まだ遠い北京五輪、2007年ワールドカップ女子バレーで日本の最終成績は7位 | トップページ | 第66期将棋A級順位戦、5回戦第4局の1敗対決は三浦弘行八段が丸山忠久九段を破り、名人挑戦者レースに踏みとどまる »

2007年11月19日 (月)

岡田斗司夫式レコーディングダイエットの成果(2007年11月第3週)1週間で+0.2kg、平均値比較で▲0.24kg

先週の減量は、65kgの壁を突破を目前にして足踏みを続けた。
先週の12日(月)から悩まされている腰痛とここに来て急に朝夕の冷え込みが厳しくなったこと、さらに木・金と研修所暮らしだったこともあり、いつもの週より一日に歩く歩数が少なかった。その分、カロリーコントロールには気を使ったつもりだが、なかなか思うようにはいかないものだ。月曜日だけの比較では、結局0.2kgほど増えてしまった。今週が踏ん張りどころだろう。

体重の推移は以下の通りだ。(  )内は当日までの7日間の平均。
12日(月)65.1kg(65.41kg)
13日(火)65.4kg(65.37kg)
14日(水)65.1kg(65.31kg)
15日(木)65.0kg(65.31kg)
16日(金)[65.1kg(65.21kg)]
17日(土)65.1kg(65.14kg)
18日(日)65.2kg(65.14kg)
19日(月)65.3kg(65.17kg)
(16日朝は研修所で迎えたため、体重測定できず。前日と翌日の数字のうち大きい方を仮の数字として計算した。)



ここまで65.1kgを記録した日が5日、65.0kgも2日ある。64kg台はすぐ目の前なのだが、思いの外、この壁が厚い。今週こそは、どこかで必ず64kg台を記録したい。

|

« まだ遠い北京五輪、2007年ワールドカップ女子バレーで日本の最終成績は7位 | トップページ | 第66期将棋A級順位戦、5回戦第4局の1敗対決は三浦弘行八段が丸山忠久九段を破り、名人挑戦者レースに踏みとどまる »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡田斗司夫式レコーディングダイエットの成果(2007年11月第3週)1週間で+0.2kg、平均値比較で▲0.24kg:

« まだ遠い北京五輪、2007年ワールドカップ女子バレーで日本の最終成績は7位 | トップページ | 第66期将棋A級順位戦、5回戦第4局の1敗対決は三浦弘行八段が丸山忠久九段を破り、名人挑戦者レースに踏みとどまる »