« 目指せ北京五輪、2007年バレーボールワールドカップでの全日本女子の活躍に期待 | トップページ | 岡田斗司夫式レコーディングダイエットの成果(2007年10月第5週・11月第1週)-週平均比較では▲0.38kgの減量 »

2007年11月 4日 (日)

CIA(公認内部監査人)の認定状届く

今日、夕方、外出から家に戻ると、5月に4科目中残る1科目を受験し、7月末に合格通知が来た「公認内部監査人(CIA=Certified InternalAuditor)」の正式な認定状が届いていた。
CIAは、以前取得した「公認金融監査人(Certified Financial Services Aditor=CSFA)」などと同様、米国にある「内部監査人協会(IIA=TheInstitute of Internal Auditor)」が認定する資格で世界共通。CFSAは金融専門だが、CIAは業種共通の内部監査の資格である。認定状には認定番号が振られていて、CFSAの時は6000番台だったが、CFSAよりも以前からある資格で全業種共通でもあるCIAでは68000番台と一桁大きくなっていた。これで名実ともにCIAだと胸を張ることができる。

日本のように一度取得した資格はほぼ半永久的に有効ということはなく、合格後2年経過後は継続的専門能力開発制度という仕組みがあって、一定の研修を受けたりして、専門能力を維持していることを証明する書類を提出して認定を受けなければ、資格が失効してしまう。それなりに、時間とお金をかけて取った資格なので、今後も失効することがないようメンテナンスをしていきたい。
CIA資格は、内部統制への関心の高まりから徐々に認知度は高まっているとは思うが、それでも、公認会計士などに比べれば、知名度は低いし、あくまでも米国流の任意の資格なので、取得者でなければ内部監査業務ができないというわけでもない。
それでも、日本での合格者累計が2006年までで2000人弱。2007年の5月、11月の試験で一気に合格者は増えると思うが、それでも、累計で3000人程度だろう。
今後の自分のキャリアメイクの中で、大切にしていきたいと思う。

|

« 目指せ北京五輪、2007年バレーボールワールドカップでの全日本女子の活躍に期待 | トップページ | 岡田斗司夫式レコーディングダイエットの成果(2007年10月第5週・11月第1週)-週平均比較では▲0.38kgの減量 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CIA(公認内部監査人)の認定状届く:

« 目指せ北京五輪、2007年バレーボールワールドカップでの全日本女子の活躍に期待 | トップページ | 岡田斗司夫式レコーディングダイエットの成果(2007年10月第5週・11月第1週)-週平均比較では▲0.38kgの減量 »