« 郷田真隆九段、第1回朝日杯将棋オープン戦二次予選で2連勝、本戦トーナメント進出を決める | トップページ | 将棋順位戦B級1組8回戦は、1敗者4名のうち3名が敗れ、勝った鈴木大介八段が再びトップに »

2007年11月10日 (土)

ブログの文章をもっと推敲しなくては

毎日、このブログにも200件から300件ほどのアクセスがある。ありがたいことだ。年初に、今年の目標として「毎日ブログの記事を書く」ということを掲げて、なんとか今日までは欠かさず続けてきた。
毎日、書き続けるということは、けっこう負担感があり、毎日ささやかなプレッシャーを感じている。そんなこともあって書き終わるとつい気が緩んで、十分な見直しをしないうちに、記事を投稿してしまうことも多い。

よそのブログの記事で、自分が書いた記事に関係する内容のものがあった時は、トラックバックをすることもある。そうすると、先方のブログにこちらからトラックバックした記事のタイトルと最初の100字くらいが記事の内容紹介として一緒に掲載されることも多い。
先日、あるブログにトラックバックした自分に記事の最初の数行をふと見ると、なんと「本を読んだ」が「本を呼んだ」になっている。う~ん、恥ずかしい。穴があったら入りたい気分だ。
もちろん、そんな恥ずかしい間違いは気がついたところで、すぐに訂正した。しかし、私のブログの方は訂正されても、トラックバックした先に表示されている100字の内容紹介の方は、最初のトラックバックした時の内容で掲載されるので、今回のようにトラックバックした後に気がついても、あとの祭りである。トラックバックされた記事の削除や訂正は、トラックバックされた側では出来るが、送った側ではできない。

まさかほかにも、字の間違いはないだろうなと、最近自分が書いた記事を読み直してみると、いくつもある。多いのは「てにをは」の間違いだ。「てにをは」のダブり、抜けがいくつも見つかった。おそらく、読まれた方は、なんか変だねと思いつつ、前後の言葉の流れから、補って読んでいただいているのだと思う。

これからは、書き終わったあと、少なくとも一度は精読し、間違いをチェックした上で、投稿するよう心がけたい。

|

« 郷田真隆九段、第1回朝日杯将棋オープン戦二次予選で2連勝、本戦トーナメント進出を決める | トップページ | 将棋順位戦B級1組8回戦は、1敗者4名のうち3名が敗れ、勝った鈴木大介八段が再びトップに »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログの文章をもっと推敲しなくては:

« 郷田真隆九段、第1回朝日杯将棋オープン戦二次予選で2連勝、本戦トーナメント進出を決める | トップページ | 将棋順位戦B級1組8回戦は、1敗者4名のうち3名が敗れ、勝った鈴木大介八段が再びトップに »