« 第49期将棋王位戦予選で郷田真隆九段が中原誠16世名人を破り、挑戦者リーグ入りまであと1勝 | トップページ | 講談社選書メチエ『加耶と倭』を読む »

2007年12月19日 (水)

テレビゲーム機「Wii」と「Wii Fit」を注文した

我が家では、これまで子供にいっさいテレビゲームを買い与えずにここまで育ててきた。テレビと向かい合って、人と接することがなくなれば、決してよい結果にはならないと思い、よその家庭がどうであれ、認めてこなかった。
その後、テレビゲームのやり過ぎは脳にも良くないという「ゲーム脳」という言葉まで登場し、やはりそうだろうと思っていたが、今年中1になった我が家の長男は、親の厳しい統制にもめげることなく、友達の家に遊びに行った時などに、テレビゲームに親しみ、それなりのゲーマーを気取っている。なかなか、思うようにはいかない。
その一方で、親もパソコンは与えていて、最初はパソコンのゲームもなんとかやらせまいとしていたが、100%禁止することも難しく、結局はオンラインゲームなどやっている。
果たして、テレビゲームを与えてこなかったことが、長男の情操教育にプラスだったのかどうか、親も見極めかねているというのが正直なところだ。

そんな中、任天堂のテレビゲーム機「Wii」と「Wii Fit」のセットを注文した。「Wii」は、テレビゲームの草分けである任天堂の最新のテレビゲーム機である。2006年12月に発売され、ちょうど1年たったところだ。最近になって、その「Wii」のソフトのラインナップに「Wii Fit」というテレビゲームらしからぬソフトが加わった。バランスWiiボードというヘルスメータのようなボードに乗って体重を計ってBMI指数を計算したり、体の重心のチェックをしたり、簡単な筋肉トレーニングをしたりとその名の通りフィットネスが売り物である。

減量をしている私にとって、この「Wii Fit」のメニューはなんとも魅力的に映り、子供のクリスマスプレゼントをかねて、我が家で初めてのテレビゲームを買うことにした。ゲーム好きの長男は、反対するはずもなく、ダイエットの実をあげたい長女も乗り気である。
一方、私以上にテレビゲーム反対派だった妻は懐疑的、妻の気持ちを慮る次女は反対派である。

私は、任天堂に何の縁も、借りもないが、携帯ゲームのDSライトに「脳トレ」や「漢字検定」など子供用のお遊びメニュー以外のソフトを導入して、大人まで携帯ゲーム機のマーケットに引き込んだこと、そして今回の「Wii」への「Wii Fit」の導入と、ゲーム機という枠に縛られずに、この機器を使ってほかにができることがないかと考え、新たなソフトを投入し、購買者の裾野を広げている点は、商品のマーケッティングという点では大したものだと思う。

注文した以上は、うまく我が家の生活の中で活かしていきたいと思っている。

|

« 第49期将棋王位戦予選で郷田真隆九段が中原誠16世名人を破り、挑戦者リーグ入りまであと1勝 | トップページ | 講談社選書メチエ『加耶と倭』を読む »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビゲーム機「Wii」と「Wii Fit」を注文した:

« 第49期将棋王位戦予選で郷田真隆九段が中原誠16世名人を破り、挑戦者リーグ入りまであと1勝 | トップページ | 講談社選書メチエ『加耶と倭』を読む »