« 将棋第33期棋王戦5番勝負第5局は、佐藤康光棋王が挑戦者の羽生善治二冠を破りタイトル防衛を果たし二冠を死守 | トップページ | 辞書の季節、金田一春彦さんの理想の辞書の新版 »

2008年3月30日 (日)

森内俊之名人の竜王戦1組陥落の記事を書きかけのまま眠ってしまった3月30日

3月30日(日)の本来の記事は、将棋の竜王戦をテーマにしていたものを書いていた。

竜王戦1組で、森内俊之名人がランキング戦と呼ばれる1組の優勝者を決める本戦の1回戦で、今期1組の昇級してきたばかりの新鋭松尾歩七段に敗退、さらに1回戦敗退組の敗者復活戦である5位決定戦でも中原誠16世名人に敗れ、次年度2組に降級となる4人の一人に入ってしまったということをテーマに書いていた。

夜11時過ぎに書き始め、七割方書いたあたりで、不覚にもパソコンの前で寝入ってしまい、2時間ほどたって目覚めた時には、パソコンの方もスリープ状態。
今使っているノートパソコンは、スリープ状態の解除がうまくいかず、困っていたところだった。

スリープの黒い画面の後ろの隠れているはずの書きかけの記事はとうとう復活できずに終わる。

竜王戦の記事については、敗者が降級となる5位決定戦1回戦があと2局残っており、その1うちの1局がなんと羽生善治二冠(ランキング戦1回戦深浦康市王位に敗退)対谷川浩司九段(同、鈴木大介八段に敗退)というゴールデンカード。その結果を確認してから改めて書くことにしたい。
(2008年3月31日記)

|

« 将棋第33期棋王戦5番勝負第5局は、佐藤康光棋王が挑戦者の羽生善治二冠を破りタイトル防衛を果たし二冠を死守 | トップページ | 辞書の季節、金田一春彦さんの理想の辞書の新版 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森内俊之名人の竜王戦1組陥落の記事を書きかけのまま眠ってしまった3月30日:

« 将棋第33期棋王戦5番勝負第5局は、佐藤康光棋王が挑戦者の羽生善治二冠を破りタイトル防衛を果たし二冠を死守 | トップページ | 辞書の季節、金田一春彦さんの理想の辞書の新版 »