« 細野康弘著『小説会計監査』を読み始める | トップページ | 将棋、棋王戦の不思議 »

2008年3月12日 (水)

ようやくコートを脱ぐ、少し暖かくなった

今年は3月に入っても寒さがゆるまず、そのせいか、久しぶりに38℃を超える熱を出して会社を休む羽目になってしまった。
しかし、昨日は朝方もずいぶん暖かくなったように思え、出勤時のコートももういらないかなという感じだったので、今朝からコートを着ずに出勤した。夕方の帰宅時は、少し寒いかなとも思ったが、耐えられないほどでもなかった。
1ヵ月ほど前に作った去年と今年の東京の最低気温の比較のグラフにその後のデータを入力してみた。

(グラフ)東京の最低気温推移

赤い線が去年(2007年)の東京の最低気温の推移。青い線が今年である。3月上旬まで、去年の方が最低気温が高かったが、ここ数日、ようやく今年の方が上回るようになってきている。
また、最低気温のレベルもようやく6℃を超えるようになってきており、少し暖かくなったとう感覚も間違いではないようだ。
昨年は3月下旬になると最低気温が10℃前後まで一気に上がっているが、今年はどうなるだろうか。できれば、このまま暖かくなってほしいものである。

| |

« 細野康弘著『小説会計監査』を読み始める | トップページ | 将棋、棋王戦の不思議 »

気象」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやくコートを脱ぐ、少し暖かくなった:

« 細野康弘著『小説会計監査』を読み始める | トップページ | 将棋、棋王戦の不思議 »