« 第66期将棋名人戦、森内俊之名人対羽生善治二冠の戦い始まる、2人のタイトル戦は11回目 | トップページ | 第79期棋聖戦挑戦者決定トーナメント準決勝の郷田真隆九段×羽生善治二冠戦は4月17日に対局 »

2008年4月10日 (木)

第66期将棋名人戦第1局は森内俊之名人が勝利、100戦まであと8戦

将棋の第66期名人戦7番勝負第1局は、昨日(2008年4月9日)までの2日間、東京で行われ、森内俊之名人が羽生善治二冠を降し、初戦を白星で飾った。

昨日は、夜、飲み会があり、家に帰って確認した時には、すでに勝負はついていた。
名人戦棋譜速報で、指し手を再生したが、素人目には、後手になった羽生二冠が、誰も角交換と思ったところで、角を取るのに飛車切りを断行したところが、やや性急だったように思えた。

これで2人の対戦成績は92戦で森内名人の42勝50敗、勝率0.4565となった。

あと8戦で100戦となる。100戦は、双方がトップ棋士であることの証明である。通常、年間で同じ棋士と対戦するのは、5局もあれば多い方だろう。年5局平均で20年、それも双方が同程度のレベルの場合である。
現実には、100戦を達成するには、7番勝負、5番勝負というタイトル戦で、何度も戦わないことには、簡単には達成できない数字である。

過去90戦以上戦われた組合せは、将棋連盟のホームページによれば、以下の通り。

順位 対局数 棋士名 対戦成績 棋士名 持将棋
1 187 中原誠 106-80 米長邦雄 1
2 167 大山康晴 96-70 升田幸三 1
3 162 大山康晴 116-45 二上達也 1
3 162 中原誠 107-55 大山康晴 0
5 *157 羽生善治 95-62 谷川浩司 0
6 *133 羽生善治 87-46 佐藤康光 0
7 124 大山康晴 78-46 加藤一二三 0
8 *109 中原誠 67-41 加藤一二三 1
9 104 米長邦雄 63-41 加藤一二三 0
9 104 大山康晴 58-46 米長邦雄 0
11 *98 谷川浩司 56-42 中原誠 0
12 94 二上達也 49-45 加藤一二三 0
13 *93 内藤國雄 49-44 有吉道夫 0
14 *92 羽生善治 50-42 森内俊之 0

*印は現役棋士同士

羽生-森内戦の92局は、現在歴代14位。この名人戦で最低でもあと3局、フルセットにもつれ込めばあと6局戦う。
現時点では、現役棋士同士の組合せで最も多いのが、羽生-谷川戦の157局、次いで羽生-佐藤戦の133局であるが、羽生-森内戦がどこまで迫り、追い抜けるのか。そのためには、双方が一定数のタイトルを常に保持し、また相手方が予選トーナメントやリーグ戦を勝ち抜き、挑戦者になり続ける必要がある。

歴代1、2位を占める同世代での宿命のライバル対決、中原-米長戦の187局、大山-升田戦の167局に肩を並べられるのは、やはり羽生-佐藤戦なのか、それとも羽生-森内戦になるのか、それも興味のあるところだ。

|

« 第66期将棋名人戦、森内俊之名人対羽生善治二冠の戦い始まる、2人のタイトル戦は11回目 | トップページ | 第79期棋聖戦挑戦者決定トーナメント準決勝の郷田真隆九段×羽生善治二冠戦は4月17日に対局 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/40844225

この記事へのトラックバック一覧です: 第66期将棋名人戦第1局は森内俊之名人が勝利、100戦まであと8戦:

» 名人戦第一局 [即席の足跡《CURIO DAYS》]
おとといから始まった、共催元年の名人戦。 素晴らしい熱戦で、大いに盛り上がりました。 残念ながらリアルタイムではなかったけど、 NHKBS録画で帰ってからゆっくりじっくり楽しみました。 いろんなところで書かれていますけど、shogitygooさんの記事、《名人戦第一局 森内の▲2七飛と羽生の△8六飛》、さすがです。 二人の心理状態を鋭く分析しています。 (shogitygooさんの語り口で書きますが、) オンエアーの中で、 毎日新聞副立会人の先崎学が語った、 今回の羽生挑戦者の印象に関するコメ... [続きを読む]

受信: 2008年4月11日 (金) 02時27分

« 第66期将棋名人戦、森内俊之名人対羽生善治二冠の戦い始まる、2人のタイトル戦は11回目 | トップページ | 第79期棋聖戦挑戦者決定トーナメント準決勝の郷田真隆九段×羽生善治二冠戦は4月17日に対局 »