« 福岡伸一著『プリオン説はほんとうか?』を読み始める | トップページ | 福岡伸一著『プリオン説はほんとうか?』を読み終わり、内田樹著『街場の現代思想』を読み始める »

2008年4月21日 (月)

久しぶりに減量を意識して日比谷公園から竹橋まで歩く

昨年(2007年)は、岡田斗司夫さんの『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)に触発され、9月の初めから岡田式レコーディングダイエットを始め、70kg台だった体重を12月の半ばには63kg台まで落とすことができた。
いったんそこで、レコーディングダイエットをやめたこと、その後、忘年会シーズンとなり、さらに帰省で食べるが動かないということが重なり年末年始には65kg台までリバウンドした。
さらに寒さが厳しくなったことと、仕事も少し忙しくなったこともあって、職場からの帰りの30分程のウォーキングもなかなか毎日というところまでは元気がなく、体重を63kg台に戻すまでには至らず、現在に至るまで65kg台での現状維持が続いている。

4月も下旬を迎え、だいぶ暖かくなり、日も長くなってきたので、先週から日比谷界隈での仕事ということもあって、久しぶりに日比谷公園から約30分かけて、竹橋のパレスサイドビルまで歩いた。

今週も明日と金曜日に飲み会があるので、一直線に減量を進めるのは難しいと思うけれど、そろそろ現状維持の線を多少なりとも、減少の方向に変えていきたい。

今年の目標は、体重をあと3kg減らし62kg台、BMIを22台にして、それを維持できるようにしたい。

|

« 福岡伸一著『プリオン説はほんとうか?』を読み始める | トップページ | 福岡伸一著『プリオン説はほんとうか?』を読み終わり、内田樹著『街場の現代思想』を読み始める »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに減量を意識して日比谷公園から竹橋まで歩く:

« 福岡伸一著『プリオン説はほんとうか?』を読み始める | トップページ | 福岡伸一著『プリオン説はほんとうか?』を読み終わり、内田樹著『街場の現代思想』を読み始める »