« BlogranKing.net(ブログランキング ドット ネット)のサブカテゴリ「日記:40代~」で再び2位に | トップページ | バレーボール男子全日本、北京オリンピック世界最終予選で、16年ぶりのオリンピック出場を決める »

2008年6月 6日 (金)

第66期将棋名人戦第5局は、森内俊之名人が羽生善治二冠を破り、カド番をしのぐ

昨日(2008年6月5日)から、山梨県甲府市で行われていた第66期将棋名人戦七番勝負第5局は1勝3敗でカド番に追い詰められていた森内俊之名人が勝って、対戦成績を2勝3敗とし、シリーズの決着は第6局以降に持ち越されることとなった。

将棋の内容は、先手番の森内名人が飛車先の歩を互いに伸ばす相掛かりの戦法を採用。素人目に見ると、終始、森内名人のペースで、いつの間にか名人が優勢と築いていたという展開だ。最後は、自玉も決してえ余裕のある状態ではなかたものの、羽生玉を、守りの金銀から引き離し、持ち駒にしていた金3枚で追い詰め、羽生二冠の投了となった。

これで成績は2勝3敗。森内名人から見て○●●●○という展開である。第6局目までは、先手・後手が交互に入れ替わるので、第3局を除いて先手が勝っている。森内名人が先手で敗戦した福岡での第3局は、途中まで森内名人が圧倒的な優位を築いていながら、羽生二冠の粘りが大逆転を呼び込んだ。
そもそも、力が拮抗しているトッププロ同士の対戦なので、先手・後手のわずかな差も、勝敗に影響する。森内名人にとっては、今日の勝利はむしろ計算のうちで、問題は羽生二冠先手の第6局であろう。第3局の借りを返せるか。

羽生二冠としては、自分が先手の第6局で決めたいだろう。負けて、3勝3敗となれば、第7局の先手・後手は再度振り駒で決める。どちらが先手をなるかは神のみぞ知る世界。自分の先手で、主導権が握れる第6局で決めに来るだろう。

第6局は、6月16(月)・17日(火)の両日、将棋の駒の産地でもある山形県天童市で行われる。

|

« BlogranKing.net(ブログランキング ドット ネット)のサブカテゴリ「日記:40代~」で再び2位に | トップページ | バレーボール男子全日本、北京オリンピック世界最終予選で、16年ぶりのオリンピック出場を決める »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/41449094

この記事へのトラックバック一覧です: 第66期将棋名人戦第5局は、森内俊之名人が羽生善治二冠を破り、カド番をしのぐ:

« BlogranKing.net(ブログランキング ドット ネット)のサブカテゴリ「日記:40代~」で再び2位に | トップページ | バレーボール男子全日本、北京オリンピック世界最終予選で、16年ぶりのオリンピック出場を決める »