« 朝日新聞の書評「マンスリー・ブックマーク」で松村由利子さんの『語りだすオブジェ』が紹介される | トップページ | 将棋の第79期棋聖戦5番勝負第4局は、挑戦者の羽生善治名人が連勝、タイトルの行方は最終第5局に持ち越し »

2008年7月 7日 (月)

『将棋世界』「初段コース」3回めの結果は4問中2問正解の200点、初段まであと2問200点

一昨日、『将棋世界』「初段コース」3回めの採点結果が返送されてきた。2回目の結果が1門正解のみと出来が悪かったので、3回めの時は、何回も並べなおして、納得するまで、考えて提出した。悪くても3問正解と思っていたが、結果は2問だった。

やはり、何事も有段者になるのは簡単ではないと言うことだろう。残りは2問。2問正解は、これまで3回の平均でもあり、できないレベルではない。何とか、4回めで決めたいと思っている。

羽生新名人の誕生で、免状の署名者は、森内名人・渡辺竜王の組み合わせから、羽生名人・渡辺竜王の組み合わせに変わった。どうせ、免状に署名してもらうなら、羽生名人の方がいいかなどと、8問正解に達する前から考えている。

いずれにしても、あと2問。今週末には、しっかり考えて応募しようと思う。

過去の関連記事
2008年4月6日:将棋のアマチュア初段のチャレンジ開始
2008年5月3日:『将棋世界』の「初段コース」の第1回応募の結果は4問中3問正解の300点
2008年6月10日:『将棋世界』「初段コース」2回めの結果は4問中1問正解の100点、初段まであと4問400点

|

« 朝日新聞の書評「マンスリー・ブックマーク」で松村由利子さんの『語りだすオブジェ』が紹介される | トップページ | 将棋の第79期棋聖戦5番勝負第4局は、挑戦者の羽生善治名人が連勝、タイトルの行方は最終第5局に持ち越し »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/41769309

この記事へのトラックバック一覧です: 『将棋世界』「初段コース」3回めの結果は4問中2問正解の200点、初段まであと2問200点:

« 朝日新聞の書評「マンスリー・ブックマーク」で松村由利子さんの『語りだすオブジェ』が紹介される | トップページ | 将棋の第79期棋聖戦5番勝負第4局は、挑戦者の羽生善治名人が連勝、タイトルの行方は最終第5局に持ち越し »