« 今日から南房総 | トップページ | 南房総から戻る »

2008年8月22日 (金)

北京オリンピック、陸上日本男子4×100mリレー(4継)銅メダルの快挙!

日本の四継チーム、塚原・末続・高平・朝原の4人がとうとうやってくれた。
北京オリンピックの4×100mリレー決勝で、ジャマイカ、トリニダード・トバコに次いで3位に入り、日本男子の陸上トラック種目で初のメダルを獲得した。

アメリカを始め、メダル候補国数チームがバトンミスなどで予選落ちし、日本は予選3位の記録での決勝進出とはいえ、何が起こるかわからないのがこの種目。
日本チームの4人は、この千載一遇とも言えるチャンスを見事につかみ取り、日本の陸上競技の歴史に新たな1ページを記した。

このブログでも紹介した佐藤多佳子著『夏から夏へ』でも4人がどのような思いでこの北京オリンピックを目指して来たか語られている。
中でも、最年長でこれまで日本の短距離界を支えて来たアンカーの朝原にとっては、年齢的にも最後のチャンスで、これまでもあと一歩のところまで迫りながら届いていなかっただけに、感慨ひとしおだろう。

夏から夏へ
夏から夏へ

北京オリンピックで日本が獲得したメダルの中で、その獲得の難しさを考えれば、最も価値の高いメダルではないかと思う。

栄光の銅メダリスト4人に「おめでとう」と「ありがとう」の言葉を捧げたい。

| |

« 今日から南房総 | トップページ | 南房総から戻る »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック、陸上日本男子4×100mリレー(4継)銅メダルの快挙!:

« 今日から南房総 | トップページ | 南房総から戻る »