« 将棋第49期王位戦七番勝負第3局は後手番の深浦康市王位が挑戦者羽生名人を破りタイトル防衛に一歩前進 | トップページ | 第2回ネット将棋最強戦準決勝、郷田真隆九段は渡辺明竜王に敗れ、二連覇ならず »

2008年8月 2日 (土)

将棋第67期順位戦B級1組は4回戦を終え、全勝がなくなり混沌とした状況に

定員13名でA級昇級の2つの枠を争うB級1組。1年かけて13名の総当たりリーグ戦を戦う。

昨日(2008年8月1日)は、王位戦の第3局と並んでそのB級1組の4回戦が行われた。組み合わせは次の通り。
【東京】
▲行方尚史八段(1勝2敗)-△杉本昌隆七段(2勝1敗)
▲高橋道雄九段(1勝2敗)-△森下卓九段(2勝1敗)
▲渡辺明竜王(1勝2敗)-△北浜健介七段(1勝1敗)
△阿部隆八段(1勝2敗)-▲屋敷伸之九段(2勝0敗)
△堀口一史座七段(1勝2敗)-▲井上慶太八段(2勝1敗)
【大阪】
▲畠山 鎮七段(1勝1敗)-△山崎隆之七段(1勝2敗)
<久保利明八段(2勝1敗)は抜け番>

定員が奇数なので、毎回、順に1人だけ対局のない棋士がおり、それが「抜け番」と呼ばれている。
すでに、3回戦を終えた時点で3連勝の棋士はおらず、3回戦が「抜け番」だった2連勝の屋敷伸之九段が全勝を守れるかどうかも、ひとつのポイントだった。

6局の対局のうち、渡辺竜王vs北浜七段戦が「持将棋(引き分け)」による指し直しとなり、指し直し局は日付が変わった8月2日午前1時49分に開始、空が明るくなった午前4時55分に終わった。 すでに持将棋となった対局を1日午前10時から2日の午前1時19分まで戦った上で、30分休憩が入るとはいえ更に約3時間。並の体力と集中力では勤まらないだろう。(この2日に渡る激戦は、渡辺竜王が制した)

各局の結果は以下の通りとなった。
畠山鎮七段(1勝2敗)●-○山崎隆之七段(2勝2敗)
高橋道雄九段(2勝2敗)○-●森下卓九段(2勝2敗)
屋敷伸之九段(2勝1敗)●-○阿部隆八段(2勝2敗)
井上慶太八段(3勝1敗)○-●堀口一史座七段(1勝3敗)
行方尚史八段(1勝3敗)●-○杉本昌隆七段(3勝1敗)
北浜健介七段(1勝2敗)●-○渡辺 明竜王(2勝2敗)

2連勝だった屋敷九段が阿部八段に敗れ、全勝が消えた。
現時点での昇級レースを、勝ち星に並べると

3勝1敗
井上慶太八段(8)、杉本昌隆七段(9)
2勝1敗
久保利明八段(1)、屋敷伸之九段(13)
2勝2敗
高橋道雄九段(3)、渡辺明竜王(4)、阿部隆八段(5)、森下卓九段(10)、山崎隆之七段(12)
1勝2敗
畠山鎮七段(6)、北浜健介七段(8)
1勝3敗
行方尚史八段(2)、堀口一史座七段(7)

すでに、全勝も全敗もいなくなり、4回戦終了時で全勝(4勝2名、3勝1名)が3名、全敗1名がいた前期とは様相が違っている。

この13名の中から、誰が抜け出してA級の2つの椅子を手にするのか、また心ならずもB級2組への降級することになるのは誰か、まだまだどちらも全員に可能性があると言えるだろう。

|

« 将棋第49期王位戦七番勝負第3局は後手番の深浦康市王位が挑戦者羽生名人を破りタイトル防衛に一歩前進 | トップページ | 第2回ネット将棋最強戦準決勝、郷田真隆九段は渡辺明竜王に敗れ、二連覇ならず »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/42045479

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋第67期順位戦B級1組は4回戦を終え、全勝がなくなり混沌とした状況に:

« 将棋第49期王位戦七番勝負第3局は後手番の深浦康市王位が挑戦者羽生名人を破りタイトル防衛に一歩前進 | トップページ | 第2回ネット将棋最強戦準決勝、郷田真隆九段は渡辺明竜王に敗れ、二連覇ならず »