« 将棋の第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局は木村一基八段が羽生善治名人を破り1勝1敗に | トップページ | 第56期王座戦五番勝負第1局は、羽生善治王座が挑戦者木村一基八段を破り、17連覇に向け好発進 »

2008年9月 4日 (木)

サブプライム問題につき、その構造と原因を分析した「金融市場戦略チーム」の第一次、第二次報告書を見つける

米国のサブプライムローン問題が騒がれるようになってほぼ1年が経過した。
米国の景気減速に伴って低所得者向けの住宅ローン「サブプライムローン」の延滞率が上がり、そのサブプライムローンを証券化した運用商品(有価証券)を購入していた世界各国の投資家が評価損の計上を余儀なくされ、中には破綻するところも出てきたという程度の認識しかなかった。
もう少し詳しく理解しなければいけないと常々思っていたが、新聞を読んでも、ただいま現在目の前で起きていることの報道だけで、この世界中に飛び火した事件の構造を説明してくれるような記事は見たことがないし、書店にはあまたの解説本が並ぶが、どの本が素人向きの解説書と信頼がおけ、わかりやすいのか見極めきれず、結局、理解が進まないままだった。

仕事で、いろいろ調べていたら、ようやく素人にもよく分かるように書かれたレポートを見つけた。
2007年9月に渡辺喜美金融担当大臣の私的諮問機関として民間の実務家等を中心に発足した「金融市場戦略チーム」がまとめた2回の報告書である。2007年11月に第一次報告書、さらに2008年6月に第二次報告書がまとめられたもので、現在、金融庁のホームページで公開されている。
特に、第一次報告書は、2007年9月からスタートしたが、11月までの3ヵ月間に証券会社、格付会社、機関投資家等から勢力的にヒアリングそして議論を行ってまとめられたもので、わかりにくいサブプライム問題の構造・構図というものをポイントを整理しまとめている。さらに、原因の分析、今後、マーケットを正常化していくために取り得る施策の提言まで行っており、その提言の多くはその後の国際的な検討でまとめられた対応策の中に反映されたようである。

この報告書を読むと、サブプライム問題は、冒頭に私が書いたほど単純な構図ではない。第一次報告書の概要にまとめられている主要な役割だけを並べてみても、
①サブプライムローンの借り手
②サブプライムローンの貸し手
③貸し手からローンを買い取って証券化商品を組成した銀行等
④証券化商品に格付をした格付会社
⑤証券化商品の販売者
⑥証券化商品を購入した投資家
の6つの役割があり、それが複雑に絡み合っている。(その後、証券化商品の償還を保証した保険会社=モノラインも登場するが、2007年11月時点ではその存在まではあぶり出されていない)
さらに、証券化商品を運用する仕組みとして、長期運用である証券化商品を担保にした短期の資金調達を行うコマーシャルペーパー(CP)を発行するという手法が広まっており、そのCPの償還に問題が生じた場合の償還を保証する(流動性補完)を金融機関等が行っている。

大勢の利害関係者が、サブプライムローンという米国の高リスクの住宅ローンのリスクを分散して負担していたことになるが、サブプライムローンの延滞率の上昇というリスクの増加が、この世界中に張り巡らされたリスク負担の連鎖に、増幅して伝わり、数多くの破綻を招き、現在もまだ解決していないということであろう。

この問題に関心のある方は、報告書を一読されることをお勧めしたい。

<リンク>
第一次報告書の概要
第一次報告書
第二次報告書の概要
第二次報告書

|

« 将棋の第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局は木村一基八段が羽生善治名人を破り1勝1敗に | トップページ | 第56期王座戦五番勝負第1局は、羽生善治王座が挑戦者木村一基八段を破り、17連覇に向け好発進 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/42383391

この記事へのトラックバック一覧です: サブプライム問題につき、その構造と原因を分析した「金融市場戦略チーム」の第一次、第二次報告書を見つける:

» 国内金融機関サブプライム損失減少 ここは無理してでも [ハズレ社会人]
オツカレです。 ようやく峠を越え、底が見え始めたのだろう。 [東京 4日 ロイター] 金融庁は4日、国内の預金取扱金融機関のサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)関連商品を含む証券化商品の2008年6月末の残高が23兆5030億円で、関連損失(... [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 10時14分

» 国有化しかないのか?米政府系住宅金融機関 [ハズレ社会人]
オツカレです。 遂にアメリカ連邦政府が動くことになった。 [ワシントン 5日 ロイター ] 米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は5日、関係者の話として、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)(FNM.N: 株価, 企業情報, レポート)と連邦住宅貸付抵当公社(フレデ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 00時15分

» テーマと文献の分担結果 [One fine days]
テーマ : サブプライムローン問題の原因とその見込み [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 17時31分

» 文献の要約と論評 (担当分) [One fine days]
文献リスト [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 14時15分

« 将棋の第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局は木村一基八段が羽生善治名人を破り1勝1敗に | トップページ | 第56期王座戦五番勝負第1局は、羽生善治王座が挑戦者木村一基八段を破り、17連覇に向け好発進 »