« 激闘、第67期A級順位戦3回戦第5局は木村一基八段が持将棋指し直しの末、佐藤康光棋王を破りA級での連敗を止める | トップページ | 気にかかる中原誠十六世名人の休場 »

2008年9月26日 (金)

深浦康市王位、羽生善治四冠を破り、王位タイトルを防衛

将棋の第49期王位戦七番勝負最終局は、深浦康市王位が挑戦者羽生善治四冠の終盤の激しい攻めを凌ぎきり、勝利をつかみ取り王位タイトルの防衛を果たした。
羽生善治四冠の二度めの七冠制覇を阻止するとともに、準タイトルだった朝日オープンを含めタイトル獲得3期となり、九段昇段を果たした。

深浦王位にとって、今期ここまで38戦して28勝10敗で勝率0.7368、特に最近10局では9勝1敗と絶好調で、二度目の七冠制覇もあり得るのではと思われていた羽生四冠(名人・棋聖・王座・王将)を相手に防衛を果たしたことは、大きな自信になるに違いない。

これまでの、将棋界のタイトル戦で2年連続で羽生四冠と対戦し、2年連続で勝利したケースはそう多くはない。
過去の例を探すと 第43期王位戦(2002年度、奪取)・第44期(2003年度、防衛)の谷川浩司王位(当時)と第62期(2004年度、奪取)・63期(2005年度、防衛)名人戦での森内俊之名人(当時)の2回だけではないかと思う。今回の深浦王位は、昨年の48期が奪取、今期49期が防衛のケースが3回めということになる。

挑戦者決定の仕組み上、前期のタイトル戦の敗者が、翌年度の挑戦者決定リーグに留まる名人戦・王位戦・王将戦の場合は、羽生四冠は前期のタイトル戦で敗れても、翌期も挑戦者として勝ち上がってくることも多く、中でも王将戦では谷川浩司現九段に対し第44期(挑戦失敗)・第45期(奪取、七冠達成)、佐藤康光現棋王には第51期(失冠)・第52期(奪還)、森内俊之九段に対し第53期(失冠)、第54期(奪還)と、2回目には必ずタイトルを奪っている。また、前期タイトル戦敗者にさほどアドバンテージのない竜王戦でも、当時の藤井猛竜王に対し第13期(挑戦失敗)、第14期(奪取)と2回めにはタイトルを奪った。

まして、タイトル戦でタイトルを奪い翌期も同じ相手の挑戦を退ける、あるいは羽生四冠が自らタイトル保有者で、2年連続で同じ挑戦者の挑戦を退けるという2連覇のケースは数多くある。

そのような羽生四冠のタイトル戦での過去の歴史を見ると、深浦王位の羽生四冠を相手にした王位タイトルの奪取と防衛という戦績は、谷川九段(17世名人)、森内九段(18世名人)という2人の永世名人有資格者に並ぶ偉業ということになる。
この防衛により、本日付で九段昇段も果たし、残留・定着を切望するA級の中でも、三浦弘行八段、木村一基八段、鈴木大介八段に先んじる形となった。

この羽生四冠を破っての王位タイトル防衛、九段昇段という2つの成果が自信となって、深浦王位は念願のA級残留も果たすのではないかと思っているのだが、さて来年3月の結果はどうなるだろうか。

|

« 激闘、第67期A級順位戦3回戦第5局は木村一基八段が持将棋指し直しの末、佐藤康光棋王を破りA級での連敗を止める | トップページ | 気にかかる中原誠十六世名人の休場 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/42601719

この記事へのトラックバック一覧です: 深浦康市王位、羽生善治四冠を破り、王位タイトルを防衛:

» 深浦王位が防衛、そして日レス杯決勝など。 [メタボとさよならをめざすブログ]
王位戦七番勝負の第7局は、26日18時41分、100手にて深浦康市王位の勝ちとなり、4勝3敗で初防衛に成功しました。 また、深浦王位は26日付で九段に昇段したと、日本将棋連盟が発表したそうです。おめでとうございます。{/hakushu/} 道新スタッフブログの方も、併せてご覧ください。 正直言って、とても難解な将棋でした。 私の棋力では「何も言えねぇ(笑)」ということで、逃げたいところなんですが、一つだけ。 「(67手目の)▲2三桂不成! ひえええぇ! マジック?」 羽生名人にとっては残念な結... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 03時01分

» 七冠ロードひとまず休憩 [即席の足跡《CURIO DAYS》]
王位戦第七局、大熱戦でした。 昨日は会議や打ち合わせから席に戻るたびにチェックしてました。 北海道新聞のスタッフブログは、ほんと、親切です。写真もたくさんアップしてくれてるし、レポート、控え室の見解なども頻繁に更新。 他のネット中継と違い、封じ手、食事だけでなく、 「会議だよ、全員集合」とか、「忙中閑1・箱根観光の人気スポットは芦ノ湖」とか、写真入りの内輪ネタが織り交ぜられているのがユニークでグーです。 そして、今回は、控え室カメラ、生音声もあり、臨場感満点でした。 見ているファンを楽しませる... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 14時30分

» 羽生の再七冠の野望を打破、深浦王位が名局で七番勝負制する [Return to Forever]
 深浦王位自身の名局だった。雌雄を決する七番勝負の最終局、先手となった羽生の意向 [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 16時45分

« 激闘、第67期A級順位戦3回戦第5局は木村一基八段が持将棋指し直しの末、佐藤康光棋王を破りA級での連敗を止める | トップページ | 気にかかる中原誠十六世名人の休場 »