« 将棋の王将戦挑戦者決定リーグ戦が3回戦まで終了、2勝の佐藤康光棋王を2勝1敗の郷田真隆九段が追う展開 | トップページ | 2008年も10月下旬から一気に肌寒い季節に、気温推移グラフを見る »

2008年10月31日 (金)

将棋第21期竜王戦七番勝負第2局も挑戦者羽生善治名人が渡辺明竜王を破り2連勝

昨日(2008年10月30日)、今日(10月31日)の2日にわたり、北海道の洞爺湖畔で行われた第21期竜王戦七番勝負第2局は、先手番の挑戦者の羽生名人が渡辺竜王を破り2連勝とした。

相矢倉の将棋は、後手の渡辺竜王が端攻めを狙う展開。駒損と引き替えに、手番を持って先攻し、羽生玉の矢倉囲いをバラバラのすることには成功するが、一気に詰ますまでには至らない。一方、羽生玉と対峙する形の渡辺陣の左側6筋から9筋のの銀・桂馬・香車・歩が全て、飛車・角も捌けた反面、渡辺陣の6筋~9筋にスペースができたため、羽生名人はその空間に飛車を打ち込み、渡辺玉の矢倉囲いを横から攻める。
一時、羽生優勢と言われた局面を、渡辺竜王の頑張りで一手違いのところまでは挽回したものの、最後は羽生名人の寄せがまさり、渡辺竜王の投了となった。

これで、羽生名人の2連勝。自らが先手番で迎える第3局で、渡辺竜王が勝って、星をひとつかえせるかどうか。第3局も敗れるようだと、渡辺竜王の防衛もかなり苦しくなるだろう。
過去に羽生名人が登場したタイトル戦の結果について、「将棋タイトル戦」のホームページでざっと眺めて見ると、7番勝負の場合、羽生2連勝でスタートしたシリーズ挑戦であれ、防衛戦であれは全て勝利している。 5番勝負では、唯一棋王戦13連覇がかかった第28期棋王戦(2002年度)での挑戦者丸山忠久九段との5番勝負だけが、2連勝後、3連敗でタイトル防衛に失敗し、連覇が途切れている。

一方、渡辺竜王は前々期の第19期竜王戦七番勝負でも、挑戦者の佐藤康光棋聖(当時)に2連敗を喫しながら、その後3連勝。最終的にフルセットの末、4勝3敗で防衛した経験もある。今回、羽生名人を相手にそれが再現できるかどうか、渡辺竜王の真価が問われる。

第2局の棋譜は→こちら

|

« 将棋の王将戦挑戦者決定リーグ戦が3回戦まで終了、2勝の佐藤康光棋王を2勝1敗の郷田真隆九段が追う展開 | トップページ | 2008年も10月下旬から一気に肌寒い季節に、気温推移グラフを見る »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/42969620

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋第21期竜王戦七番勝負第2局も挑戦者羽生善治名人が渡辺明竜王を破り2連勝:

« 将棋の王将戦挑戦者決定リーグ戦が3回戦まで終了、2勝の佐藤康光棋王を2勝1敗の郷田真隆九段が追う展開 | トップページ | 2008年も10月下旬から一気に肌寒い季節に、気温推移グラフを見る »