« 第67期将棋A級順位戦4回戦、佐藤棋王vs丸山九段戦、深浦王位vs藤井九段戦同日開催で全勝が消え、挑戦者争いは混沌 | トップページ | 羽生善治名人の活躍で「blogranKing.net(ブログランキング ドット ネット)」の「日記」カテゴリの サブカテゴリ「40代~」で1ヵ月間「2位」をキープ »

2008年10月11日 (土)

将棋の第67期順位戦B級1組7回戦終了、久保利明八段が5勝1敗で単独トップをキープ、杉本昌隆七段・屋敷伸之九段が4勝2敗で続く

昨日の対局の組み合わせと結果は以下の通りだった。(左側が先手)

屋敷伸之九段(4勝2敗)○-●山崎隆之七段(3勝4敗)
井上慶太八段(4勝3敗)●-○行方尚史八段(3勝4敗)
渡辺 明竜王(4勝3敗)○-●森下 卓九段(2勝4敗)
高橋道雄九段(3勝3敗)○-●阿部 隆八段(4勝3敗)
久保利明八段(5勝1敗)○-●畠山 鎮七段(2勝4敗)
北浜健介七段(2勝3敗)●-○堀口一史座七段(1勝5敗)
<杉本昌隆七段(4勝2敗)は抜け番で対局なし>

私が今期のB級1組で注目している屋敷九段は、今期ともにB級2組から昇級した山崎七段との対戦。後手山崎九段が一手損角換わりを選択。角交換後は、お互い相矢倉模様になったが、手持ちの角を山崎陣に打ち込み、馬作りの成功した屋敷九段が主導権を握り、最後は、その馬を切って山崎玉を左右から挟撃。受けなしとなった山崎七段の投了となった。屋敷九段は4勝2敗とし、順位13位の幕尻ながら昇級レースに踏みとどまった。

渡辺竜王と森下九段の対戦は、相矢倉から渡辺竜王は穴熊に組み替え。自陣の守りを固めた上で、先手の渡辺竜王が果敢に攻めかける。最後は飛車・角が竜・馬となり森下玉に迫る。穴熊の渡辺玉は遙かに遠く、自玉の受けがなくなった森下九段が投了。渡辺竜王は白星先行の4勝3敗とした。

4勝1敗でトップを走る久保八段は、畠山鎮七段との対戦。途中、膠着状態となる場面もあったが、畠山玉の守りの金銀を久保八段が3枚の桂馬を使って玉から引き離し、投了に追い込んだ。

7回戦終了後の成績は以下の通りとなった。
5勝1敗:久保利明八段(1)
4勝2敗:杉本昌隆八段(11)、屋敷伸之九段(13)
4勝3敗:渡辺明竜王(4)、阿部隆八段(5)、井上慶太八段(9)
3勝3敗:高橋道雄九段(3)
3勝4敗:行方尚史八段(2)
2勝4敗:畠山鎮七段(6)、北浜健介七段(8)、森下卓九段(10)
2勝5敗:堀口一史座七段(7)

久保八段が引き続き単独トップをも守っている。A級からの降級直後で順位1位ということもあり、残り6戦を2勝1敗ペースをキープし9勝3敗で終えられればA級復帰は可能だろう。
4勝2敗の杉本八段、屋敷九段はともに順位が下位なので、昇級については、上位の3敗者と同列というところだろう。
今後の対戦表を見ると、10回戦:渡辺竜王vs久保八段戦、12回戦:渡辺竜王vs屋敷九段戦、最終13回戦:屋敷九段vs杉本七段戦などの対戦が残っている。まだまだ、今後の結果次第では、波乱もあるだろう。

|

« 第67期将棋A級順位戦4回戦、佐藤棋王vs丸山九段戦、深浦王位vs藤井九段戦同日開催で全勝が消え、挑戦者争いは混沌 | トップページ | 羽生善治名人の活躍で「blogranKing.net(ブログランキング ドット ネット)」の「日記」カテゴリの サブカテゴリ「40代~」で1ヵ月間「2位」をキープ »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/42749901

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋の第67期順位戦B級1組7回戦終了、久保利明八段が5勝1敗で単独トップをキープ、杉本昌隆七段・屋敷伸之九段が4勝2敗で続く:

» 女流王位戦第1局など [メタボとさよならをめざすブログ]
女流王位戦の五番勝負第1局の結果です。     ▲石橋幸緒女流王位vs△清水市代倉敷藤花・女流王将     午後6時34分、89手で石橋女流王位の勝ちとなりました。 棋譜や対局者の一言などは、こちらで確認してください。 後手番の清水女流二冠が序盤早々、右四間飛車急戦で仕掛けたのに対し、石橋女流王位は、19手目で▲5五金{/kuri_3/}と、面白い受けを見せました。 以後少しずつ先手ペースとなり、最後は一気に寄せきって勝利。事前の「絶不調」説{/kuri_5/}を吹き飛ばすような快勝{/ku... [続きを読む]

受信: 2008年10月11日 (土) 09時12分

« 第67期将棋A級順位戦4回戦、佐藤棋王vs丸山九段戦、深浦王位vs藤井九段戦同日開催で全勝が消え、挑戦者争いは混沌 | トップページ | 羽生善治名人の活躍で「blogranKing.net(ブログランキング ドット ネット)」の「日記」カテゴリの サブカテゴリ「40代~」で1ヵ月間「2位」をキープ »