« 第21期竜王戦七番勝負第1局パリ決戦は、挑戦者羽生善治名人の勝利 | トップページ | 第21期竜王戦第1局【梅田望夫観戦記】を読んで「人間が人間と戦う将棋の面白さ」を考える »

2008年10月20日 (月)

西島三重子のワーナーパイオニア時代の新しいベスト盤『西島三重子スーパーベストコレクション』を購入

学生時代によく聴いていた歌手西島三重子の曲を改めて聴くようになって半年ほど。私がよく聴いていたのは1980年前後ということで、当時はまだアナログレコードの時代。買い揃えたのは全てLP。彼女は、デビュー時に所属していたワーナー・パイオニアからテイチクに移籍した直後だった。
以前もこのブログに書いたが、彼女自身の年齢の変化もあると思うが、ワーナーパイオニア時代の曲は「女学生」のイメージ、テイチクに移ってからは「大人の女」に少し軸足を移した曲に感じられた。私は自分がまだ学生だったせいもあって、ワーナーパイオニア時代の5枚のLPが特に好きで何度も聴いたものだ。

その後、社会人になってほどなくすると、音楽はCD中心の時代に変わる。もう少し後に登場した歌手であれば、LP音源をCD化したものが発売されたようだが、西島三重子のLPはワーナー・パイオニア時代、テイチク時代を含めて1枚もCD化されなかった(と思う)。結局、今、CDで入手できるのは、各レーベルの音源を中心にまとめたベスト盤だけで、こんなタイトルの曲もあったはずと思っても、聴くすべがない。

先日、実家の母親に私が学生時代に買い揃えた彼女のLPが残っているはずと探してもらったが、「見つからないよ」との返事。USBでパソコンに繋ぐレコードプレヤーでLPをCD化することも、元のLPがなくては難しい。

あとは、音源を持っているはずのワーナー・ミュージックにCD化して再発売してもらうしかないが、そんな気配もまったくない。ところが、たまたまパソコンで検索をしていたら、新しく「西島三重子 スーパーベスト・コレクション」というワーナー・パイオニア時代の曲から16曲を選んだベスト盤が発売されて間もないことがわかった。
アマゾン、楽天市場で取り扱っていたので、楽天市場で注文し今日届いた。収録曲は以下の通り。

西島三重子 スーパーベスト・コレクション

1. 池上線、2. のんだくれ、3. 鬼無里の道、4. ジンライム、5. 1460日、6. 目白通り
7. 星めぐり、8. 仮縫い、9. 想い出づくり、10. かもめより白い心で、11. 水色の季節の風、
12. かげろう坂、13. ラブ・ソング、14. びしょぬれワルツ、15. 千登勢橋、16. 冬のかもめ

おなじみの「池上線」や「千登勢橋」に混じって、「鬼無里(きなさ)の道」、「目白通り」、「かげろう坂」、「ラブ・ソング」の4曲は初めてCD化された。

現在、アマゾンに注文すると「3~5週間」かかると表示されている。楽天市場(そふと屋)の方は、先週金曜日に注文したら、今日(月曜日)に届いた。

楽天市場そふと屋
http://item.rakuten.co.jp/softya/wqcq-160/

西島三重子ファンで、初CD化の4曲を聴きたい方は、注文されてみてはいかがだろうか。

| |

« 第21期竜王戦七番勝負第1局パリ決戦は、挑戦者羽生善治名人の勝利 | トップページ | 第21期竜王戦第1局【梅田望夫観戦記】を読んで「人間が人間と戦う将棋の面白さ」を考える »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西島三重子のワーナーパイオニア時代の新しいベスト盤『西島三重子スーパーベストコレクション』を購入:

« 第21期竜王戦七番勝負第1局パリ決戦は、挑戦者羽生善治名人の勝利 | トップページ | 第21期竜王戦第1局【梅田望夫観戦記】を読んで「人間が人間と戦う将棋の面白さ」を考える »