« 2008年夏のクールビズ期間終了、久しぶりにネクタイを締める | トップページ | 守り人&旅人シリーズ第8作『天と地の守り人 第一部』(上橋菜穂子著)を読み終わる »

2008年10月 3日 (金)

朝バナナダイエットの効用とバナナの品薄

2週間ほど前だったか、どこかのテレビ局で太めの女芸人を集め、それぞれに現在世の中で取り上げられている各種のダイエット方法に取り組んでもらうという番組を放送していた。

トップバッターで登場したのが、森三中の村上知子。私が昨年の9月から12月末まで実践して70kg台から63kg台までの減量に成功した岡田斗司夫さん提唱のレコーディング・ダイエットに取り組み、かなりの成果を上げていた。(それについては、岡田斗司夫著『脱デブ』も村上自身がコメントを寄せている)

その次に登場したのがオペラ歌手森公美子。こちらは、毎朝バナナを食べて水を飲み、あとは寝る4時間前までに夕食を取るということだけがルールの朝バナナダイエット。こちらも、始める前の体重が109kg台。約1ヵ月半後には102g台まで減量に成功し、体脂肪率も52%ぐらいあったものが49%台まで落ちていた。森公美子本人は、これまで体重が増えることはあっても、経ることはなかったようで、この結果には感激していた。
バナナは腹持ちがいい上に、バナナに含まれる成分が脂肪燃焼に効果があるらしい。
我が家では、一時、次女が朝バナナダイエットに取り組んでいたが、続いてはいなかったので、あまり効果はないだろうと思っていた。
しかし、TVの説明は巧みで、見ていると朝バナナダイエットをやれば、必ず痩せそうな気がしてくる。

私自身は、昨年後半4ヵ月のレコーディング・ダイエットで▲7kgの減量には成功したものの、目標にしていた62kg台には届かないままで、その後年末年始の帰郷で食生活が乱れ、食事の記録もやらなくなり、今年に入ってからは65kg台→66kg台と少しずつ体重が増えていた。さらに追い打ちをかけたのが、家族と行った夏の南房総旅行で、おいしそうな海の幸を目の前にすると、つい食べ過ぎて、一時68kg台まで戻っていた。
なんとかどこかで止めて、戻さないとと思いながらきっかけがつかめずにいたところ、朝バナナダイエットの放送を見たので、ダメもとで試してみることにした。
ちょうど、大腸内視鏡検査でほぼ1日食事をしなかったので、そこで一気に1kg近く体重が減ったこともあって、チャンス到来と始めた。2週間ほど続け、この2日ほど66kg台に戻ってきた。なんとか、週末もこのペースを維持し、速く65kg台まで落としたい。

ただ、困ったことは、森公美子の感激する姿を見て、朝バナナダイエットを始めた人が多いうようで、最近、夕方になると、我が家の近くの食品スーパーや果物屋では、バナナが売り切れになっていて、中には「TV放送の影響で、品薄になっている」との趣旨のお詫びの貼り紙がしてある店もある。
ダイエットの実践の前に、バナナの確保が奔走することになるとは思いもしなかったが、なんとか今回こそ62kg台を実現したいものだ。

|

« 2008年夏のクールビズ期間終了、久しぶりにネクタイを締める | トップページ | 守り人&旅人シリーズ第8作『天と地の守り人 第一部』(上橋菜穂子著)を読み終わる »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝バナナダイエットの効用とバナナの品薄:

« 2008年夏のクールビズ期間終了、久しぶりにネクタイを締める | トップページ | 守り人&旅人シリーズ第8作『天と地の守り人 第一部』(上橋菜穂子著)を読み終わる »