« 社会保険労務士の通信教育教材が届く | トップページ | 2008年師走始まる、社会保険労務士の勉強を始める »

2008年11月30日 (日)

守り人&旅人シリーズ第9弾、上橋菜穂子著『天と地の守り人第二部』軽装版発売

先週金曜日(2008年11月28日)に、いつも会社の帰りに立ち寄る書店に寄り、児童文学のコーナーに行くと、ようやく上橋菜穂子さんの守り人&旅人シリーズの軽装版の9冊目『天と地の守り人第二部』が並んでいた。もちろん、さっそく購入。

天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)
天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)

前作で、ロタ王国で新ヨゴ皇国の皇太子チャグムと女用心棒のバルサが再会、バルサの故郷であるカンバル王国へ向かうところで終わる。
そして、今回はそのカンバルでの物語である。

まだ、解説と最初の数ページしか読んでいないが、今週の通勤電車では退屈せずに時間が過ごせそうである。

| |

« 社会保険労務士の通信教育教材が届く | トップページ | 2008年師走始まる、社会保険労務士の勉強を始める »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 守り人&旅人シリーズ第9弾、上橋菜穂子著『天と地の守り人第二部』軽装版発売:

« 社会保険労務士の通信教育教材が届く | トップページ | 2008年師走始まる、社会保険労務士の勉強を始める »