« 将棋の第80期棋聖戦挑戦者決定トーナメントの組合せ決まる、郷田真隆九段は久保利明八段との対戦 | トップページ | ブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」3周年と「因果倶時」へのアクセス »

2009年2月25日 (水)

将棋第58期王将戦七番勝負第5局、挑戦者深浦康市王位が羽生善治王将に勝って二冠に王手

王位戦に続いて今シーズン(2008年度)2回目の羽生vs深浦対決となった王将戦も2勝2敗の戦績で、残すところあと3局。第5局は勝った方が、王将タイトルに王手をかける重要な一戦となった。

第5局は昨日・今日の2日間(2009年2月24日・25日)で行われた。先手番の深浦王位は、珍しく中飛車に構え中央突破を目指す。羽生王将も深浦陣に飛車を成り込んで、混戦かと思われたが、深浦王位が中央らか飛車を後ろ盾に攻め込む一方、端攻めも織り交ぜ、挟撃で羽生玉の懐を狭め、一気に攻め崩した。羽生王将は、これといった見せ場のないまま、投了となった。

深浦王位は、これで3勝2敗となり、王将タイトル奪取まであと1勝となった。一方の羽生王将は、今年度の期初は、王座・王将に二冠でスタートしたものの、奨励会同期のライバル森内俊之名人と佐藤康光棋聖・棋王から、名人と棋聖のタイトルを続けざまに奪取、四冠に復帰し、再び七冠制覇かと騒がれたが、夏の王位戦では深浦王位からのタイトル奪還に失敗した後は、秋の竜王戦でも渡辺竜王相手に3連勝と追い込んだあと4連敗とうっちゃられ、王将戦でも深浦王位の挑戦に苦しい戦いを強いられている。

深浦二冠の誕生がかかる第6局は、2週間後の3月11日・12日。その間、3月3日には、深浦王位はA級残留を賭けた順位戦最終局に臨む。三浦八段の敗戦が条件という他力本願ではあるものの、自らが勝てば残留の可能性がある。
A級残留を決め、その勢いで王将位奪取も決め、A級棋士と王位・王将の二冠をいっきに手にするのか、はたまた三度目のA級でも1期で陥落が決まり、失意の中で第6局を迎えるのか、A級順位戦の結果が、王将タイトルの行方にも大きな影響を与えるような気がする。
一度でもタイトルを獲得した経験を持つだけでも、プロ棋士としては一流の証明と言えるが、一度の複数タイトルを保持した棋士は、数えるほどしかおらず、それは「超一流」棋士の証(あかし)と言えるだろう。超一流棋士に駆け上がるチャンスを深浦王位がつかみ取ることができるか。遅くとも、王将戦第7局の2日目となるほぼ1ヵ月後の3月26日には、全ての結果が出ていることになる。深浦王位にとっては、一生の中でも忘れられない1ヵ月になるのではないだろうか。このドラマを深浦王位がどう演じるのか、しばらく注目してみたい。

|

« 将棋の第80期棋聖戦挑戦者決定トーナメントの組合せ決まる、郷田真隆九段は久保利明八段との対戦 | トップページ | ブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」3周年と「因果倶時」へのアクセス »

将棋」カテゴリの記事

コメント

はじめましてTBさせていただきました。

確かに深浦王位にとって大事な1ヶ月ですね。
最近、将棋に興味を持ったので過去記事
で勉強させてください。
これからも宜しくお願い致します。

投稿: 将棋・将棋動画のブログ@はむ | 2009年2月26日 (木) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/44178692

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋第58期王将戦七番勝負第5局、挑戦者深浦康市王位が羽生善治王将に勝って二冠に王手:

« 将棋の第80期棋聖戦挑戦者決定トーナメントの組合せ決まる、郷田真隆九段は久保利明八段との対戦 | トップページ | ブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」3周年と「因果倶時」へのアクセス »