« 高橋道雄九段の講演会で考えたこと(2)-キャリアアップの秘訣 | トップページ | 第68期A級順位戦3回戦終了、谷川浩司九段が3連勝で単独トップに »

2009年9月25日 (金)

第57期王座戦五番勝負は羽生善治王座が3連勝で挑戦者山崎隆之七段を降し、18連覇達成

羽生善治王座が2連勝で、挑戦者山崎隆之七段をカド番に追い込んだ第57期王座戦5番勝負。
9月27日が誕生日の羽生王座にとって、生まれ月の9月から始まる王座戦は相性が良く、1992年の第40期王座戦で当時の福崎文吾王座からタイトルを奪って以来、これまで17連覇。
また、2005年の第53期王座戦から3連勝でのタイトル防衛を続けており、第52期王座戦第4局で当時の森内俊之三冠(名人・竜王・王将)に勝ってタイトル防衛を決めて以来、5番勝負では負けなしの15連勝と、とにかく王座戦では挑戦者につけいる隙を与えないという感じである。

タイトル初挑戦の山崎七段にとって3連敗は避けたいところ。先手の山崎七段は相掛かりから横歩取りに展開、羽生王座は飛車を8五に引く「中座飛車」に。序盤ですぐ飛車交換となり、お互いに取った飛車を打ち「竜」を作る展開になり、中盤を飛び越し、いきなり終盤戦に。先に玉の守りを崩された山崎七段は、先に先にと攻めなければならないが、要所できっちり守った羽生王座の前に攻めあぐね、その間に自玉をじわじわと攻められ、いつの間にか羽生優勢に。ほどなく、山崎七段の投了となり、羽生王座のタイトル防衛、18連覇が決まり、自ら2日早い誕生日祝いとなった。羽生王座の連覇はいつまで続くのだろうか。

|

« 高橋道雄九段の講演会で考えたこと(2)-キャリアアップの秘訣 | トップページ | 第68期A級順位戦3回戦終了、谷川浩司九段が3連勝で単独トップに »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/46311768

この記事へのトラックバック一覧です: 第57期王座戦五番勝負は羽生善治王座が3連勝で挑戦者山崎隆之七段を降し、18連覇達成:

« 高橋道雄九段の講演会で考えたこと(2)-キャリアアップの秘訣 | トップページ | 第68期A級順位戦3回戦終了、谷川浩司九段が3連勝で単独トップに »