« 第22期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局は、森内俊之九段が四間飛車で深浦康市王位を粉砕、1勝1敗となり挑戦権は第3局に持ち越し | トップページ | 第57期王座戦五番勝負第1局、羽生善治王座が挑戦者山崎隆之七段を退け、18連覇に向け好発進 »

2009年9月 4日 (金)

第59期王将戦2次予選、郷田真隆九段が井上慶太八段を破り、挑戦者リーグ復帰へあと1勝

第67期名人戦七番勝負で羽生善治名人に惜しくも敗れた郷田真隆九段。日本シリーズでは行方尚史八段に、銀河戦決勝トーナメント1回戦でも橋本田崇載七段に敗れ、順位戦以外で今期の棋戦で残るのは王将戦と棋王戦、NHK杯、朝日オープンぐらいになった。

今期のタイトル挑戦の可能性を残すのが、王将戦と棋王戦。王将戦は、前期挑戦者リーグで3勝3敗で、残念ながらリーグ陥落。今期は2次予選からの登場となった。
2次予選で、挑戦者リーグに進出するのは3名。前期挑戦者の深浦康市王位、前期リーグ2位久保利明棋王、同3位佐藤康光九段、同4位森内俊之九段の4名のリーグ残留者と2次予選勝ち抜き者3名の7名の総当たリーグ戦で、羽生善治王将への挑戦権を争う。

1次予選勝ち抜き者と前期リーグ陥落者、タイトルホルダー、A級棋士のシード棋士17名を3組に分けトーナメントが行われている。
すでに2次予選各組の決勝は、1組が藤井猛九段と豊島将之五段、同2組が三浦弘行八段と小林裕士六段の対戦が決まっている。残る3組は、すでに渡辺明竜王が勝ち上がっており、もう一方決勝進出を郷田真隆九段と井上慶太八段が争う。

その郷田九段vs井上八段戦が、昨日(2009年9月3日)行われた。将棋連盟のホームページの「最近1週間の結果」では、郷田九段の勝ち。渡辺竜王と挑戦者リーグ進出を争うこととなった。

郷田九段はこれで今年度の戦績が8勝12敗の0.400。通算成績で6割5分近い成績を残していることから考えれば、今期の成績は納得がいかないものであろう。まずは、早く勝率5割を確保し、そこから一つでも白星を積み上げていってほしいものである。

|

« 第22期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局は、森内俊之九段が四間飛車で深浦康市王位を粉砕、1勝1敗となり挑戦権は第3局に持ち越し | トップページ | 第57期王座戦五番勝負第1局、羽生善治王座が挑戦者山崎隆之七段を退け、18連覇に向け好発進 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

いつもブログを楽しく拝見しています。この勝利は、郷田九段には記念すべき通算650勝目ですね。早く棋譜が見たいです。今期は勝率が思わしくなかったので、4割になってほっとしています。是非ともタイトルホルダーになっていただきたいですが、ファンとしては、勝っても負けても、調子の良い時も悪いときも、ただただ応援するのみです。

投稿: 郷田九段を応援してます | 2009年9月 4日 (金) 22時38分

「郷田九段を応援してます」さん、コメントありがとうございます。

記念すべき650勝目であることをすっかり忘れていました。

「ファンとしては、勝っても負けても、調子の良い時も悪いときも、ただただ応援するのみです。」とのコメント、本当にその通りですね。

これからも、郷田九段について書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

投稿: 拓庵 | 2009年9月 6日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/46121179

この記事へのトラックバック一覧です: 第59期王将戦2次予選、郷田真隆九段が井上慶太八段を破り、挑戦者リーグ復帰へあと1勝:

« 第22期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局は、森内俊之九段が四間飛車で深浦康市王位を粉砕、1勝1敗となり挑戦権は第3局に持ち越し | トップページ | 第57期王座戦五番勝負第1局、羽生善治王座が挑戦者山崎隆之七段を退け、18連覇に向け好発進 »