« 49歳という年齢とブログのテーマ | トップページ | APSフィルムの撮影日時データ読み取りのため、ネットオークションで12年前のオリンパスのフィルムスキャナ「キャメディア ES-10S 」を落札 »

2009年11月28日 (土)

将棋第68期A級順位戦5回戦終了、全勝の谷川浩司九段が森内俊之九段に敗れ、高橋道雄九段と合わせ3人が4勝1敗で並ぶ

羽生善治名人への挑戦権を争う第68期A級順位戦も11月に入り折り返しの5回戦。挑戦者候補、陥落候補がほぼ絞られてくる。
4回戦終了時点では、
4戦全勝 谷川浩司九段(7)
3勝1敗 森内俊之九段(3)、高橋道雄九段(9)、井上慶太八段(10)
2勝2敗 郷田真隆九段(1)、木村一基八段(5)、三浦弘行八段(8)
1勝3敗 丸山忠久九段(4)
4戦全敗 佐藤康光九段(2)、藤井猛九段(6)
となっている。

今期目立つのは40代棋士の活躍。昨年まで10人のA級棋士として頑張ってきた谷川九段だが、今期はB級1 組からかつてタイトル戦でも戦った同世代のライバル高橋九段と同門の後輩井上慶太八段という2人の40代棋士が久しぶりにA級に復帰。一気に40代が3人となった。その3人が揃って好調なスタートを切った。

A級はトップ棋士10人がしのぎを削り、常に下位2人は一つ下のクラスのB級1組と入れ替わる。A級棋士の地位を維持していくためには、まずは下から昇級していた下位2名を叩くことが鉄則である。まして、今回の昇級者2人は、現在のA級上位8人の前に力及ばず陥落していったベテラン棋士。将棋ファンの多くは、2人の苦戦を予想していたはずである。
しかし、この昇級者2人が好調なので、これまで8人はたまらない。4戦全敗の佐藤九段は、この40代棋士3名にことごとく敗れ、苦しい星勘定となった。

2009年11月の5局は以下のような結果になった。

11月5日:高橋道雄九段○(4勝1敗)×●郷田真隆九段(2勝3敗)
前期名人挑戦者の郷田九段は、名人戦のさなかに5連敗と調子を崩し、その後一進一退の成績でその負け分を取り返すには至っていない。高橋九段とのA級での初顔合わせは双方得意の相矢倉の戦いとなったが、手厚く守り、手堅く攻める高橋九段の前に一歩及ばず、3敗め。2年連続3回め名人挑戦は難しくなってきた。郷田九段も40代棋士にすべて敗れたことになる。
高橋九段は4勝1敗で、5回戦の大一番、森内vs谷川戦の結果を待つ。

11 月13日:佐藤康光九段●(5敗)×○三浦弘行八段(3勝2敗)
2年前の第66期順位戦で開幕6連敗と追い込まれた佐藤九段はその後3連勝で辛くも残留。前期は6勝3敗で、2位と復調したと思われたが、今期も再び4連敗のスタート。横歩取りの空中戦となった三浦八段との戦いは、途中まで佐藤九段優位の控え室解説だったが、終盤見落としがあったようで、まさかの5連敗となった。
三浦八段は3勝2敗でひとつ勝ち越し。初の名人挑戦にのぞみを繋いだ。

11月18日:森内俊之九段○(4勝1敗)×●谷川浩司九段(4勝1敗)
4勝の谷川九段と3勝1敗の森内九段が激突する名人挑戦権を左右する中盤の大一番。 森内九段は竜王戦で挑戦者に名乗りを上げ、渡辺明竜王と七番勝負の最中である。
後手の谷川九段のゴキゲン中飛車に森内九段は居飛車で対応。森内九段が攻めの主導権を握り、そのまま押し切ったような将棋にみえた。
これで、全勝がいなくなり、高橋九段を合わせた3人が4勝1敗で並び、一気の混戦模様となってきた。

11月20日:●木村一基八段(2勝3敗)×丸山忠久九段○(2勝3敗)
3連敗と出だしで躓いた丸山九段は4回戦の藤井九段との3敗決戦で勝利して1勝3敗、一方木村八段は2勝2敗。本局の結果で上(挑戦)を見るか、下(降級)を気にするかの分かれ目になる。
この将棋も横歩取りの空中戦の展開となった。途中劣勢かと言われていた丸山九段だったが、うまく角を捌いて馬を作ることに成功、さらにと金2枚で木村玉を挟撃。木村八段は大した反撃もできないまま投了となった。
双方とも2勝3敗となり、一つ順位が上の丸山九段が、木村八段の上位につけることになった。

11月26日:井上慶太八段●(3勝2敗)×○藤井猛九段(1勝4敗)
ここまで3勝1敗と好調の井上八段だが、なにせ順位が10人中10位であり、勝ち越しとなる5勝めをあげるまでは安心できない。自分がA級に残るためにも、不調の藤井九段を叩いておきたい。一方、藤井九段は佐藤九段がすでに5敗めを喫しているいるとはいえ、相手の方が順位が上であり、また1勝3敗の丸山九段が2勝めをあげ、陥落候補から抜け出したので、ここで負けると藤井九段が最も不利な立場になる。早く1勝をあげたいところだ。
振り飛車党の藤井九段は四間飛車に構える。途中、先手の井上八段がやれるのではとのコメントもあったが、藤井九段は井上八段の角を取り、2枚の角を共に「馬」にすることを成功。馬が攻守に活躍して、井上八段の攻めを封じ、藤井九段が待望の初勝利をあげた。

5回戦終了後の成績は以下の通り。
4勝1敗:森内九段、谷川九段、高橋九段
3勝2敗:三浦八段、井上八段
2勝3敗:郷田九段、丸山九段、木村八段
1勝4敗:藤井九段
0勝5敗:佐藤九段

高橋九段が講演の時、今年の目標として順位戦の最終戦の谷川九段戦を最高の状態で戦うこと、と話していた。最高に状態というのは、最終戦が名人挑戦権を争う一戦となるということ。それに向け確実に歩みを勧める高橋九段が今期のA級の台風の目になってきた。

|

« 49歳という年齢とブログのテーマ | トップページ | APSフィルムの撮影日時データ読み取りのため、ネットオークションで12年前のオリンパスのフィルムスキャナ「キャメディア ES-10S 」を落札 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/46878026

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋第68期A級順位戦5回戦終了、全勝の谷川浩司九段が森内俊之九段に敗れ、高橋道雄九段と合わせ3人が4勝1敗で並ぶ:

« 49歳という年齢とブログのテーマ | トップページ | APSフィルムの撮影日時データ読み取りのため、ネットオークションで12年前のオリンパスのフィルムスキャナ「キャメディア ES-10S 」を落札 »