« 「拓庵の本棚」をブログパーツに | トップページ | 郷田真隆九段、2010年度初戦の竜王戦1組5位決定トーナメント1回戦で鈴木大介八段を破る »

2010年3月30日 (火)

ネットオークション詐欺?にあいそうになった

10日ほど前の2010年2月22日(月)、3連休に最終日の振替休日のお昼過ぎのこと、私は、ヤフーオークションの画面を眺めていた。自分が入札した「Windows XP Professional」のインストールディスクの入札が決まるか、残り時間が刻々と減っていく。残り時間がめでたく「0」となり、7枚出品されていたうちの1枚を、思っていたよりは割安で落札することができた。

落札が確定し、ヤフーオークションマスターから落札確定のメールが届いた。そのメールには、出品者の連絡先、落札代金の振込先等が記載されていたのだが、まず、落札者の住所を見て驚いた。なんと、我が家から歩いて5分ほどのところ、同じ町内の住所だった。これまで20件ほど、ヤフーオークションでパソコンのパーツなどを落札してきたが、同じ市内ということもなかった。お互い歩いて5分ほどのところの相手をオークションで物を売り買いするのは、何とも奇妙な感じだ。

次に気になったのが、落札者の名前。明らかに、日本人の名前ではないカタカナで、アジア系の名前だった。住所をヤフー地図で検索するとアパートと思われる表示。我が家の回りで、アジア系の人はあまり見たことはない。
落札したインストールディスクは、海外に在庫があり、入金確認後、配送手続を行い、届くまで1週間ほどかかるという。いかにも、売り方はPCパーツの仲介業者のような売り方なのだが、そうするとアパートの一室が住所というのも何となく不自然。

気になって、これまで出品者と取引した人が、出品者を評価したページを見ている。「大変良い出品者」という評価が10件余あるのに対し、「大変悪い出品者」との評価が4件。悪い評価のうち3件は、私と同じような「Windows」のインストールディスクを落札し、代金を振り込んだが、1ヵ月しても商品が届かないというクレームだった。中には「こいつは詐欺師なので、代金は振り込むな」と書かれているものもあった。
一方、良い評価の方には、「Windows」のインストールディスクに関するものは1件もなかった。まったく別の、本や写真集などの落札だった。
自分の身の回りで不要になったものをオークションに出品し、ある程度「良い出品者」との評価を得た上で、狙いの「Windows」のインストールディスクをネタにしたオークション詐欺を始めたと考えられなくもない。

相手が記載している住所が近いので、とりあえず、カタカナ名の表札がかかっているか確かめてみることにした。歩いて5分ほどの目当てのアパートは2階建てで10室ほど。表示の部屋番号の名前を見ると、ごく普通の日本人の名字だった。
この部屋の住人は、以前、ネットオークションで出品者の被害にあった人なのかもしれない。その際、連絡した住所を、出品者が勝手に自分の住所として落札連絡メールに載せていたのかもしれない。よく見ると、落札連絡メールには、出品者のメールアドレスは書かれているが、通常記載される電話番号が書かれていない。

これは、落札代金だけをかすめとろうとするネットオークション詐欺に違いないと判断し、ことらからは一切連絡しないことにした。もし、入金がないとクレームがあった時は、住所を尋ねたら別の人が住んでいたので、出品者のあなたを信用できないと返答することにして、反応を待った。

22日の深夜になって、再度確認したら、出品者のヤフーIDそのものが削除されていて、昼には、確認できた落札内容もいっさい表示されなくなっていた。おそらくは、「詐欺だ」と評価され、商売を継続できないと判断した出品者が、自ら、いったんヤフーオークションから撤退したのだろう。おそらく、しばらくしたら、別のヤフーIDを取得して、新たな詐欺を企てるかもしれない。

その日の昼、妻が部屋の掃除に精を出していた時に、私は手伝いもせず、パソコンの画面を見つめて落札できたとよろこんでいたので、「手伝ってて頼んでいるのに、オークションなんかにうつつを抜かしているから、バチが当たったのよ」と妻になじられても、返す言葉がなかった。うますぎる話には気をつけなくては。

| |

« 「拓庵の本棚」をブログパーツに | トップページ | 郷田真隆九段、2010年度初戦の竜王戦1組5位決定トーナメント1回戦で鈴木大介八段を破る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットオークション詐欺?にあいそうになった:

« 「拓庵の本棚」をブログパーツに | トップページ | 郷田真隆九段、2010年度初戦の竜王戦1組5位決定トーナメント1回戦で鈴木大介八段を破る »