« 50歳の転身、同級生たちの選択 | トップページ | 将棋の第69期順位戦開幕、A級1回戦久保利明二冠(棋王・王将)vs藤井猛九段戦は久保二冠がA級復帰初戦を飾る »

2010年5月30日 (日)

「いきものががり」はドリカムを超えるか、「YELL」と「ありがとう」を聴いて考えたこと

最近、「いきものががり」の歌にはまっている。昨年の年末、新聞で「いきものががり」の記事を読んだのがきっかけだ。それまでは、変わった名前の音楽グループだなと思っていた程度で、真剣に歌を聴いたことはなかった。

記事の内容は、いきものががりのリーダーの水野良樹が、ボーカルの吉岡聖恵が、アップテンポの「じょいふる」(グリコポッキーのCMソング)から、じっくり歌いこむ「YELL」(2009年度NHK全国学校音楽コンクール、中学校の部の課題曲)まで、どんな歌でも歌いこなす歌唱力に改めて驚いているというような記事だった。
「じょいふる」はCMで何度も聞いていたが、「YELL」は聴いたことはなかった。ちょうど、大晦日の紅白歌合戦で「YELL」を聴いた。月並みな言葉だが、感動してしまった。

「サヨナラは悲しい言葉じゃない、それぞれの夢への僕らを繋ぐYELL
ともに過ごした日々を胸に抱いて 飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の空へ」
課題曲として歌う中学生を意識し、卒業式ソングにもなり得る内容だが、この歌はもっと幅広く、多くの世代の心をとらえる曲だと感じた。その歌詞のすばらしさに、ボーカル吉岡聖恵の気持ちいいほどの伸びのある歌声。この曲1曲で、私はすっかり「いきものがかり」の虜(とりこ)になってしまった。
ちょうど、「YELL」や「じょいふる」などの曲を納めた、4thアルバム「ハジマリノウタ」が出たばかりで、さっそくレンタルショップで借りる。上記の2曲以外も聴き応えがあり、彼らが、本格派であることを確信した。

2010年になって、4月からのNHKの朝の連続TVドラマ『ゲゲゲの女房』の主題歌「ありがとう」を18枚目のシングルとして発売した。『ゲゲゲの女房』は漫画家の水木しげると布枝夫妻をモデルにしたドラマ。曲は、ドラマの内容を意識した内容だが、この歌も単なるドラマの主題歌を超え、ぎすぎすとした今の世に中で、お互いを信頼すること、その気持ちの表れとしての「ありがとう」という言葉の持つ重みを語っているように思う。この「ありがとう」は、NHKの朝ドラの主題歌ということもあり、昨年の「YELL」を上回るヒットになるかも知れない。

「いものががり」は、小学校・中学校・高校と同級生だった水野良樹(みずのよしき、1982年12月生)山下穂尊(やましたほたか、1982年8月生)の2人が結成したグループに、2人の高校の同級生の妹吉岡聖恵(よしおかきよえ、1984年2月生)が途中から参加、現在の形になった。「いきものががかり」の名前の由来は、水野と山下の2人が、小学校の時、「生き物係」だったことから、つけられたらしい。

私個人の印象としては、この「いきものがかり」の3人は、90年代のドリームズ・カム・トゥルーのような時代を代表する存在のなるのではないか、少なくともそうなり得る要素は持ち合わせていると思う。これからの時代の変遷の中で、多くの人々が聴きたいと思う曲を作り続け、歌い続けていくことができるのか、注目していきたい。

いきものががりのオフィシャルサイト

| |

« 50歳の転身、同級生たちの選択 | トップページ | 将棋の第69期順位戦開幕、A級1回戦久保利明二冠(棋王・王将)vs藤井猛九段戦は久保二冠がA級復帰初戦を飾る »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いきものががり」はドリカムを超えるか、「YELL」と「ありがとう」を聴いて考えたこと:

« 50歳の転身、同級生たちの選択 | トップページ | 将棋の第69期順位戦開幕、A級1回戦久保利明二冠(棋王・王将)vs藤井猛九段戦は久保二冠がA級復帰初戦を飾る »