« 将棋の第69期順位戦開幕、A級1回戦久保利明二冠(棋王・王将)vs藤井猛九段戦は久保二冠がA級復帰初戦を飾る | トップページ | 「駅に保育所を作る」-西武鉄道の子育て応援プロジェクト »

2010年6月 4日 (金)

このブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」のGoogleの「PageRank」が「3」に復帰

このブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」を書き始めて4年を超えたが、書き始めた頃や毎日更新を目標にしていた頃は、Googleが各WebSiteにつける10段階の「PageRank」(10が最高)がいくつになるかで、一喜一憂していた。さらに、何とか1つでもランクが上がらないかと、「SEO(Search Engine Optimization)=検索エンジン最適化」の参考書を買って、できる手だてを施してみたりした。
(PageRankの判断基準は、(1)なるべく多くのサイトからリンクされていること、(2)特にPageRankの高いサイトからリンクされていること、などと言われるが、詳細は未公開であり不明)

ビギナーズ・ラックだったのか、ブログを始めた直後は、個人のサイトとしてかなり高ランクの「4」と評価されたことがあってよろこんでいたが、その後は、「3」になったり「2」になったりと、SEOの効果が実感されることもほとんどなく、PageRankに対する関心そのものが薄れていた。
さらに、この1年ほどは、ブログの更新そのものが減ったこともあって、気がつくと PageRankは最低の「0」に。「まあ、書いてないからしかたないな」と思っていた。

先ほど、ふとブログに貼り付けたPageRankの表示パーツを見ると、見慣れた「0」ではなく「3」になっている。何かの間違いだろうと、本家であるGoogleのツールバーにPageRankが表示されるように設定を修正して、このブログのトップページを表示すると、確かに「3」と表示された。
最近、ようやく更新ペースが週2回レベルに戻りつつあるが、それでも毎日更新にはほど遠い。よほど、高ランクのサイトからこのブログにリンクでも貼られたのだろうか。狐につままれたような気分だが、悪い話ではないので、これを励みに、ブログ更新のペースを少しずつ上げていければと思う。

過去の関連記事
2006年8月28日:PageRank表示の設置
2008年1月13日:Googleの「PageRank」の不思議

|

« 将棋の第69期順位戦開幕、A級1回戦久保利明二冠(棋王・王将)vs藤井猛九段戦は久保二冠がA級復帰初戦を飾る | トップページ | 「駅に保育所を作る」-西武鉄道の子育て応援プロジェクト »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」のGoogleの「PageRank」が「3」に復帰:

« 将棋の第69期順位戦開幕、A級1回戦久保利明二冠(棋王・王将)vs藤井猛九段戦は久保二冠がA級復帰初戦を飾る | トップページ | 「駅に保育所を作る」-西武鉄道の子育て応援プロジェクト »