« 第60回NHK杯将棋トーナメント2回戦、郷田真隆九段が阿久津主税七段を破ってベスト16入りを決める | トップページ | 2010世界バレー女子3位決定戦で、日本はアメリカを3‐2で破り銅メダル獲得。32年ぶりの快挙。 »

2010年11月12日 (金)

郷田真隆九段、朝日杯将棋オープン2次予選で小林宏七段、高橋道雄九段を破り3年ぶりに決勝トーナメント進出

朝日新聞社が再び名人戦の主催社に加わることになったことを受け、それまでの朝日オープン将棋選手権(旧全日本プロトーナメント)が衣替えした朝日杯将棋オープン。今年で4回目を迎える。
衣替え後は、持ち時間40分の早指し棋戦となり、全局リアルタイムでインターネット中継されている。1次予選、2次予選では、午前中に2局対局があり、その勝者どうしが午後に戦って、4人のうち勝ち残り1人が決まっていくケースがほとんど。

今回、私が応援する郷田九段は、昨日(2010年11月11日)2次予選D組に登場。D組は午前10時から郷田九段vs小林宏七段、高橋道雄九段vs飯塚祐紀七段の2局が行われ、その勝者が午後2時から決勝トーナメント進出の椅子を巡って戦う。

午前中の小林七段戦は、郷田九段は振り駒で後手。相矢倉の戦いとなったが、ネット中継の解説コメントでは、途中まで先手の指し回しに、後手の郷田九段は劣勢と感じていたようだが、よく辛抱して一瞬のスキを突いて反撃。主導権を握り、要所で小林七段の攻め手に手抜き対抗、自らの攻め手を進め、攻め勝った。

郷田真隆九段 対 小林宏七段戦の棋譜
http://live.shogi.or.jp/asahi/kifu/20101111asahi_12.html

午後からのD組決勝の郷田九段の相手は、飯塚七段を破った高橋道雄九段。1ヵ月ほど前に、A級順位戦で対戦し、優勢だった将棋を逆転負けしている。高橋九段が復活後の2008年度以降では対戦成績も1勝4敗と分が悪く、A級順位戦でも昨年、今年と連敗しており、そろそろ借りを返しておきたい。
決勝の将棋は、振り駒で郷田九段の先手。お互い指しなれている横歩取りの展開となった。高橋九段は後手△8五飛戦法を採用。解説によれば、途中、郷田九段がこれまでの定跡にはない新手を繰り出したようで、高橋九段の消費時間の方が多めで進み、先に高橋九段が1分将棋になった。
しかし、最初に攻めたのは高橋九段。横歩取りの将棋では、玉はお互いの固い守りというわけではないので、郷田玉も高橋九段の攻めをかわしながら、自らも高橋玉にジャブを繰り出し、高橋玉を守る金銀を剥がす。お互いギリギリの攻防が続くが、最後は郷田九段の飛車捨ての王手からの寄せが決まり、高橋九段が投了。激戦に幕が下りた。

高橋道雄九段 対 郷田真隆九段戦の棋譜
http://live.shogi.or.jp/asahi/kifu/20101111asahi_13.html

11月10日までの郷田九段の2010年度の戦績は、将棋連盟の記録のページの今年度成績一覧によれば、12勝9敗で勝率0.5714。これにこの2勝が加わり、14勝9敗、勝率0.6087とようやく勝率6割を超えた。
昨年度(2009年度)の第67期名人戦七番勝負で羽生名人に挑み3勝4敗で惜敗して以降、調子に乗りきれず、第23期竜王戦1組1回戦の森内九段戦では遅刻での不戦敗という不名誉な記録まで作り昨年度は初の負け越し。
今年度に入っても、勝ち負けが交互に続くような感じで、勝率5割レベルが続いていた。勝率6割に戻し、ようやく復調の兆しが見えてきた。今年度の棋戦では、勝ち残っているNHK杯とこの朝日杯オープンでは優勝、来期に向けた王位戦予選等では挑戦者リーグ入りを実現させてもらいたい。
また、来週にはA級順位戦5回戦の三浦弘行八段戦がある。A級で挑戦者レースの上位にいる谷川九段、渡辺竜王らとの対戦を残している郷田九段としては、現在の2敗を維持すれば、名人挑戦の目も残っている。まずは、三浦八段戦で勝ち3勝2敗とした上で、後半戦で挑戦権を争ってほしいものだ。

|

« 第60回NHK杯将棋トーナメント2回戦、郷田真隆九段が阿久津主税七段を破ってベスト16入りを決める | トップページ | 2010世界バレー女子3位決定戦で、日本はアメリカを3‐2で破り銅メダル獲得。32年ぶりの快挙。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/50002898

この記事へのトラックバック一覧です: 郷田真隆九段、朝日杯将棋オープン2次予選で小林宏七段、高橋道雄九段を破り3年ぶりに決勝トーナメント進出:

« 第60回NHK杯将棋トーナメント2回戦、郷田真隆九段が阿久津主税七段を破ってベスト16入りを決める | トップページ | 2010世界バレー女子3位決定戦で、日本はアメリカを3‐2で破り銅メダル獲得。32年ぶりの快挙。 »