« 郷田真隆九段、第59期王座戦二次予選と第24期竜王戦ランキング戦1組で勝利 | トップページ | 第69期A級順位戦8回戦終了、挑戦も降級も最終戦へ持ち越し »

2011年1月30日 (日)

サッカーアジアカップ、日本代表、耐え抜いて優勝をつかみ取る

日本時間で今日(2011年1月30日)の未明に行われたサッカーアジアカップの決勝。日本は延長戦の末、難敵オーストラリアを1対0で破って、優勝の栄冠を手にした。

YOUTUBEにアップされている決勝戦ハイライト

決勝トーナメントに入ってからは、準々決勝のカタール戦も、準決勝の韓国戦も、たまたま当日飲み会があって、TV中継を見るつもりでいながら、ちょっと横になったら朝まで寝入ってしまい、結果を翌朝のTVニュースで見て知った。どちらもタフなゲームだった。
予選でも格下のヨルダンに引き分けるなど、苦しんだ日本チーム。さらに、松井がけがで途中からリタイア。よくぞ、決勝まで勝ち残ったというのが正直な感想だ。

対するオーストラリアは、準決勝のウズベキスタン戦は6対0と圧勝。さらに、決勝までの5試合でわずか失点1。日本は、若きエース香川も韓国戦での骨折で決勝を前に離脱。楽観できる材料はほとんどない中、決勝を迎えた。

結局、前後半90分で決着がつかず延長戦へ。さらに延長前半も双方0対0で延長戦後半最後の15分を迎えた。

延長後半4分過ぎ、左サイドをドリブルで駆け上がった長友が、相手に競り勝ち、ゴール前にセンタリング。腰より少し高めのボールがオーストラリアゴール前に上がった。
再三、オーストラリアゴールを脅かした岡崎が長友の近くにいたこともあり、オーストラリアの守備陣は、岡崎のマークに注意が向いているようだった。
その裏で、長友のボールを待っていたのは、延長前半から前田に代えて投入された背番号19の李忠成。フリーでキーパーと対する形になった李は右足を軸に体を右に傾けて、空中を飛んでくる長友のボールをダイレクトに左足でボレーキック。朝のTVニュースの説明では、まるでサッカーアニメに出てくるような見事なシュートと言われた、矢のようなシュートがオーストラリアゴールの左上に突きささり、ゴールネットを揺らした。ゴールキーパーも呆然と見送るしかないような鮮やかなシュートだった。

その後、残り1分のオーストラリアの攻撃に、岡崎がボールを取りに走った際、手にボールが当たり、ハンドの反則。ゴール目前でオーストラリアのフリーキックとなった。日本は、ほとんどの選手が壁となって並ぶ。フリーキックのボールは壁に当たり、こぼれ、ゴール前に両国の選手が入り乱れたが、最後は日本が大きく左にクリア。同時に試合終了の笛がなった。

この試合をヒーローは間違いなく最後に決勝ゴールを決めた李だろうが、その前に延長含め120分、総じてオーストラリアの攻撃に押され気味な中、ゴールキーパー川島のファインセーブ、スーパーセーブが光った。

また、試合の流れを見たザッケローニ監督に采配も見事で、まず、前半、オーストラリアに主導権を握られ、日本らしい攻めができていないのを見て取ると、攻撃の藤本を下げ、守備に背の高い岩政を投入。そして、守備の長友を前に上げ、攻撃に投入した。
その結果、長友が左サイドから攻撃に参加する流ができ、自陣ゴール前ではオーストラリアの高さに対応できるようになり、押される一方だった試合の流れが少し変った。
そして、延長開始直後、攻撃のトップにいた前田を下げ、予選初戦のヨルダン戦以来の出場となる李を投入。
その2つの選手交代の采配が、最後に決勝点という形で結実した。

ザッケローニ・ジャパンのサッカーは見ていて面白い。これからのチームの成長が楽しみだ。

|

« 郷田真隆九段、第59期王座戦二次予選と第24期竜王戦ランキング戦1組で勝利 | トップページ | 第69期A級順位戦8回戦終了、挑戦も降級も最終戦へ持ち越し »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/50726358

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーアジアカップ、日本代表、耐え抜いて優勝をつかみ取る:

« 郷田真隆九段、第59期王座戦二次予選と第24期竜王戦ランキング戦1組で勝利 | トップページ | 第69期A級順位戦8回戦終了、挑戦も降級も最終戦へ持ち越し »