« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月26日 (土)

ブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」5周年と50歳の転機

本日2011年2月26日で、このブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」も丸5年が過ぎ、6年目に入った。

書き始めた2006年2月26日は、札幌勤務から現在の職場に戻って約半年。年齢は45歳。自分自身の将来のイメージが描けない中、書くことが好きということで、当時流行始めたブログを始めた。テーマとして頭にあったのは「中年クライシス」。自らが抱える問題を見つめ、書くことで、進む道が見えてくればという思いだったと思う。

書き始めると、ブログへのアクセス数が少しづつ増えていくことが楽しくなり、一時は、毎日書き綴ることを自らに課した。アクセス総数もこの5年の累計で66万件以上となった。最初は一日数件だったアクセス数も1日100件を超え、多い時には1000件を超えることも出てきた。最近のように、記事を更新をしばらく行わなくても、最低でも1日200件は超えており、始めた頃に比べると隔世の感がある。

毎日更新していた頃は、読書も自らの興味を満たすため、楽しみのためであるとともに、ブログのネタとしての意味も持っていた。

また、ブログのネタとして取り上げた「将棋」は、全ての結果責任を自分一人で引き受けざるを得ないプロ棋士の生き様に対する関心に繋がり、たまたまその中でも関心を持った郷田真隆九段がこの5年間で2度名人に挑戦するというビッグイベントもあり、パソコンでのリアルタイムでの対局観戦は私の日常生活に組み込まれ、自身のアマチュア段位(初段から始まり三段まで)資格の取得にまで繋がった。

「中年クライシス」の打開策として何か見つかったのかと問われれば、とりあえずは、自分の現在の境遇について受け入れて、目の前の問題から逃げずに、一生懸命取り組むことではないかと思う。
過去は変えられないので、過去の過ちを悔やんだり、過去の不運の原因や責任を、環境や他人のせいにしても何の役にも立たない。何も解決しない。
未来は、現在の行動の先にしかないので、現在のこの瞬間から先のことについては、常に自分として可能な努力とベストの選択を積み重ねて、未来を少しづつよくしていくしかないのだと思うようになった。

そうしている内に昨年(2010年)の秋には現在の職場で5年を超え、50歳を迎えた。しかし、何が変わるわけでもなかった。

しかし、今年(2011年)に入って時間が少しづつ動き始めた。年始早々会社の人事部門から別の組織への転籍含み出向の打診があった。私自身の希望にも沿う話に思われたので応諾をした。
そして昨日(2010年2月25日)、正式な人事異動の発令があった。奇しくも、このブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」を書き始めた2006年2月26日から数えてちょうど5年であった。
「自分がどのような人間で、どのようなことを成し遂げて、これから何ができるのか?」というのが「中年クライシス」の中で、自問自答する「問いかけ」だと思う。
しかし、この「問いかけ」には、自分ひとりでは答えを出せない。これから何ができるかは、これまでの私の生き様や仕事ぶりを見て、他人が決める部分が大きな比率を占めるからだ。いくら「自分は○○の仕が得意だ、△△ができる」と声高に叫んだところで、他人がそれを認めてくれなければ、それは独りよがりでしかない。

3月からは新しい職場で働くことになる。おそらく50代の10年間をこの新職場で過ごすことになるだろう。周囲の人びととの関わりの中で、自分に求められるものを見極め、可能なものから、一つづつ成し遂げていくしかないのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

第4回朝日杯将棋オープン戦は、木村一基八段が羽生善治名人に勝って優勝

名人戦が毎日新聞と朝日新聞の共催になる際、準タイトル戦だった「朝日オープン将棋選手権」が、早指し・インターネット中継の「朝日杯将棋オープン戦」に衣替えして4回目の準決勝・決勝を迎えた。
今回のベスト4は羽生善治名人、渡辺明竜王のタイトルホルダー2人に郷田真隆九段、木村一基八段のA級棋士2人というトップクラス4人が揃った。果たして、この中で優勝賞金1000万円を手にするのは誰か。
準決勝は、羽生vs郷田、渡辺vs木村の組み合わせで午前10時30分から。それぞれの勝者が午後2時30分から決勝を戦う。

この朝日杯の準決勝・決勝は公開対局で、有楽町マリオンを行われる。ファン500人が招待されるので、郷田ファンの私も郷田九段の雄姿をひと目みたいと申し込んだが、招待ハガキが送られてくることはなかった。1300人以上の応募があったそうだ。

ネット中継で観戦すべく10時半からパソコンの前に座り、羽生vs郷田戦を観戦。
とにかく、すさまじい将棋だった。振り駒で先手は羽生名人。相矢倉模様から郷田九段が飛車を5筋に振り、急戦模様となった。双方、自分の主張を譲らず、正面から顔面にパンチを打ち合うような将棋となった。飛車角交換となり、郷田九段が羽生陣に金取りで飛車を打ち下ろしたが、羽生名人は金底に歩を打って守る。この金底の歩によって、郷田九段の打った飛車の働きが鈍り、その後は徐々に羽生名人ペースになっていったように思う。最終的に郷田九段の攻めがわずかに及ばす、羽生名人の反撃の前に投了となった。

羽生vs郷田戦の棋譜
http://live.shogi.or.jp/asahi/kifu/20110212asahi_11.html

お互い公開対局、ネット中継ということを意識したのだろうか、相手に利かされるのをよしとしない意地の張り合いのような中盤の最強手の応酬は見応えがあった。
郷田九段の敗退はファンとしては残念だが、郷田一刀流らしさは存分に発揮された内容だったと思う。
今後は、挑戦の可能性が残る棋聖戦、王座戦、竜王戦といったタイトル戦の挑戦を目指して頑張ってほしいものだ。

準決勝のもう1局、渡辺vs木村戦は、羽生vs郷田戦の終了後から観戦。のちの本人のコメントによれば、詰まない玉を詰ませにいった渡辺竜王が詰まないことが明らかになったところで投了。木村八段が決勝に進んだ。

渡辺vs木村戦の棋譜
http://live.shogi.or.jp/asahi/kifu/20110212asahi_12.html

決勝戦は振り駒で木村八段の先手。木村八段の▲7六歩に、羽生名人が△8四歩と指して、同型角換わり腰掛け銀を意識した駒組みが進む(最終的に、羽生名人が趣向を凝らし同型にはならなかった)。
中盤以降羽生名人が攻め、木村八段が受けるという展開だったが、木村八段も受けながらも合間で細かいパンチを繰り出して、決して羽生名人を安心させることはない。終盤戦は、一見、羽生名人優位にも見えたが、「詰むや詰まざるや」厳しい攻防の中で、木村八段がいくつか攻守両面をにらんだ攻防手をいくつか繰り出し、羽生名人の攻撃を緩和しつつ、羽生玉に忍び寄り、追い詰めて「受けなし」まで追い詰めた。あとは、羽生名人が木村玉を詰ませられるかどうか。結局、木村玉は詰まず、羽生名人が投了。木村八段の初優勝が決まった。

羽生vs木村戦の棋譜
http://live.shogi.or.jp/asahi/kifu/20110212asahi_13.html

終了後の挨拶では、最後に「まだ来月に胃の痛い勝負がありますが頑張ります」と述べたという木村八段。3月2日のA級順位戦9回戦、三浦弘行八段戦は3勝5敗どうしの対戦で、勝でばA級残留、負ければA級陥落という「鬼勝負」である。今日の優勝の勢いで、三浦八段との一戦に勝ってA級残留を決めることができるか。賞金1000万円の優勝を喜べるのは、A級残留を決めてからだろう。

準決勝羽生vs郷田戦、決勝羽生vs木村戦とも見応えのある戦いでトップ棋士どうしが戦うトップレベルの将棋の醍醐味を堪能した一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

第82期棋聖戦決勝トーナメント始まる、郷田真隆九段と屋敷伸之九段がベスト8へ名乗り

羽生善治棋聖への挑戦者を決める第82期棋聖戦の決勝トーナメントが始まった。まず、シード棋士6名と2次予選の勝ち抜き者10名の計16名で争う。

シードされているのは、前期ベスト4の深浦康市九段(前期挑戦者)、渡辺明竜王(挑戦者決定戦進出)、郷田真隆九段(準決勝進出)、稲葉陽四段(同)の4人に、タイトルホルダーの久保利明棋王・王将、永世棋聖位有資格者の佐藤康光九段の2人を加えた6名。
2次予選勝ち抜きの10名は、丸山忠久九段、屋敷伸之九段、阿部隆八段、井上慶太八段、行方尚史八段、飯島栄治七段、北浜健介七段、安用寺孝功六段、戸辺誠六段、佐藤天彦五段の10名。

決勝トーナメント1回戦の開幕は一昨日(2011年2月9日)、対局は丸山九段vs屋敷九段戦と郷田九段vs阿部八段戦の2局。
将棋連盟のHPの「最近1週間の結果」によれば、それぞれ屋敷九段と郷田九段が勝ってベスト8に駒を進めた。
2回戦(準々決勝)は、屋敷九段が深浦九段vs飯島七段の勝者、郷田九段が久保棋王・王将vs行方八段の勝者となる。

2人はともに過去に棋聖位に就いたことがあり、屋敷九段は3期、郷田九段は2期の実績を残している。1998年度の第69期棋聖戦では、当時の屋敷棋聖に郷田六段(当時)が挑み3連勝で棋聖位を奪取している。

両者とも最近は好調で、屋敷九段は順位戦のB級1組で7勝4敗で昇級候補となっており、3月11日の最終戦で同じ7勝4敗の松尾歩七段との直接対決に勝てば、念願のA級昇級が決まる。
郷田九段は早指しの朝日杯将棋オープンで快進撃を続け、初のベスト4進出。明日(2月12日)の午前、有楽町マリオンでの公開対局で羽生善治名人と午後の決勝進出を賭けて戦う。
郷田ファンとしては、朝日杯での初優勝、棋聖戦で挑戦者となり羽生棋聖からの棋聖位奪取を願っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

第69期A級順位戦8回戦終了、挑戦も降級も最終戦へ持ち越し

2011年2月2日、将棋の第69期A級順位戦8回戦5局の一斉対局が行われた。下位のクラスと違いA級は7回戦までは全局を同日に行うことはないが、8回戦、9回戦は名人挑戦権、残留・降級にかかわる対局がほとんどなので、同日にいっせいに行われる。

7回戦までの成績は、
6勝1敗:森内俊之九段(順位3位)
5勝2敗:渡辺明竜王(同9位)
4勝3敗:谷川浩司九段(同6位)、久保利明棋王・王将(同10位)
3勝4敗:三浦弘行八段(同1位)、高橋道雄九段(同2位)、丸山忠久九段(同4位)、郷田真隆九段(同7位)
2勝5敗:木村一基八段(同5位)、藤井猛九段(同8位)

東京、大阪の将棋会館でそれぞれ対局が組まれていている。(▲先手、△後手)
東京が
△森内九段(6-1)-▲郷田九段(3-4)
▲三浦八段(3-4)-△高橋九段(3-4)
△丸山九段(3-4)-▲藤井九段(2-5)
大阪が
▲渡辺竜王(5-2)-△谷川九段(4-3)
▲久保棋王・王将(4-3)-△木村八段(2-5)

森内九段が勝って、渡辺竜王が負ければ森内九段の名人挑戦が決まる。
藤井九段は負ければ降級が決まる。木村八段は、郷田九段が勝った場合に、負けると降級が決まる。

最初に決着したのは、東京の三浦vs高橋戦。三浦八段の先手で始まった対局は双方が「得意とする横歩取りに進む。高橋九段の右の桂馬が二段飛びで盤中央に躍り出て、さらに三浦陣に成りこみ、三浦陣の左の桂馬と交換に。さらに、高橋九段は飛車交換を催促して飛車を展開して飛車取りにぶつけるが、三浦八段が飛車先に歩を打って拒否。結局、この手が疑問手だったようで、三浦八段の飛車の行き場が制限され、また玉に近いところに桂馬を成りこまれ桂交換となったことで守りの形も乱されて、以後は高橋九段が局面をリード。三浦八段に逆転の機会を与えずに押し切り、午後10時すぎには三浦八段の投了となった。
高橋九段は4勝4敗とし、今期の順位が2位と上位にいることから、上位8人以内に入ることが確定しA級の地位を維持した。一方、敗れた三浦八段は3勝5敗となり、残留が決まるかどうかは他の棋士の成績次第となった。

次は、同じく東京で行われていた森内vs郷田戦。後手の森内九段がゴキゲン中飛車に構える。居飛車党の印象がある森内九段なので意外な感じがする。先手郷田九段は居飛車で対応。ゴキゲン中飛車の定跡に余り詳しくないので、解説の受け売りだが、森内九段が△3三角と上がった角をを支えるためゴキゲン中飛車では実戦例の少ない△3二銀(12手目)と組んだのに対し、その後の応酬ののち郷田九段の19手目▲3八金がこれまで奨励会でしか指されたことがないようないわば新手。しかし、この郷田九段の▲3八金に森内九段側は思わしい対抗手がなく、一歩損を強いられることに。トップレベルの棋士同士での序盤での一歩の差は大きい。森内九段が局面を打開できない中、郷田九段が自陣の守りを、銀冠さらに穴熊へと固めていき、自陣を固めたところで開戦。序盤で手にした一歩得の歩を▲2二歩打ち込み、▲2ー歩成りと桂馬を捕獲した上、と金ができた。あとは、郷田九段が徐々にリードを広げていく展開。日付が変った直後、万策尽きた森内九段の投了となった。局後、「19手目の▲3八金以下は指してみただけ」と森内九段が語るほど、▲3八金の一手で決まった将棋だったようだ。
7回戦では、久保棋王・王将の作戦に序盤で完敗した郷田九段だったが、挑戦権レースを単独トップで快走していた森内九段を一撃で仕留め、郷田一刀流の面目躍如、会心の勝利だろう。
森内九段は6勝2敗。郷田九段は4勝4敗。すでに自分より順位が下位で2勝5敗の藤井九段が残りを連勝して4勝5敗でも順位差で上位となること、三浦八段が敗れて3勝5敗となり、木村八段が勝って3勝5敗としても、9回戦が三浦vs木村戦であり、どちらかが3勝6敗となるため、郷田九段の今期の8位以上が確定しA級残留が決まった。

残る3局は3日の午前1時を過ぎるまで戦われた。
3局目に決着したのは、挑戦権レース生き残りをかけた大阪での渡辺vs谷川戦。こちらも後手の谷川九段がゴキゲン中飛車を選択。攻めていた渡辺竜王がいったん受けに回るなど攻守に入れ替わりもあり、解説の棋士たちの見解も定まらない難解な勝負だったが、谷川九段の攻めが届かず、最後は渡辺竜王が谷川玉を追い詰め、午前1時11分谷川九段投了。
勝った渡辺竜王は6勝目をあげて森内九段と並び、9回戦で名人挑戦を目指す。一方、谷川九段は4連勝後の4連敗で挑戦レースからは脱落。5勝1敗から3連敗で挑戦を逃した前期と同じような展開になってしまった。

負ければ降級藤井九段、木村八段の対局が続く。

4局目に決着したのが、丸山vs藤井戦。先手の藤井九段が四間飛車。早々に角交換を行い、お互い持ち駒に角を持ちながら手を進める。結果的に藤井九段が攻めの主導権を握り、丸山玉を攻める。丸山九玉は早逃げで3筋から9筋まで攻めをかわしながら逃げたが、藤井九段も冷静に攻め続け、最後は角2枚が守る丸山玉をと金3枚が追い詰めた。双方1分将棋、155手の長手数の末、1時31分に丸山九段投了。
藤井九段は貴重な3勝目を上げ、8回戦での降級をなんとか回避した。順位戦終盤になるとしぶとさを見せる藤井将棋、今年も健在だ。

最後まで続いたのが、久保vs木村戦。順位7位の郷田九段が4勝目を上げたことで、順位5位ながらまだ2勝の木村八段は、負けると降級が確定するピンチとなった。相手は、昨年から好調の久保棋王・王将。A級も初戦勝利のあと3連敗と降級の危機を思わせたが、その後3連勝。4勝3敗と勝ち越し、勝って5勝目を上げれば、残留にとどまらず、上位棋士の成績次第では挑戦に向けたプレーオフの望みも出てくる。
先手久保二冠の中飛車穴熊に対して、木村八段の居飛車銀冠。この勝負は長かった。なんと198手。終了が1時50分。途中から、木村八段の攻めとなっったが、何度も穴熊を補強して粘る久保二冠。最後は、久保の勝負手も、木村にうまくかわされ、久保二冠の投了となった。

結局8回戦は、渡辺-谷川戦以外の4局は、7回戦までの成績が下位だった方が勝った。

6勝2敗:森内俊之九段(順位3位)、渡辺明竜王(同9位)
4勝4敗:高橋道雄九段(同2位)、谷川浩司九段(同6位)、郷田真隆九段(同7位)久保利明棋王・王将(同10位)
3勝5敗:三浦弘行八段(同1位)、丸山忠久九段(同4位)、木村一基八段(同5位)、藤井猛九段(同8位)

3敗がいなくなり、挑戦者レースは森内、渡辺に絞られた。一方、藤井、木村の二人に黄色信号が点いていた降級争いは混沌としてきた。3勝5敗の4人、9回戦は三浦vs木村戦が組まれているので、負けた方が降級。丸山、藤井が勝って4勝5敗となった場合に、久保二冠が負けて4勝5敗となると順位差で久保二冠に降級の椅子が回ってくることになった。

3月2日の最終9回戦の組み合わせは次の通りで、谷川vs郷田戦以外は挑戦、残留が懸った戦いになる。
▲森内(6-2)-△久保(4-4)<挑戦vs残留>
△渡辺(6-2)-▲丸山(3-5)<挑戦vs残留>
▲谷川(4-4)-△郷田(4-4)<来期の順位争い>
▲高橋(4-4)-△藤井(3-5)<藤井は負ければ降級>
△三浦(3-5)-▲木村(3-5)<勝った方が残留、負けた方が降級>

降級の可能性が残る久保二冠以下の5人の残留の条件は以下の通り。

久保二冠:勝ち→残留、負け→丸山・藤井のどちらかが負ければ残留
丸山九段:勝ち→残留、負け→藤井が負ければ残留
藤井九段:勝ち→久保・丸山の両方勝てば降級、どちらかが負ければ残留、負け→降級
三浦八段・木村八段:他棋士の成績に関係なく、勝ち→残留、負け→降級

(訂正:正しくは負けて即降級は木村八段のみ、三浦八段は負けても、藤井九段・丸山九段がともに敗れれば降級を免れる)

3月2日のA級順位戦最終9回戦、今年の「将棋界の一番長い日」は、すさまじい一日になりそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »