« 吉村昭著『三陸海岸大津波』を読んで思う記録することの大切さ、天災は忘れた頃にやって来る | トップページ | 第69期名人戦七番勝負第3局、羽生善治名人がまさかの3連敗で、森内俊之九段が2度目の名人復帰に王手 »

2011年4月29日 (金)

将棋第82期棋聖戦挑戦者決定戦深浦康市九段vs佐藤天彦六段戦は、深浦九段が勝って2年連続の挑戦者に決まる

将棋の棋聖戦の決勝トーナメントもいよいよ残るは深浦康市九段と佐藤天彦六段の2人となり、2011年4月28日に挑戦者決定戦が行われた。

昨年の挑戦者でもある実力者・深浦九段の登場に意外感はないが、もう一方の佐藤天彦六段はとうとうここまで勝ち上がってきたかという感じである。今期、2次予選から登場した佐藤五段(予選開始時)は、森内俊之九段、木村一基八段を破り決勝トーナメント16名に残り、決勝トーナメントでも北浜健介七段、渡辺明竜王、郷田真隆九段と前期のA級棋士4名をなぎ倒して決定戦まで勝ち残った。(郷田九段ファンの私としては、準決勝で郷田九段に佐藤六段の快進撃を止めてほしかったというところが本音である)
佐藤六段は、将来を嘱望される若手の一人だったが、四段一昨年の稲葉四段の棋聖戦挑戦者決定戦進出、糸谷五段の2年連続でのNHK杯準優勝、広瀬王位の誕生、豊島六段の王将位挑戦と相次ぐ20代棋士の活躍に触発されたのか、昨年度、17連勝を記録して年度の「連勝賞」を獲得するとともに、35勝9敗で勝率0.795を記録、「勝率1位」も獲得。更に、順位戦でもC級2組10連勝でC級1組昇級を決めるなど絶好調で、この挑戦者決定戦の前も、6連勝(新人王戦での奨励会三段相手の勝利も含む)と好調だ。また、直前の第24期竜王戦ランキング戦3組準決勝では、富岡英作八段に勝って3組決勝進出を決め、来期の2組昇級が確実となったことから、「五段昇段後竜王戦ランキング戦連続昇級」と「竜王戦2組昇級」という2つの基準をクリアし六段に昇段、この挑戦者決定戦は六段として迎える初めての戦いとなった。

将棋の内容は、後手となった深浦九段が、4手目△3三角戦法を採用。序盤から局面を主導する展開となり、攻め駒となった△3一の銀が20手目△4二銀→28手目△5三銀→30手目△6四銀→36手目△5五銀→38手目△6六銀とあっという間に佐藤陣の目前まで迫り、50手目に△6七銀成と相手の銀と差し違えるまで進んだ。この銀の捌きを見ても、深浦ペースといえる展開だった。その後、攻め合いとなったが、深浦九段が金を捨てながら馬を巧みに操って、王手銀取りをかけ、深浦陣への攻めの拠点だった▲7五の銀を90手目に素抜いたことで勝負の帰趨は明らかになった。佐藤六段も粘りを見せたが、最後は力つき投了。広瀬王位、豊島六段に続く、「(渡辺竜王より)もっと若い世代」からのタイトル挑戦はならなかった。

<第82期棋聖戦挑戦者決定戦深浦康市九段vs佐藤天彦六段戦の棋譜>
http://live.shogi.or.jp/kisei/kifu/20110428.html

勝った深浦九段は8回目のタイトル戦登場となる。棋聖戦では昨年第81期に続き2回目。1年前は、王位タイトルホルダーとして二冠めを目指す戦いだったが羽生善治棋聖の前に3連敗で敗退。その後、王位戦の防衛戦でも2勝4敗と新鋭広瀬六段の敗れ3期守ったタイトルを失い無冠となった。順位戦B級1組でも両タイトル戦と重なった9月までは1勝4敗と負けがこみ、よもやのB級1組陥落かと思わせるほど不調で、昨年度上半期は10勝17敗と大きく負け越した。 10月以降は復調し、B級1組の後半は6勝1敗でA級復帰こそ逃したものの7勝5敗で第3位を確保、また昨年度下半期トータルでもは14勝9敗とした。しかし、上半期の負け越しを取り返えせず、年度通算でも24勝26敗と負け越した。将棋連盟のホームページの過去の記録を遡る限り2000年度以降初めての年間負け越しである。

いわば、深浦九段の昨年度の不調のきっかけとなったのが、棋聖戦五番勝負での3連敗と言えるかもかもしれない。それまでは、深浦九段と言えば、「羽生善治と互角の成績を残している唯一の棋士」であり、前期の棋聖戦前の時点では、55戦で羽生28勝-深浦27勝と好勝負を繰り返してきた。しかし、その後は棋聖戦で3連敗に加え王位戦リーグでも敗れ、59戦で羽生32勝-深浦27勝と5勝の差がついた。
今回の棋聖戦五番勝負で昨年度のリベンジを果たし、無冠返上を果たすことができるか。深浦九段の将棋に注目である。

|

« 吉村昭著『三陸海岸大津波』を読んで思う記録することの大切さ、天災は忘れた頃にやって来る | トップページ | 第69期名人戦七番勝負第3局、羽生善治名人がまさかの3連敗で、森内俊之九段が2度目の名人復帰に王手 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/51530186

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋第82期棋聖戦挑戦者決定戦深浦康市九段vs佐藤天彦六段戦は、深浦九段が勝って2年連続の挑戦者に決まる:

« 吉村昭著『三陸海岸大津波』を読んで思う記録することの大切さ、天災は忘れた頃にやって来る | トップページ | 第69期名人戦七番勝負第3局、羽生善治名人がまさかの3連敗で、森内俊之九段が2度目の名人復帰に王手 »