« 震災報道への疑問、なぜ海外からの支援に触れないのか? | トップページ | 6回めの羽生-森内対決となった第69期名人戦七番勝負始まる、第1局は挑戦者の森内俊之九段が羽生善治名人を破り先勝 »

2011年4月 6日 (水)

auスマートフォンIS03、4月14日からアンドロイド2.2へアップデート開始、ようやく将棋の棋譜中継が見られるか?

昨年(2011年)11月に、iPhone追撃のためauが鳴り物入りで市場に投入したスマートフォンIS03。私も、予約をしてまで手に入れた1人だったが、いざ使い始めて見ると、年明けに音楽プレイヤーソフトLISMOへの対応が実現したものの、セールスポイントのひとつ「おサイフケータイ」は、いまだWAONとEdyへの対応だけでSuicaには未対応。Flash対応は不十分で、個人的に楽しみにしていたプロ棋士の将棋の棋譜中継は見られず、期待はずれの部分も多かった。

昨年秋の製品発表の時点では、来春にはOSをアンドロイド2.1から2.2にアップデートすると予告していたが、3月中には何のアナウンスもなく、はて約束は守られるのだろうかといぶかっていた利用者も多かったに違いない。その後、市場に投入される新製品の中には、アンドロイド2.2、さらには2.3を搭載したものも続々と投入され、いまや2.1は何の新鮮味もないOSに成り下がってしまった。

今日(2011年4月6日)になってようやく、来週4月14日からIS03のOSのアンドロイド2.2へのアップデート実施する旨、auからプレスリリースされた。

〈お知らせ〉 「IS03」における「Android™ 2.2」へのアップデート実施について
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2011/0406/index.html?did=au_topc5142

OSがアンドロイド2.2となることで、AdbeのFlash Player 10.1がインストール可能となり、Flash Player 10.1が使えるようになれば、パソコンで視聴可能な将棋の棋譜中継もまともに見ることができるようになるはずである。

それが実現すれば、残るは、携帯電話とiPhoneには対応済みの将棋連盟の「モバイル棋譜中継」のアンドロイドへの対応だ。こちらは、将棋連盟のホームページには「尚、Android搭載機種対応のアプリについても今後制作を予定しております。」とは書かれているものの、時期については何のコメントもない。果たしていつになるのか、できれば、早くしてほしいものである。

|

« 震災報道への疑問、なぜ海外からの支援に触れないのか? | トップページ | 6回めの羽生-森内対決となった第69期名人戦七番勝負始まる、第1局は挑戦者の森内俊之九段が羽生善治名人を破り先勝 »

将棋」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/51320263

この記事へのトラックバック一覧です: auスマートフォンIS03、4月14日からアンドロイド2.2へアップデート開始、ようやく将棋の棋譜中継が見られるか?:

« 震災報道への疑問、なぜ海外からの支援に触れないのか? | トップページ | 6回めの羽生-森内対決となった第69期名人戦七番勝負始まる、第1局は挑戦者の森内俊之九段が羽生善治名人を破り先勝 »