« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の記事

2011年5月29日 (日)

本日(2011年5月29日)「栄枯盛衰・前途洋洋」70万アクセス到達で思うこと、「戦後」の終わり

今日(2011年5月29日)の午後9時過ぎ、このブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」の総アクセス数が70万件に達した。書き始めた2006年2月26日から数えて5年3ヵ月。60万件を記録したのが、昨年(2010年)の8月28日なので、60万件からから70万件までの10万件をクリアするのにほぼ9ヵ月。50万件から60万件の10万件のほぼ1年かかったことを思えば、少しペースアップした。

この9ヵ月を振り返ると、個人の生活でも、日本という国でみても大きな変化があった。個人的な面では3月から職場が変ったことが一番大きな変化だ。そして、新しい職場に着任早々の3月11日にあの東日本大震災が起きて、1945年以来続いてきた「戦後」が終った。後世の歴史家には、3月11日以降は、「大震災後」を言われるようになるに違いない。

この2011年3月11日以前にも、「戦後」の枠組みは少しづつ崩れていたと思うが、この震災の激震が、とうとう最後の一撃を「戦後」という旧体制に加え、その土台から粉々に崩した。

戦後の日本を支えていた枠組みの終焉の始まりは、1993年8月の細川内閣誕生による「自民党一党支配の終わり」から始まっているように思う。選挙民の意識が多様化し、日本をひとつにまとめてきた自民党政権が終りを告げた。
その後のバブル崩壊に伴う金融危機で、戦後日本の高度成長を資金の面で支えるため「護送船団方式」で守られていた金融機関が次々と破綻し、生き残りのため多くの金融機関の統合・合併が行われた。
そして、今回の大震災の中で、東京電力の福島第一原子力発電所が破綻。その悪影響は計り知れず、この事故までは、この日本の中で最も安定した民間企業であった東京電力が企業として破綻同然の状態に陥った。電力は、日本産業の安定生産のため、欠くべからざるものであり、それを提供する電力会社はこの競争激化社会の中でも、例外的に地域独占、料金認可制度で守られ続けていた。
日本の企業社会を支えてきた土台ともいえる、政治・金融の部分が崩れ、最後の砦であった電気のというインフラも土台を揺るがす大事故に、機能不全となってしまった。

おそらく、これからの50年・100年を見据えた、土台となる仕組みを考え作っていく時期を迎えたのではないかと思う。
経済成長によって日本社会全体を潤そうとし、そのために最も効率的な仕組みが作り上げられていた「戦後」日本。それを支えていた政治も金融も電力もみな機能不全となってしまった。
何を国の政策の基本に据え、その達成のために必要な仕組み・枠組みを新しく考え、組み立てていく時代を迎えたのだと思う。

そんなことを考えずにはいられない、3月11日以降である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

「ボクらの時代」をきっかけに、有川浩の『図書館戦争』シリーズにすっかりはまる

1ヵ月ほど前だったか日曜日の朝、起き抜けにたまたまテレビをつけるとトーク番組「ボクらの時代」(改めてネット検索で確認すると、放映日は2011年5月1日(日)、フジテレビ)とを放送中だった。
話していたのは、原作が映画化された作家ということで、万城目学(まきめまなぶ)、有川浩(ありかわひろ)、湊かなえの3人。

ちょうど、その頃、映画の原作として文庫化されたばかりの万城目学の『プリンセス・トヨトミ』を読んでいた。

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

すでに『鴨川ホルモー』、『鹿男あおによし』は読んでいて、関西3部作の最後を飾る『プリンセス・トヨトミ』も文庫化されたら読もうと思っていたのだ。

鴨川ホルモー (角川文庫)
鴨川ホルモー (角川文庫)

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
鹿男あをによし (幻冬舎文庫)

3作とも奇想天外、荒唐無稽なホラ話だが、ホラ話もここまで大ボラになれば、笑うしかない。しかし、背景にある歴史の知識や、リアリティーのある作中の人物像は、ホラ話をひょっとするとこんなこともあるかもと思わせるところがあり、読み始めるや、読者はあっという間に万城目ワールドに引き込まれてしまう。
そのホラ話の作者はどんな人だろうという興味で見始めたが、いったて普通の青年あった。

この番組を見て、一番驚いたのは、有川浩が女性だったことである。漢字の名前から、てっきり「ありかわひろし」という男性だとばかり思っていた。(Wikipediaにも「名前の浩が「ひろし」と読めるため男性だと勘違いされることも多い」と書かれている。)
こちらは『阪急電車』が映画化。

阪急電車 (幻冬舎文庫)
阪急電車 (幻冬舎文庫)

「子どもの頃からお話を考えるのが好きだった」という。関西弁も交えた軽妙な語り口は、どこか人を惹きつけるものがある。
すぐに本屋で『阪急電車』とこれも文庫化されたばかりの図書館戦争シリーズ2冊『図書館戦争』『図書館内乱』を買った。

図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
図書館戦争 (角川文庫)

図書館内乱  図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)
図書館内乱 (角川文庫)

『図書館戦争』もその一風かわったタイトルからずっと気になっていたが、手に取ったのは初めて。私が夢中で読んだ佐藤多佳子の『一瞬の風になれ』が2007年の第4回本屋大賞を受賞した時の第5位が『図書館戦争』だった(ちなみに第6位が『鴨川ホルモー』)。

『図書館戦争』を読み始めると、すっかり引き込まれてはまってしまった。舞台は、近未来をイメージしているのか、図書に検閲が行われるようになっている日本。メディア良化委員会という組織が有害図書を検閲し没収する。そのような時代の中で、図書館は「図書館の自由」の精神のもと、検閲本も含め、収集・閲覧・貸出を続けるが、それを守るためための組織として武装した図書隊という組織を有している。
話は、志願して図書隊に入った女性新人隊員笠原郁と彼女の周りの人間関係を描く。
この図書館シリーズも万城目ワールドとは趣は違うが、架空の作り話(その後、東京都で性描写等で有害とされた漫画を規制する条例改正案が可決されたことを思えば架空の話ともいえないかしれない)であるのだが、登場する人物像は実に丁寧に描かれており、こんな人いるかもしれないというリアリティが作品世界を支えている。
すでに『図書館戦争』『図書館内乱』は読み終わり、文庫化されたばかりの3作目の『図書館危機』を読み始めたところ。

図書館危機  図書館戦争シリーズ3 (角川文庫 あ 48-7 図書館戦争シリーズ 3)
図書館危機 (角川文庫)

これから、2011年6月に4作目『図書館革命』、7月にスピンオフ作品である『別冊図書館戦争Ⅰ』、8月に『別冊図書館戦争Ⅱ』が文庫化される。しばらく、良質のエンターテイメントが楽しめそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

選抜基準が変った第5回ネット将棋・最強戦1回戦第2局、郷田真隆九段が山崎隆之七段を破り2回戦進出

2007年から始まったネット将棋最強戦も今年で5回目を迎えた。これまでは、前期ベスト4、タイトルホルダー、公式棋戦優勝者、賞金ランキング上位者の順16名が選ばれ、トーナメントを戦ってきた。しかし、結果的に前期優勝者、タイトルホルダーと賞金ランキングの上位者計12名で争うJT杯日本シリーズと同じような出場者の顔ぶれとなっていた。

主催者の将棋連盟や協賛の大和証券が、それではこの棋戦の特色が出ないと考えたのか、あるいは若手棋士にも門戸を開こうという意図か、5回めの今回から出場棋士の選抜基準が大幅に変更になった。まず、段位別に八段以上8名、六・七段4名、四・五段4名と出場枠を割り当て、その中で、前年度の年間成績(第5回は2010年4月1日~2011年3月31日)の「対局数」「勝星数」「勝率」の3部門の順位を足して数字の少ない棋士から順に選抜することに変更になり、タイトル保持はまったく考慮されなくなった。
この基準では、より多く対局し、より多く勝っている棋士から選ばれることになる。

選ばれたのは以下の16名
<八段以上>
羽生善治名人、佐藤康光九段、渡辺明竜王、丸山忠久九段、郷田真隆九段、久保利明棋王、島朗九段、屋敷伸之九段
<六段・七段>
広瀬章人王位、豊島将之六段、戸辺誠六段、山崎隆之七段
<四段・五段>
佐藤天彦五段、村山慈明五段、阿部健治郎四段、菅井竜也四段

七段以下で選抜された豊島六段、戸辺六段、佐藤天彦五段、村山五段などは、最近各棋戦で活躍が目立っており、タイトルホルダーやA級棋士でも倒してしまう勢いがある。
一方、そのあおりをくって、これまで4回連続出場だった谷川浩司九段、森内俊之九段、藤井猛九段、三浦弘行八段、木村一基八段などが選から漏れた。木村八段以外の3人は2010年の賞金ランキングでは、今回選抜された郷田九段、屋敷九段、島九段よりより上位につけており、また森内九段は前回の準優勝者でもあり、選抜基準変更の大きさがわかる。

選抜基準変更に込められた期待を裏切ることなく、2011年5月1日の開幕戦:丸山九段vs豊島六段戦では、豊島六段が名人経験者でもある丸山九段を破って2回戦に進出した。

1回戦第2局は、郷田九段vs山崎七段戦。郷田九段は第1回優勝者、山崎九段は第3回の優勝者である。
山崎九段の先手で始まった将棋は、お互いに飛車先の歩を突きあう相掛かりの展開へ。郷田九段が飛車とは反対の2筋に銀冠で玉を囲う構えを見せたのにに対し、山崎七段は飛車を5筋に飛車を振り、郷田玉と向き合うようにも向き合うように玉を2筋に移動させる。しかし、お互いに飛車先の歩を取り合っているので、山崎玉の玉頭に歩の守りはない青天井の珍しい構えとなった。
郷田九段は山崎玉が青天井の囲いに収まった瞬間をとらえて開戦。5筋、6筋と攻めかけ、△9三に跳ねていた桂馬を△8五桂、さらに△7七桂成と成り捨て、▲同桂としたところに△8七飛成と竜で2筋の突破に成功。その後は郷田ペースで進み、ほどなく山崎七段の投了となった。
この棋戦では、第1回優勝、第2回ベスト4のあと、第3回、第4回と1回戦敗退が続いていた郷田九段だったが、3年ぶりに2回戦に駒を進めた。2回戦の対戦相手は、渡辺明竜王vs村山慈明五段の勝者。5年ぶりの優勝に向けて勝ち続けてほしいものだ。

なお、次の第3局は今週末(2011年5月15日)、新進の菅井竜也四段が羽生善治名人に挑む。「竜」の名を持つまだ19歳の若者が、名人に対してどんな戦いぶりを見せるのか、こちらも興味津々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

第69期名人戦七番勝負第3局、羽生善治名人がまさかの3連敗で、森内俊之九段が2度目の名人復帰に王手

将棋の第69期名人戦七番勝負第3局は、2011年5月6日・7日の両日、宮崎市で行われた。
2連勝で波に乗る挑戦者の森内九段、2連敗と厳しいスタートの羽生名人。先手番の時に、きちんと勝つことがポイントと言われる2人の対戦の中で、第3局は森内九段の先手。
2連勝の森内九段としては、自らの先手番のこの第3局を確実に勝ちきることで、初めて第2局の後手番での勝ち星が生きてくる。逆に羽生名人にとっては、後手番の本局でなんとか勝利を手にすることができれば、第4局では先手番が回ってくるため、2勝2敗の五分に持ち込める可能性は十分にある。

▲7六歩と角道をあけた森内九段に対し、△3四歩、▲2六歩と進み、次の4手目羽生名人は△5四歩と5筋の歩を突き「ゴキゲン中飛車」戦法を選択した。谷川九段が「ゴキゲン中飛車」を指すところは何回か目にしたことがあるが、羽生名人が指すのはあまり見たことがない。
羽生名人の成績を記録しているホームページ「玲瓏」の戦型別対局成績で見ても、羽生名人が「振り飛車」を採用しているのは、本局も含めた1572局の中で177局(11. 26 %)。昨年度(2010年度)では、57局のうち「振り飛車」わずかに1局となっている。 
名人戦棋譜速報の解説コメントによれば、森内九段も「ゴキゲン中飛車」は予想していなかったようだ。

森内九段の対抗手は、2010年の升田幸三賞にも輝いた「ゴキゲン中飛車」への対抗手「超速▲3七銀戦法」。玉の守りはそこそこにしておいて、左の銀を▲4八銀、▲3七銀、▲4六銀と早めに前線に繰り出して、攻守両面に備えようとする手だ。
今回も23手目の駒組みの段階までは、前期の第69期A級順位戦2回戦の郷田真隆九段vs藤井猛九段戦(先手郷田九段の勝ち)と同じ展開で進んだという。24手目に羽生名人が△4四歩と従来にない新手を指して、郷田・藤井戦とは違う展開になったが、「ゴキゲン中飛車vs  超速▲3七銀戦法」が、トップのプロ棋士の間でも、検討課題が多いのだろうということをうかがわせる。

その後、森内九段の▲4六銀は、▲3五銀(29手目)、▲3四銀(39手目)と△3三にいる角の目前まで進撃し、△同銀、▲同飛と進み、羽生陣の守備の銀と交換されて役目を終えた。
本局の▲3四銀の展開は、△3四歩(38手目)と打って羽生名人が銀交換を催促したことによるが、素人目から見ると、▲3七銀が相手の銀と交換される展開になれば、この銀は攻め駒として十分働いたことになり、居飛車側としては不満のない展開といえるのではないだろうか。
一方で、この時点で羽生名人の飛車は△5二に振られたあとは、まだ動いておらず、この時点ですでに形勢は森内九段が若干優位に立っているのではないかと思う。

その後も徐々に差が開いていったんではないかと思う。羽生名人は玉を美濃囲いで守っていたが、端歩(△9四歩)を突いておらず、玉の懐が狭い。森内九段は龍を作り羽生玉を横から攻める。終盤での羽生マジックが出ることもなく、森内九段が押し切って3勝目をあげ、2度目の名人復帰まであと1勝とした。

羽生vs森内戦は2010年10月23日の王将戦の挑戦者決定リーグで記念すべき100局めを迎え、それを記念して『羽生vs森内百番指し』が刊行されたことは第1局の記事でも書いた。
しかし、森内九段が羽生名人に名人位を奪われた3年前の2008年6月16日・17日の第66期名人戦七番勝負第6局が97局目。その後、2008年度の第58回NHK杯の決勝を経て、99局目が2009年8月7日の第22期の竜王戦決勝トーナメント準決勝。1年2ヵ月以上間が空いている。それ以前で、それほど2人の対戦間隔が空いたのは1998年11月の第57期のA級順位戦での対戦から2000年1月の翌第58期A級順位戦まで空いて以来の11年ぶりのことである。
『羽生vs森内百番指し』の中で、羽生名人はインタビューの中で「通算100局はもう少し早くくると思っていた・・・」と語り、おなじく森内九段は「まえがき」の中で、「ここ数年は対局数が減っており、最後の数局に随分と時間がかかってしまった。」と語っている。

羽生VS森内百番指し
羽生VS森内百番指し

私の推測の域を出る話はないが、森内九段は 『羽生vs森内百番指し』をまとめる中で、改めて羽生名人とのこれまでの100局の棋譜を見直し、自分の将棋について見直し、何か思うところがあったのではないだろうか。

今回の名人戦七番勝負での好調は、3年前の名人位失冠以来雌伏していた森内九段が 『羽生vs森内百番指し』をきっかけに何かをつかんだからなのではないか。同書の森内九段のインタビューは、「私もこの“百番指し”を契機として、少しでも努力を積み重ねていくことができればと思います」というコメントで締めくくられている。

3連勝で名人復帰に王手をかけた森内九段。できれば、羽生名人が本領発揮をする前に、4連勝、ないし4勝1敗で勝負を決めてしまいたいというのが本音だろう。さて、5月17日・18日に弘前市で行われる第4局では、どういう結果が出るのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »