« 我が家の7月の節電は前年比約30%減だった | トップページ | おくればせながら、なでしこジャパンのワールドカップ優勝の足跡をふりかえる »

2011年7月30日 (土)

第37期棋王戦挑戦者決定トーナメント2回戦で郷田真隆九段が横山泰明五段を破りベスト16進出

将棋連盟ホームページの「最近1週間の結果」を見ると、昨日(2011年7月29日)に行われた第37期棋王戦の挑戦者決定トーナメント2回戦で、郷田真隆九段が予選を勝ち上がって来た横山泰明五段を破って、ベスト16に駒を進めた。

第23期棋王戦五番勝負で挑戦者となったこともある郷田九段(当時六段)だが、その後は第26~28期、、第31期と挑戦者決定戦まで進んだものの、久保利明六段(当時)、佐藤康光九段、丸山忠久九段、森内俊之九段とライバル達に敗れ二度目の挑戦には至っていない。
その後は32期:ベスト8、33期:初戦(2回戦)敗退、34期:初戦(2回戦)敗退、35期:ベスト16、36期:初戦(2回戦)敗退と精彩を欠いている。特に、初戦敗退の3回が自分より段位の低い棋士に敗れており、ファンとしては歯がゆい思いをすることが多かった。棋王戦での次の対戦相手は、森内名人vs深浦九段戦の勝者。これからは、タイトルホルダーやA級棋士ばかりになってくるので、簡単ではないが、このへんで存在感を見せつけてほしいところだ。

これで、今年度の戦績も11戦で5勝6敗と勝率5割まであと1勝。8月8日の高橋道雄九段とのA級順位戦2回戦。初戦の渡辺竜王戦の敗れていることもあり、この1戦はなんとか勝って年度成績のA級の成績も五分にして、秋以降に大暴れする土台を固めてほしいものだ。

|

« 我が家の7月の節電は前年比約30%減だった | トップページ | おくればせながら、なでしこジャパンのワールドカップ優勝の足跡をふりかえる »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/52344411

この記事へのトラックバック一覧です: 第37期棋王戦挑戦者決定トーナメント2回戦で郷田真隆九段が横山泰明五段を破りベスト16進出:

« 我が家の7月の節電は前年比約30%減だった | トップページ | おくればせながら、なでしこジャパンのワールドカップ優勝の足跡をふりかえる »