« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の記事

2012年2月26日 (日)

第37期棋王戦五番勝負第2局、挑戦者の郷田真隆九段が久保利明棋王に勝って1勝1敗

将棋界の七大タイトルの中で、年度で一番最後に始まる棋王戦は、2月、3月で五局の番勝負をこなす。今期の場合、1月に始まって3月まで七番勝負を戦う王将戦とタイトルホルダーが同じ久保利明棋王・王将であり、2つのタイトル戦のスケジュールが入り組むように組み立てられている。(久保が棋王・王将の二冠を防衛した前期、棋王位防衛と王将位獲得を果たした前々期も同様だった)

前期は棋王戦で渡辺竜王、王将戦で豊島将之六段と自分より若い挑戦者の退けた久保二冠だったが、今期は棋王戦では郷田真隆九段、王将戦では佐藤康光九段と久々のタイトル復帰を狙う「羽生世代」の2人のA級棋士を迎え撃つ。さらに、久保二冠は順位戦でA級陥落の危機に瀕している。

久保二冠の1月以降の3棋戦の成績を見ると、
1月7・8日王将戦第1局●(負け)
1月12日順位戦第7局●(負け、対羽生善治二冠)
1月25・26日王将戦第2局●(負け)
2月1日順位戦第8局○(勝ち、対佐藤康光九段)
2月5日棋王戦第1局○(勝ち)
2月15・16日王将戦第3局●(負け)
2月21・22日王将戦第4局○(勝ち)
という状況になっている。

順位戦では、第8局で佐藤九段に勝って2勝6敗として暫定8位となり、最終戦の丸山忠久九段戦に勝てば自力で残留が決められるところまできたが、相手の丸山九段も陥落候補組で勝たない限り残留の目はないという鬼勝負。この大一番が3月2日にある。
王将戦は3連敗でカド番に追い詰められたが、直近の第4局をなんとかものにして1勝3
敗。防衛にのぞみをつないだ。
2月の成績次第ではA級陥落確定や王将失陥も確定してしまう可能性もあったが、なんとか凌いで、すべてが決まらない状態で臨んだのが今回の棋王戦第2局である。
対する郷田九段はA級残留は12月の第7局で早々に確定。2月に入り棋王戦第1局で敗れ、ベスト4まで進んだ朝日杯オープンでも準決勝で広瀬七段に敗れたものの、その後の棋聖戦決勝トーナメント1回戦、王座戦の二次予選決勝ではそれぞれ 飯塚七段、鈴木八段に勝っている。本局を迎えた。
久保棋王は勝てば郷田九段をカド番に追い込みタイトル防衛に王手がかかる。他の他の棋戦で追い込まれていることもあり、棋王戦では優位な立場を築いて余裕を持ちたいところ。郷田九段は逆の立場なので、なんとか本局に勝って1勝1敗のタイに持ち込みたい。どちらも勝ちたい1局。

第2局は久保棋王の先手。どんな戦法を選ぶかの選択権をもつ立場。▲7四歩、△3四歩とお互いの角道を開けたあと、久保棋王の得意の三間飛車石田流に進んだ。久保棋王は意欲的に手を進め、定跡から離れて飛車銀両取りの▲5五角を放つ。結局、この久保棋王の仕掛けは、先手久保棋王にとって飛車銀交換も駒損の変りに馬を作るという結果になった。この馬を作る角成が21手目で、先手玉は▲4八の位置、後手玉に至っては△5一の居玉の位置のままで、激しい戦いが始まった。
お互い、玉の守りは貧弱なので、どちらが攻め勝つかの勝負。しかし、いくら馬を作ってるとはいえ、飛車銀交換で駒損の先手久保棋王は、局面が落ち着いて持久戦となると、勝ち目がなくなる。常に攻め続け、その過程で駒損を回復しつつ、相手を追い込んでいく必要がある。
一方、郷田九段は当面は受けに回り、なんとかつけいる隙を与えずに、久保棋王の攻めを切れ筋に追い込み、反転攻勢の機会をうかがう展開になった。郷田九段は、郷田陣の桂馬・香車をとって駒損を回復しようとする久保棋王の▲2二角打に△1二飛車と打って、駒損回復の機会を与えず、飛車銀交換の駒の損得の差を維持したまま、局面の打開を目指す。

結果的に郷田九段が、久保棋王が繰り出す数々の仕掛けを全て受けきって、やや切れ気味となったところで、反転攻勢に出て、飛車切りを交えて、久保棋王を一気の寄せ切った。

今回の観戦は、ニコニコ動画での森下卓九段の解説と、加えて将棋ソフトの「激指9」の検討モードでの形勢分析と最善手、次善手等の提示をあわせて観戦したが、乱戦になってからの郷田九段の指し手のほとんどが「激指9」の示す最善手だった。一方、劣勢だった久保棋王は時々「激指9」の示す最善手・次善手等の候補手にない手が指すことがあった。

前回の第1局は序盤でわずかにリードした久保棋王を郷田九段が追いすがり粘るも、久保棋王が勝ちきるといういわばがっぷり組んだ四つ相撲で158手、終局が19時29分と夕食の時間帯までの長い将棋だったが、今回が序盤からの急戦となり、88手、終局が17時16分と早い終局だった。

2012372s

(第2局終局後、大盤解説会場で話す郷田九段、中継ブログ「棋王戦中継plus」より)

簡単にまとめてしまえば、久保棋王の無理筋の仕掛けを、郷田九段が的確に咎めて勝ちきったということになるだろうか。
久保棋王が、従来にない新手の攻めを採用したのは、毎回好調の挑戦者を迎え、タイトルを防衛するためには、いつも通りの将棋を指しているだけでは勝ちきることは難しいので、リスクをとって新手に取り組むぐらいでないと覚束ないという面もあると思うが、実力が拮抗する相手とあれば、奇襲戦法で相手に将棋を指させないうちに勝ちたいと思いもあるように思う。久保棋王が石田流の本流の展開に持ち込まず、奇襲に出たのは、A級棋士の地位の維持と王将、棋王の二冠の防衛という三つの成果を出さなければならない中、下手をすると三つとも失いかねない状況の中で、早く成果を出したいという「焦り」の気持ちがあったのではないかという気がする。

郷田ファンの私の願いとしては、郷田九段の棋王位奪取である。1勝1敗としたことで、五番勝負は振り出しに戻り、新たにこれからの三番勝負で2勝することが求められる。先手番となる3月4日(日)の第3局を確実に勝って、自らの誕生日3月17日(土)に開催される第4局で棋王タイトルという誕生祝をつかみとってほしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」第174回「夢の旅客機、未来へのフライト」を見て、全日空(ANA)について考える

2月17日(金)午前0時15分から再放送された、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」第174回「夢の旅客機、未来へのフライト」を録画して、昨日の朝、見た。

Ano_photo011_2

全日空が世界の航空会社に先がけて導入した最新鋭の航空機ボーイング787。その就航一番機を操縦したパイロット早川秀明氏(52)を追ったドキュメンタリー。

番組の編集の視点は2つで、まず、新型機B787が無事に営業運航が始められるよう、フライトシュミレーターでのチェックやフライトテストを繰り返し、徹底的の不具合を洗い出す姿。もう1つの視点は、新型機の訓練部長として、B787を操縦するパイロットを育成する姿だ。

航空会社では、各業務の専門化が進んでおり、新型機B787の就航にあたっても、整備部門の各専門家が徹底的にチェックを行っている。早川機長は、それを指して、我が社では皆が自分たちが安全の最後の砦と思っている。自分はそれぞれが砦と思っているチェックをさらに重ねてチェックする砦の砦と自らを位置づけている。

一方、訓練部長として後輩のパイロットを訓練するにあたっては、「考えるパイロット」を育てたいとしている。自動化が進む航空機の操縦技術。ややもすれば、機械に任せておけば大丈夫という安易な気持ちになるのも、しかたのないところだろう。そういう機械依存のパイロットが増えたせいなのか、近年、大事故に繋がってもおかしくないニアミスなどのミスが頻発している。
自らは常に、自動運航中も10km~15km先の雲や煙、海の波の様子などを「全てが情報」と語り、これから先の航路を常に予測しながら飛ぶ。「考えるパイロット」を実践する姿だ。

新型機種を導入するにあたっての航空会社の取り組みがつぶさに語られ、内幕もののドキュメンタリーとして見応えがあるが、この時期に全日空という会社がこの番組の企画・取材を認めたには、単なる自社や新型機B787のPR以上のものがあると思う。

パイロットによるミスが続く中、これだけ安全運航へのこだわりを持っているということを視聴者に対して伝えること、あわせて社内の関係者に対しても、TVそれもNHKで、社会に対してこれだけの宣言をしたのだから、後には引けないという危機感・緊張感を持たせる両面の狙いがあるように思う。

全日空は、2008年に公開された綾瀬はるか主演の『ハッピーフライト』(矢口史靖監督)の制作にも全面協力した。

この映画では飛行機が飛び立つまでに行われるそれぞれの持ち場でのチェックがいか大切か描いた。その個々の基本的なチェックを、それぞれの持ち場の担当者ちょっとした理由でおろそかにする。ひとつひとつの事象は小さなことなのでが、それぞれが連鎖し続けることで、最後にはある1便のフライトが危機的な状況に陥るという話である。

映画では、それらのトラブルのひとつひとつをコミカルに描き、笑いどころ満載なのだが、扱っているテーマの本質は、事前のチェックによるリスクの軽減というリスク管理の本質である。それをおろそかにすることでリスクが顕在化する様子を描き出している。

この映画も、視聴者に空港の個々の場所でのチェックの意味を伝えるとともに、社内の人間に対しても、安全管理の意味の再認識させるものだったのではないかと思う。

今回の「プロフェッショナル仕事の流儀」も、映画『ハッピーフライト』も、全日空という会社は、マスコミや映画といった外部の目をうまく活用しているように見える。

そのような全日空(ANA)の経営のあり方には、興味を持っていたら、会社の近くの書店で『ANAが目指すCS』という本を見つけた。

2001年に起きた米国の9.11による航空需要の激減と同年11月のJAL・JAS合併という2つの大事件がきっかけで全日空という会社の体質が顧客重視へと大きく転換したということのようだ。2つの映像に加え、この本も読んで、さらに理解を深めたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

郷田真隆九段、第83期棋聖戦決勝トーナメント1回戦で飯塚祐紀七段を破りベスト8進出

現在、第37期棋王戦五番勝負で久保利明棋王に挑戦中の郷田真隆九段。先日の朝日杯将棋オープンでは準決勝で広瀬章人七段に敗れるなど、2月に入ってからは3連敗とやや調子を落としていた。

棋王戦第2局を控え、連敗は止めておきたいところ。2月16日(木)には、羽生善治棋聖への挑戦者を決める棋聖戦の最終予選にあたる決勝トーナメントの1回戦。昨年、準決勝まで進んだ郷田九段はシード棋士として決勝トーナメントから登場。

対する飯田祐紀七段は二次予選からの勝ち上がり組。郷田九段と同じ1982年に奨励会入りした棋士の一人で、現在順位戦はB級2組。順位戦では9戦を終え、7勝2敗と2位につけおり最終戦に勝てばB級1組昇級が決まる。順位戦以外でも好調で、ここまで23戦で17勝6敗と勝率7割を超えている。郷田九段にとっては侮れない相手だ。

結果は、将棋連盟のホームページ「最近一週間の結果」によれば、後手となった郷田九段の勝ち。2回戦に駒を進めた。2回戦の相手は、順位戦ではB級1組を1期で通過、A級昇級を決めたばかりの橋本崇載八段。これまで、6戦で橋本4勝、郷田2勝と負け越している。来期のA級でも対戦するわけで、このあたりで借りは返しておいてほしいところだ。橋本戦に勝てば、準決勝で、渡辺竜王と深浦九段の勝者と当たることになる。
挑戦者争いもベスト8に絞られてくれば、実力者や好調な棋士ばかり。なんとか、棋王戦に次ぐタイトル挑戦を決めてもらいたいものだ。

既に2期の獲得経験のある棋聖タイトルは、郷田九段にとって永世位獲得に最も近いタイトルでもある。40代を迎え、一皮むけた感のある郷田将棋。現在、挑戦中の棋王位の獲得、あわせて棋聖位も奪取し、二冠もあわせて手にし、永世位獲得への道も開いてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

ニコニコ動画で第37期棋王戦五番勝負第1局久保棋王対郷田九段戦を見る

2012年2月5日(日)に第37期棋王戦五番勝負が開幕した。棋王位4連覇を目指す久保利明棋王に挑むのは14年ぶりに挑戦者として登場した郷田真隆九段。郷田ファンの私としては、2年前の第67期名人戦七番勝負以来の郷田九段のタイトル戦登場は待ちに待ったもの。むしろ遅きに失したと言ってもいい。

『将棋世界』の2012年3月号に掲載された棋王戦挑戦者郷田九段のインタビューは、タイトル奪取に向けた郷田九段の意欲を感じさせるものだった。

棋王戦五番勝負は持ち時間4時間の1日制。朝9時から始まった勝負の内容は、主催者の共同通信社と将棋連盟が開設している「棋王戦中継サイト」で棋譜中継と中継ブログでリアルタイムで伝えられるのに加えて、今回、五番勝負の全局がニコニコ動画で中継される。第1局は対局場に設置されたカメラから対局者の様子が中継されるとともに、豊川孝弘七段の解説が生放送された。

豊川七段のダジャレを交えた解説は見ている者を飽きさせず、対局場から伝えられる対局者二人の最善手を求めて苦悩し呻吟する姿は、その場の張り詰めた空気を伝えてくる。
これまでの将棋の対局のテレビでのは、NHK杯のようにテレビの放送時間中に終局するよう持ち時間の短い早指し戦か、タイトル戦であれば名人戦や竜王戦の対局の一部がBSで放送されるかのどちらかで、インターネット中継とはいえ、今回のように対局の最初から最後までフルで対局の様子と解説が放送されるのは珍しい。ニコニコ動画では、これまでも前期の棋王戦、今期の棋聖戦や王座戦、王位戦などの番勝負のうち1局だけを中継することはあったが、タイトル戦の全てを中継するには初めてだろう。

第1局の結果は、序盤の駒組みで優位に立った久保棋王に対し、郷田九段が粘りをみせ追いすがる。将棋の真理の究明、美しい棋譜を残すことには熱心でも、勝負の結果には時として淡泊にも見える郷田九段が最後の最後まで逆転を狙い勝負手を繰り出し続ける姿は、タイトル奪取へ向けた郷田九段の意気込みを感じさせるものだった。結果は、追いすがる郷田九段を振りきり久保棋王が勝利したが、棋王タイトルのゆくえはまだまだこれからだろう。

ニコニコ動画には一般会員(無料)として登録していたが、中継開始から1時間ほどで、プレミアム会員の視聴が増えたようで、一般会員の視聴は不可となった。視聴継続のため、すぐさま、有料のプレミアム会員に登録し、視聴を続けた。
今回の中継の視聴者は13万人を超えた。テレビ中継で、対局の一部だけの中継される事に比べれば、終局まで放送されるインターネット中継は、ファンにはよろこばれるだろう。

特に、1日制で土日の対局が中心の棋王戦は、中継するコンテンツとしては、一番取り組みやすいものだったのだろう。ニコニコ動画としても、過去1年のマーケティングを経て、いよいよ今回の棋王戦から本格中継のスタートということだろう。

あえて、視聴者として今回の中継に注文をつけるとすれば、同じ中継の中で、同日に行われた女流名人戦の第3局の解説も行われたこと。棋王戦の指し手が止まったところを見計らって、解説の豊川七段が、女流名人戦に内容も解説を始めたが、その直後に、棋王戦の指し手が一気に進んだ。郷田ファンの私は、郷田九段の指し手やその意味が知りたくて、有料登録までして視聴しているのであって、女流名人戦の進捗や結果がどうなるかは全く関心がない。
一方、視聴者の中には、里見女流名人や清水女流六段のファンもいるだろう。本来であれば、別々の中継とし、視聴者が選べるようにするべきだっだ。今後、将棋連盟やニコニコ動画には検討してほしい課題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

A級・B級順位戦ラス前対局で最終局を残し、羽生二冠が名人挑戦、深浦九段、橋本七段がA級昇級、広瀬七段がB級1組昇級を決める

2月(2012年)に入り、将棋の順位戦もラス前対局が続いた。まず、2月1日にA級8回戦一斉対局、2月3日にB級1組の12回戦、B級2組9回戦が行われた。

A級の注目は、大阪での7連勝の羽生善治二冠(王位・棋聖)と5勝2敗の谷川浩司九段の対戦。羽生が勝てば、最終戦を待たずに挑戦が決まる。
あとは、1勝6敗の3人に絞られた降級争い。今期の順位の上から、高橋道雄九段(3位)、丸山忠久九段(6位)、久保利明二冠(棋王・王将、8位)のうち2人が降級する。高橋九段が屋敷九段、丸山九段が渡辺竜王、久保二冠が佐藤康光九段と戦う。9回戦で、丸山vs久保の直接対決がある関係で、順位的に一番上位の高橋は2連勝ですれば自力残留だが、一方、8回戦高橋が負け、丸山・久保が勝つと8回戦で高橋の降級が決まる。

結果は、羽生vs谷川戦は途中劣勢と言われた将棋を羽生が逆転し8連勝。1敗者がいないため、最終局を待たずに名人挑戦を決めた。前期に森内名人に奪われた名人位を取り返えすリターンマッチに挑む。
降級争いは、高橋×、丸山×、久保○となり8回戦での降級は決まらなかった。久保二冠が丸山九段に勝てば自力残留。丸山が勝つと久保は降級が決まり、高橋vs谷川戦で高橋が勝てば、3人が2勝7敗で並び今期のA級の順位差で高橋残留、丸山・久保が降級。丸山が勝ち、高橋が負けた場合に丸山に残留の椅子が回ってくる。
3人とも、自分が負けた場合には残留はないので、とにかく目の前の相手に勝つしかない。

B級1組は12回戦の時点で、深浦康市九段(今期順位3位)と橋本崇載七段(同12位)が7勝3敗で並び、6勝4敗で木村一基八段(同1位)、山崎隆之七段(同6位)、阿久津主税七段(同13位)が追う。深浦、橋本の2人は勝てば最終13回戦を待たずに、昇級が決まる可能性もある。

結果は、深浦九段、橋本七段がともに勝ち、4敗の3名のうち、木村、山崎の2人が敗れた。深浦、橋本が8勝3敗。阿久津が7勝4敗、木村、山崎が6勝5敗となった。最終の13回戦が深浦vs深浦戦が組まれており、負けた方が8勝4敗となり阿久津と並ぶ可能性があるが、どちらも阿久津より順位が上のため、深浦、橋本のA級昇級が決まった。
深浦九段は4回目のB級昇級。過去3回は4勝5敗、4勝5敗、3勝6敗と健闘しながらも1期で降級しておりA級定着への思いはひとしおだろう。
橋本七段は今期B級1組に昇級したばかりだが、B級1組でも2位以内を確保し、見事に2期連続昇級でA級棋士の椅子を射止めるとともに、八段昇段も手中にした。
降級は、中村修九段の降級が既に決まっており、残る1枠を3勝8敗の藤井猛九段(順位2位)と4勝8敗の鈴木大介八段(同7位)が争う。鈴木が勝てば残留、藤井が勝って鈴木が負けると、順位差で藤井の残留が決まる。

一緒に行われていたB級2組では、8連勝中の広瀬章人七段が南芳一九段を破って、連勝を9まで伸ばし、こちらも最終局を待たずに、B級1組昇級を決めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »