« 第83期棋聖戦決勝トーナメント2回戦、郷田真隆九段が橋本崇載八段を破り準決勝進出 | トップページ | 「将棋は勝った方が強い」郷田真隆新棋王誕生を祝う »

2012年3月18日 (日)

第37期棋王戦五番勝負第4局、挑戦者の郷田真隆九段が勝って棋王位奪取、41歳の誕生日に花を添える

挑戦者の郷田真隆九段が2勝1敗で迎えた第37期棋王戦五番勝負第4局が、昨日、宇都宮市で行われ、郷田九段が久保利明棋王に勝って棋王タイトルの奪取を決めた。
折しも、第4局の開催日2012年3月17日は郷田九段の41歳の誕生日。約10年ぶりのタイトル獲得で誕生日に花を添えた。

20120317syuusei
(出所:中継ブログ「棋王戦中継plus」)

挑戦を受ける側の久保棋王は、年明け以降、王将戦、棋王戦のダブル防衛戦に加え、不調のA級順位戦での残留をかけた7〜9回戦が重なるハードスケジュール。合間には、他の棋戦の対局もある。
振飛車党の盟主として、棋王、王将を相次いで獲得し、ここ2年間は、二冠のA級棋士として将棋界を代表する地位にあったが、昨年後半からの不調から立ち直れないまま、新年を迎え、一時、持ち直したかに見えたものの、3月に入り、A級陥落、王将位失冠が決まり、残るは棋王タイトルだけとなって昨日の第4局を迎えた。

一方、挑戦者の郷田九段は、羽生善治、佐藤康光、森内俊之と奨励会同期の同世代。四段昇段は遅れをとったものの、四段で王位タイトルを獲得。同世代の中では、羽生に次ぐタイトル獲得で、その後も棋聖を2期獲得している。
しかし、羽生が七冠を制し将棋界の盟主となり、佐藤、森内もタイトル獲得重ね、永世棋聖や十八世名人の資格を得たのに対し、郷田は、獲得したタイトルの防衛にはいずれも失敗し、A級定着にも時間を要するなど、他の三人が充実した三十代前半を過ごしたのに対し、不本意な成績しか残せない時期が数年続いた。
さらに、奨励会では後輩ながら、同学年の藤井猛、丸山忠久の二人が竜王や名人といったビックタイトルを獲得して台頭し、同世代間の生き残り競争が続いた。

居飛車の本格派である郷田は、その時々の流行戦法に追随することはせず、むしろ受けて立った。それ故、流行戦法の出始めの時期にはどうしても、分が悪い。
しかし、研究を重ね、三十代後半にはA級に定着、第65期、第67期の名人戦七番勝負では当時の森内名人、羽生名人に対し3勝し、最終戦までタイトルを争ったが一歩及ばなかった。
四十代となり、ほぼ3年ぶりのタイトル挑戦となった今回の棋王戦は、心中期するものがあったに違いない。

棋王戦第4局は、先手の久保棋王が先手番での定番戦法、石田流三間飛車を採用。急戦から駒損覚悟で捌きを狙って、それを郷田九段に咎められ自滅気味だった第2局、第3局を反省してか、じっくりとした戦いになった。久保が飛車、角をうまく捌けるか、郷田がそれをかわし逆襲するかのつばぜり合いが続いた。

結局、郷田九段が久保棋王の攻めをかわしつつ、自陣の守りも固め、久保棋王を手詰まりに追い込み、隙を見て久保陣に切り込んで勝負を決め、棋王のタイトルを手にした。

郷田九段の扇子に記されている言葉は「晩成」。苦悩、苦労の三十代を経て、四十代での4回めのタイトル獲得は、まさしく「晩成」にふさわしい。今後、棋王の防衛、新しいタイトルの獲得を目指し、充実の四十代を送ってもらいたいものだ。

|

« 第83期棋聖戦決勝トーナメント2回戦、郷田真隆九段が橋本崇載八段を破り準決勝進出 | トップページ | 「将棋は勝った方が強い」郷田真隆新棋王誕生を祝う »

将棋」カテゴリの記事

コメント

郷田九段やってくれました( ̄▽ ̄)
2度のA級陥落そして名人挑戦失敗その他タイトルにあと一歩というとこまで・・・にもめげずついに実りを手にしました
他の対局は全て終わり勝っても降級が決まっていたあの日の深夜
そんな事は露知らず勝ち切りしかし星取表を見て無言で立ち去った郷田九段
本当におめでとう

投稿: サンタ | 2012年3月18日 (日) 12時24分

郷田さん、棋王獲得本当におめでとうございます。そして、ありがとう。
10年ぶりのタイトル。感無量です。

投稿: 桂馬 | 2012年3月20日 (火) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/54248497

この記事へのトラックバック一覧です: 第37期棋王戦五番勝負第4局、挑戦者の郷田真隆九段が勝って棋王位奪取、41歳の誕生日に花を添える:

« 第83期棋聖戦決勝トーナメント2回戦、郷田真隆九段が橋本崇載八段を破り準決勝進出 | トップページ | 「将棋は勝った方が強い」郷田真隆新棋王誕生を祝う »